FC2ブログ
  • « 2021·03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2021’03.06・Sat

オーディオ話~電源は大事?

 オーディオ話を続けていることからおわかりでしょうけど、わっちは基本的にオーディオ好きです。ですので自力で出来る音の改善については、色々と試しているんですよ。まあ音の焦点合わせを厳密にする為に、スピーカーケーブルを1センチずつ切って行くなんて猛烈に面倒なことはヤリませんし(面倒くさがり屋なので)、気になる新しい機器を追加したりするような大きな費用が掛かることもしませんけど、スピーカーの向きを少しずつ変えるだとか、100円ショップで買える家具用の耐震材とか衝撃吸収材を機器の下に敷くとか、お手軽に出来ることはちょいちょいとヤッテいるのであります。それによって音がどの程度変わるのかな~という単なる興味と言いますか、科学実験みたいなモノなんですけどね。

ケーブルを1センチずつ切って行って調整するなんて芸当は、わっちには出来ません。
pbelden846001.jpg

 するとですね、色々と試したことがある方はおわかりかと思いますけど、スピーカーの向きを少し変えるだけでも音が変わるんですよね~。これまで内振りにセッティングしていたのをちょいと外向きにしたら低音が減って高音がシャリシャリして来るとか、スピーカーと壁の間に60センチX40センチ位の衝撃吸収マットを置いたら低音が出て来るとか。あ、衝撃吸収マットはわざわざ買ったのではなく、スピーカーを買った時に段ボールに入っていたモノを保存していて、それを使っています。そのマットをスピーカーの後の壁との間だけでなく、横の壁との間にも置いてみたら、めっさ低音が増えて各楽器の音の輪郭がクッキリとして来たりします。う~む、コレだけのことで結構変わるモンなんですね~。

 こんな感じでちょくちょくとスピーカーの向きをイジっているのでありますが、現在の条件下でベストのセッティングを探っているワケであります。それが判明したら、次は前から考えているDJミキサーを追加するとか電源を追加するとかですが、電源を良くしたら音が激変するという話はちょいちょい聞きますので、ミキサーは後回しで電源を見直そうかと現在は考えています。PROCABLEさんにはギタリスト電源というモノがあるんですけど、めっちゃくちゃに評判が良いんですよね~。お値段は結構高くて39800円なんですが、昨年から全然CDを買っていませんし、ハイエンド・オーディオに比べたら遥かに安いですから、「よ~し、一発試してみよう!」と思ったら、売り切れじゃん!!黒は6月頃、他の色は8月頃入荷とか。待つしかないですね・・・。

ギタリスト電源。現在絶賛売り切れ中!
ppowersupply001.jpg

他の色。
ppowersupply002.jpg
スポンサーサイト



Categorieその他  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2021’03.05・Fri

CULTURE MUSICAL CLUB 「TAARAB 4:THE MUSIC OF ZANZIBAR」

pculturemusicalclub001.jpg

 新しくアンプをゲットしてからというものの、色々な国や地域のCDをとっかえひっかえ聞くのが楽しくて仕方ないのですが、先日たまたまゼイン・ラブディン率いるゼイン・ミュージカル・パーティの盤を聞いて、「うわっ、めっちゃくちゃに音エエやん!」と思ったのでありました。言うまでもなく(?)ゼインさんの音楽はケニヤのターラブでありますが、チャカポコ鳴るパーカッションやらゼインさんが弾くウードの音がとにかく凄い良い音で録音されていまして、わっちはぶっ飛んでしまったのでありました。そして突然「もっとターラブを聞きたい!」となってしまったのであります。

 ところでザンジバルの音楽と言えばターラブですが、今回取り上げますカルチャー・ミュージカル・クラブの1989年盤は、わっちが一番最初にゲットしたターラブのアルバムであります。大学生の時にゲットしたのですが、大阪は心斎橋にあった芽瑠璃堂でLPを買ったんですけど、今回の音源はその後買い直したCDでございます。当時は非常に評価が高かったイクワニ・サファアの盤が欲しかったんですけど、見つからなかったのでカルチャー・ミュジカル・クラブの盤を仕方なく買ったのですが、その後ゲットしたイクワニ・サファア盤(LPです)と聞き比べたら、カルチャー・ミュージカル・クラブ盤の方が好きでしたので、コッチをCDで買い直したんですよね~。

