2015’04.18・Sat

MUSIC OF NAT PWE

pnatpwe001.jpg

 アメリカの変なレーベル、サブライム・フリークエンシーズから2007年か2008年頃に出されたアルバムだと思われます。サブライムって発売年を記載しないからわからないんですよね~。このアルバムなんですが、ミャンマーの音楽ナット・プウェ(と読むのかどうかは知りません)の盤になっております。ナット・プウェなんてわっちは全然知らないのですが、英語がわからないわっちがインナーを読んでみるに、ナットとは非業の死を遂げた人の霊らしく、この世に生きる人間に色々と影響を及ぼす力を持っていると信じられているみたいです。プウェはそんなナットからご利益をいただく為の式典のようであります。日本で言う何ちゃら信仰みたいなモノなんでしょうね~。

 音楽的には実にミャンマーらしいと言いますか、多種多様な民俗打楽器のアンサンブルと調律が狂ったような笛(?)がメチャクチャに入り乱れた、気が狂いそうな音世界を展開しております。そんな音をバックに歌手が歌っているのですが、メロディ自体はヘーマーネーウィンとかポーイセンなんかが歌うポップスに繋がるモノであります。しかしコレ、マジで頭がおかしくなりそうな音楽でありまして、現場でこの音の渦に巻き込まれたら、どこかにトリップしてしまって戻って来れなくなるかもしれませんね~。サイケっちゃあサイケなんでしょうけど、そこらのサイケ音楽とは違っていて危険度がメチャクチャに高い音楽かと思います。ヘッドホンで聞くのはお薦め出来ません。

 こういう音楽ですからサブライムみたいな変なレーベルが取り上げるんでしょうし、それをまた世界中にいる「辺境サイケマニア」みたいな連中が「グレートォォォォォッ!」とか言って有り難がって聞くんでしょうけど、まあどんな聞き方をしようが自由ではありますが、何だかそんな構図が常に透けて見えてくるのが何だかな~って気がしますね。別に音楽に罪はありませんし、それ自体は物凄いパワーを持っていて圧倒的な説得力があるんですけど、それを取り巻く環境がイヤかな~って、サブライムのブツを聞くといつも感じることをまた考えてしまったのでありました。

 とは言えコレはコレで猛烈に強烈な音楽ですし、ミャンマーの人達にとって無くてはならない生活に密着したモノなのでしょうから、部外者のわっち如きがどーのこーの言うべき音楽ではないのかもしれません。ただ、好きな人は大好き、嫌いな人は全く受け付けないというタイプの、聞き手を選ぶ音楽かと思いますので、もし聞いてみようと思われる方がいらっしゃったらそれ相応の心構えをしておいた方がよろしいかと。わっちは好きとは言いませんけど、一音楽ファンとしてこういう音楽があるのを知っておくのもイイかな~って思っている次第なのでやんす。

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「それでは一発、アルバム丸ごと1枚試聴というメチャクチャなのをどうぞ。」→コチラ
スポンサーサイト

Categorieミャンマー  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2009’01.24・Sat

SOE SANDAR TUN 「タイトル不明」

gsoesandartun001.jpg

 今回取り上げるのは不思議の国ミャンマーの歌手、ソー・サンダー・トゥンです。この人に関しては全く何の情報もありません。それどころか、このブツについても一体いつ頃のブツなのか全然わかりません。何から何まで謎という、まさにミャンマーらしさ満開であります。でもそれがまた面白いのであります。これこそミャンマー!って感じでしょうか。


 このブツ、まずはジャケがよろしいですね。洗い髪をしているかのような、まるでシャンプーの宣伝のポスターみたいです。実際に薬局なんかにこんなポスターがあっても、何の違和感も無いんじゃないですかね~。写真ではかなりの美人に見えますが、この顔、どっかで見たような…と思ってたら、私が勤めている会社に出入りしている生命保険屋の姉ちゃんに似ています、と言ったところで誰にもわかりませんね、失礼致しました~!