 まあターラブなんて言ってもご存じない方は多々いらっしゃるかと思いますが、アフリカの音楽と言っても所謂アフリカっぽさは薄くて、アラブやアジアの音楽の要素が強いと感じられます。ザンジバルとかマダガスカルみたいなインド洋に浮かぶ島国は、インドネシアとかのアジアの国と交易があったと言いますし、文化的にアジアやアラブの要素が顕著になっても不思議ではないでしょう。それはターラブを聞けばすぐに納得していただけることかと思いますし、東南アジアの音楽がお好きな人であれば、マレーシアのガンブースとの共通点も感じ取ることが出来るかと思います。

 というマニアックな話はさて置きコチラのCDですが、実際はどうだったのかは知りませんけど、きっと広い集会所みたいなところにメンバーが集まって、マイク一点録りで録音されたんだろうな~という音がするんですよ。体育館みたいな四角い部屋の音響が聞き取れると言いましょうか、決してイイ音というワケではないんですけど、その場に身を置いているような気分になって来る音が実にステキです。コレもアンプを新しくしたからこそ聞き取れる音響でありまして、イヤイヤ、やはりアンプをS-75MK2にして良かったな~としみじみ思う、今日この頃なのであります。

Categorieアフリカ  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2021’03.04・Thu

コロナに効くアミノ酸発見?

 長崎大学の論文で、「5-アミノレブリン酸」が新型コロナウイルス感染を阻害するという内容のものが発表されたようです(コチラ)。5-アミノレブリン酸とは通称「5(ファイブ)-ALA(アラ)」と呼ばれている天然のアミノ酸で、長崎大学の北潔教授の研究チームは、試験管内で一定量以上の「5-ALA」を投与するとウイルスの増殖が完全に抑制されることを確認したと発表したそうです。5-ALAなるモノは存じませんが、本当だとしたら今後はその情報を闇に葬ろうと厚労省とかファイザー製薬とかが一丸となって潰しにかかって来るでしょうね。だってワクチンの必要が全く無くなって、利権が一気に吹っ飛びますので。

 調べてみたら、5-ALA配合のサプリって普通に市販されているみたいですね。コレが効くのであれば、サプリを飲めばコロナ対策はOKってことになるんじゃないでしょうか?普通に考えて、ワクチン打って遺伝子組み換え人間になるよりも、天然由来成分のサプリでコロナ対策をして普通の人間であり続ける方がイイですよね?でもこういう情報って、マスゴミが「報道しない自由」を駆使して無視しまくるんだと思います。

 あと、わかりやすいブログ記事がありましたので、無断リンクしておきます(コチラ)。

Categorieその他  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2021’03.03・Wed

TONE HULBAEKMO 「LANGT NORD I SKOGEN」

ptonehulbaekmo001.jpg

 ノルウェーのフォーク歌手トネ・フルバークモ(と読むのかどうかは知りません)の、1988年発売のアルバムであります。コレって確か大学生の頃にゲットしたCDだったはずですが、その昔存在したWAVEというレコ屋が発行していた冊子に北欧特集みたいな記事があって、そこに掲載されていて「う~、めっさ聞いてみたい!」と思ったブツだったかと思います。そしてその後念願叶ってどこかの中古盤屋でゲット出来たのでありました。わっちは小学生の頃から何故だか北欧に興味がありまして、北欧音楽には昔から興味津々なのであります。

 記憶が確かであれば、わっちが初めて聞いたノルウェーの音楽はカリ・ブレムネスの1991年のアルバム「SPOR」だったかと思いますが、北欧に漠然と憧れを抱いていたわっちにはまさにハマる「イメージ通り」の音楽でありまして、めっさ聞いたモノでありました。その後、数は少ないながらもポツポツと北欧のブツをゲットすることが出来て、その中の1枚が今回取り上げますトネさんの盤というワケであります。初めて聞いた時はその牧歌的なフォーク調の曲と演奏、そして声色を色々と使い分けた見事な歌声に魅了され、繰り返し繰り返し聞いたモノでありました。ちなみにリリースはノルウェーのトップ・レーベルであります、シルケリグ・クルチュールベルクスタからであります。