 まあそんなことはどうでもいいとして、このソーさん、見た目通りの爽やかな美しい歌声を聞かせてくれますね。伸びやかで軽やかな節回しの、鈴がコロコロと鳴っているかのような、耳に心地良い実に魅力的な歌であります。さり気なく非常に上手い歌であります。


 そんなソーさんが歌うのは、いかにもミャンマーらしい不思議なメロディの歌謡曲であります。ポップで楽しい曲が揃っていますが、日本人には歌えないようなメロディばかりですね。でも歌が爽やかですから、ライト感覚ですんなりと聞きけるかと思います。お気楽気分を醸し出すダサいシンセのピャーピャー音とか、ポクポク鳴ってる妙な打楽器なんかの音作りも最高にステキです。突然音作りを間違えたかのようなハードなエレキ・ギターが入ってきたりするのもオツなものですよ。ミャンマー音楽初心者向けの一枚かと存じます。


 まあどの曲も同じような感じに聞こえるかもしれませんし、あまりのトロピカル(?)な極楽ぶりに、聞いているうちに脳ミソが溶けてしまいそうな気分になってきますが、それもまた楽しくてOKかと。全編を通してゆるゆるなグルーヴが心地良い、ステキなヘッポコ感が漂う素晴らしい作品でやんす。何から何まで日本人の感覚からはズレまくっていますので、刺激的で摩訶不思議な音楽を聞いてみたい!という御仁にはピッタリだと思いますよ。


 とにかく何が何だかワケがわかりませんが、やっぱりミャンマー音楽は凄いです。とは言ってもこの人以外にはヘーマーネーウィン、ポーイセン、メースイ、ニニ・ウィンシュイぐらいしかブツを持っていないのですが、今後も色々な歌手をボチボチと追及していきたいと思っております。聞くほどにワケわからないミャンマー音楽哉。中毒性は非常に高いです。


あと、コメント欄に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。

Categorieミャンマー  トラックバック(0) コメント(5) TOP

2008’01.18・Fri

POE EI SAN 「タイトル不明」

gpoeeisan001.jpg


 ミャンマーの歌手、ポーイセンのアルバムです。このブツも年始にプランテーションさんから買ったブツの内の1枚です。この人、名前の表記からするとポーイーサンと読むのかもしれませんが、本アルバム中で聞ける発音がポーイセンと聞こえるので、取りあえずポーイセンと読むことにします。まあ何にせよミャンマー文字、全く読めません。もちろんタイトルもわかりませんし、いつ頃のアルバムなのかも全くわかりません。


 それにしてもこのブツ、もうちょっとちゃんと生産してくれないものでしょうか?ジャケの紙はテキトーな大きさで切ってあって、その大きさではケースに収まらないので、テキトーな部分でテキトーに折り曲げてあります。それに曲目表示が10曲しかないのに、13曲入っています。このトホホなテキトーさが東南アジアらしいと言えなくはないので、とても面白くはありますが、怒る人もいるんじゃないですかね~。


 作りはテキトーなブツではありますが、肝心の中身の方は素晴らしいですよ。いきなりインド・ポップス風味の曲で始まり、2曲目はポーイセンの歌が入ってなくて、わけわからんおっさんが歌ってたりするのがクール!全体的にいかにもミャンマー音楽というような摩訶不思議さは控え目で、実にポップな曲が揃っているので非常に聞きやすいです。但しポップとは言っても、ミャンマーらしさはちゃんと感じられます。昔の日本の歌謡曲みたいな雰囲気もありますので、昔の日本の歌謡曲好きなら結構楽しめるのではないかと思います。激しく安っぽい音作りも含めて、聞いているうちに段々ナツメロを聞いているような気分になってくるブツですね。ポップなナツメロ歌謡曲の万華鏡とでも言うべき、実に素晴らしい作品です。


 このポーイセンという人、何歳ぐらいの歌手なのかは全くわかりませんが、肉まんみたいな顔をしているクセに(←顔は関係ありませんが)メチャメチャ上手い歌手ですね。小鳥のさえずりの如き爽やかな歌声で、花咲く春の野原を軽やかに駆け回っているかのような(?)コブシ回しを聞かせてくれる、冗談抜きで本当に素晴らしい歌手だと思います。彼女のブツは今回ゲットしたものを含めて4枚持っていますが(全てプランテーションさんで買いました)、他にもあれば色々とゲットしたいですね~。というわけでプランテーションの店長さん、今後ともポーイセンのブツの仕入れをよろしくお願い致します。


あと、コメント欄に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。

Categorieミャンマー  トラックバック(0) コメント(3) TOP

 |TOP