 ここで聞けるトネさんの音楽は、まるでおとぎ話の世界という感じでありまして、ジャケの通り動物とか妖精と一緒に歌い踊っているようなイメージであります。もしかしたら子供の為の音楽?という気もしますが、大人が聞いても楽しめる音楽であることに間違いはありません。トネさんの夫が吹くフルートや、民族楽器を含むその他弦楽器の柔らかくも美しいアコースティックな響きが北欧の豊かな森を、トネさんの歌声が森の中で動物や妖精と戯れる人間を思わせまして、誰もがメルヘンの世界を楽しむことが出来るのではないかという気がします。優しくもちょいと哀感もあるステキ世界でありまして、多分ですけどコレを聞けば誰もが心癒される気分になるのではないでしょうか?ちなみに音もめっさ良いですし、素晴らしい作品だと思います。

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2021’03.02・Tue

GEORGE DALARAS 「DESERTED VILLAGES」

pgeorgedalaras005.jpg

 ギリシャの歌手ヨルゴス・ダラーラス(英語表記ではジョージ・ダラーラスと読みます)の、2007年発売のアルバムであります。何年か前にゲットしたCDですが、棚に埋もれていたのを引っ張り出して来ました。わっちが初めてこの人の歌を聞いたのはまだ学生の頃でしたが、1987年に発売された「LATIN」というラテンの名曲をカバーしたアルバムでありました。そのアルバムで聞けるダラーラスさんの辛口且つ温かみのある歌声は実に素晴らしく、どのラテン歌手よりも優れているような気がしまして、めっさ聞きまくったものでありました。そんなワケでダラーラスさんの最高傑作は「LATIN」であると、わっちの耳には刷り込まれてしまったのでありました。

 ですので、ダラーラスさんのギリシャ音楽作品を聞いてもイマイチピンと来ない状態が続いてしまい、色々な人が「ダラーラスはギリシャ歌謡最高の歌手だ!」なんて評価しておられるのは知っていたものの、あまり聞く気がしなかったんですよね~。ですから今回のアルバムも棚に埋もれてしまっていたのですが、この度気まぐれでジックリ聞いてみるとコレが素晴らしいではないですか!「LATIN」リリースから20年後の作品ではありますが、まずは歌声がほぼ変わっていないのが凄いです。辛口加減も温かみも何一つ変わらないですし、昔より伸びやかな声になっているように聞こえます。まあこの人はデビューしてから40年経っても50年経っても歌声が変わらない超人として有名ですけど、わっちもその凄さを実感している次第でございます。

 ところで今回のアルバムですが、実はテーマが「アルバニアの音楽」らしく、アルバニアから亡命してきたアコーディオン弾きとかアルバニアの若手女性歌手達をゲストに迎えて、アルバニア音楽全開のアルバムを作り上げているのであります。ダラーラスさんは超一流の歌手だけに、ギリシャ音楽だろうとラテン音楽だろうと何を歌っても素晴らしいんですが、やはりアルバニア音楽を歌っても本当に素晴らしいですね!まあアルバニアはギリシャの隣国ですから音楽的に似通ったところは多々あるかと思いますけど、曲によってはジプシー音楽っぽいモノもあればロックもあったりして、意外に(?)バラエティに富んだ仕上がりになっていると思います。

 難を言えば、ゲストの歌手達がダラーラスと比べたら見劣り(聞き劣り)するところでありますが、ダラーラスと並べてしまえば当然どんな歌手だって見劣りしますわな。仕方ないことであります。そんなことよりも、当代随一の歌手による傑作アルバムとして、ジックリ聞くも良し、気軽に楽しむも良し、幅広い層に是非一度は耳を傾けていただきたい作品だと思っております。

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOPBack