2015’07.01・Wed

PHI NHUNG 「TIENG HAT PHI NHUNG “LIEN KHUC TRONG CAC VO CAI LUONG”」

pphinhung011_201506252138264ca.jpg

 わっちの大好きなベトナムの歌手フィ・ニュンの、多分2010年のアルバムだと思います。このアルバムはベトナムの歌劇カイルオンの劇中歌、タン・コを集めた作品集になっているのですが、実は昨年ホーチミンへ行った時にめっさ探したブツなんですよね~。結局見つからなかったので入手を諦めていたのですが、先日プランテーションへ行った時にベトナムのブツを物色していると…あるやん!喜んでゲットしたのは言うまでもありません。ベトナムで見つからなかったブツが見つかるなんて、流石にプランテーション!アジア音楽好きの聖地ですね~♪

 この夢にまで見た(?)フィ・ニュンさんのタン・コ集でありますが、劇中歌だけに場面や登場人物の心情が変わると曲調もコロコロと変わりますので、初めての人は「何じゃこりゃ?」ってなるかもしれませんね。フィ・ニュンさん以外にも色々な歌手が歌ってますし。しかしわっちとしましては、表情豊かなフィ・ニュンさんの歌を楽しむ事が出来てめっさ嬉しいんですよね~。まあ音作りの方はいかにもステージって感じの安っぽい機材の音でありますが、本来は劇を見ながら歌を楽しむモノでありますから、そうわかって聞いていれば特に気になることは無いかと思います。

 ところで前にも言ったことがありますけど、フィ・ニュンさんって普通に歌っていても素晴らしいのですが、タン・コの方が表情豊かで活き活きしているように感じられるんですよね~。もしかしたら歌手として歌っているよりも、舞台役者として歌っている方が性に合っているんじゃないかと思いますが、本人は一体どのように思っているんでしょうね~。劇の役になり切っている方が表情や気持ちを表現しやすいというタイプの人って気がするんですけど、如何なモンでしょうか?まあ何にしてもこの伸びやかな歌を聞いていると、フィ・ニュンさんの気合とか情熱とかがシッカリと伝わって来て、何だか幸せな気分になって来ますね。前にハイン・グエンという歌手を取り上げた時に「ベトナム・ソウル歌手」なんて表現を使いましたけど、フィ・ニュンさんもまさにベトナム・ソウル歌手と言えると思いますね~。

 それにしてもこのブツを聞いていると、フィ・ニュンさんのカイルオンを生で見たくなって来ますね。まあ言葉なんて一切わからないんですけど、セリフもまるで歌うように喋ったりしますし、歌劇ですから歌う部分も多いですし、話がわからなくても十分に楽しめるんじゃないかと思います。多分ベトナムは今後もちょくちょく行くかと思いますので、出来れば一度ぐらいはフィ・ニュンさんのカイルオンを生で見てみたいと思っております~♪

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「それではタン・コをライヴでちょっと。」→コチラ
スポンサーサイト

Categorieベトナム  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2015’06.16・Tue

HANH NGUYEN 「CON GOI TEN EM」

phanhnguyen001.jpg

 先日プランテーションでゲットしたアルバムなのですが、ジャケに色々と文字が書いてあるんですけど、一体どれが歌手の名前なのか全くわかりません。仮にハイン・グエンという表記を名前としましたが、合っているのかどうかは知りません。おそらくハン・チャウとヴィン・ダイ・ソンという人の作品集になっているんだと思いますが、それも定かではありません。発売は今年だと思いますが、それもハッキリとはしておりません。何から何まで謎のブツでありますが、試聴して気に入ったのでゲットして来た次第でございます。

 ジャケからするとあまり面白そうなブツではないのですが、聞いてみると歌声がわっちの大好きなフィ・ニュンを思わせる所があったりして、一発で気に入ってしまったんですよね~。おそらくジャケに写っている幸薄そうな巨乳の女性がこのアルバムの主役の歌手なんだと思いますが、若いんだか年増なんだか見た目だけでは全然わからないんですけど、実にしっかりと落ち着いた大人の歌を聞かせてくれる人であります。秘めた想いを心を込めて歌うというタイプの歌手なんですけど、表面的には淡々と歌っているように聞こえますが、よく聞けば切々とした歌い口の中にかなりの熱量が感じられまして、実はなかなかのベトナム・ソウル歌手ぶりを発揮しているんですよね~。この人、誰かは知りませんけど相当にイイ歌手ですよ!

 ヤッテいる音楽はジャケのイメージからは民歌系って気がしますけど、民歌というよりは民歌の要素を持った歌謡曲って感じですね。民歌っぽいしっとり系の曲もあればリズムがルークトゥンっぽいラテン調の賑やかな曲もあり、なかなかバラエティに富んでいて楽しいですね~。アルバム自体はこの人の落ち着いたソウル歌唱でビシッと筋が通っていますので、安心して聞くことが出来ます。プランテーションの店長さんも「コレ、意外にかなりイイでしょ?」とおっしゃっていましたが、マジでめっさイイと思いますよ!流石にプランテーション、誰だか全然わからない歌手であっても良盤なら取り揃えるという姿勢が素晴らしいかと♪

 それにしてもこの人、名前は本当にハイン・グエンなのでしょうか?どなたか、この人のことをご存知の方がいらっしゃったら、是非お教え下さいませ~。ベトナム盤って、一体どれが歌手の名前でどれがタイトルなのかさっぱりわからないことがよくありますので、その辺は何とかして欲しいな~と思いますね。じゃないと、こんなステキな歌手なのに埋もれたままになってしまう…って、名前がハッキリとわかっていても、ベトナムの歌手なんて日本では埋もれたままの人ばっかりか。しゃーないな~、わっち一人だけで楽しむ事に致しますわ。

あと、今回は試聴の貼り付けは無しでやんす。

Categorieベトナム  トラックバック(0) コメント(2) TOP

2015’06.14・Sun

QUYNH HOA 「VE BEN MO」

pquynhhoa001.jpg

 ベトナムの歌手クィン・ホアの2007年のアルバムです。先日の関西行きの際にプランテーションにてゲットして来ました。これまで全く見たことも聞いたこともない歌手でしたけど、お店で試聴させていただいてとてもイイ感じだったのでゲットしてしまいました。ジャケからすると結構な歳のオバハンに見えますけど、たとえオバハンであってもイイ歌手であればOKであります。基本的にわっちが音楽を判断する時は、まずはその音楽性と歌が第一でありまして、ルックスなんて二の次なのであり…ウソです。基本ルックス第一主義のジャケ買い王子、それがわっちなのでやんす~♪

 まあジャケ買い王子からすればこのジャケは興味の対象外なんですけど、試聴して内容が良ければジャケがイケてなくてもゲットは致します。一応は「音楽ファン」ですので。それではジャケがイマイチだったこのオバハンのブツの何が良かったのかと言いますと、ノスタルジックな感覚のある大らかな歌謡性とでも言いましょうか、ジャズやオールディーズなんかの要素をたっぷりと取り入れた、古き良きアジアを思い起こさせるような歌謡に仕上がっている所であります。多分ですけど、アジア地域で普通に生活しておられる方々であれば、聞けば「あ~、なるほどね」と思っていただけるノスタルヒア(?)が感じられる音楽だと思うんですよね~。

 クィン・ホアさんは低く落ち着いた歌声の持ち主ですけど、歳を喰ったオバハンだけあってその歌声はノスタルジックな曲調にはとても良く合っていまして、しっとりと優雅な雰囲気を醸し出しているのが素晴らしいかと思います。紳士淑女が集う夜のオッサレーな社交場に流れているようなタイプの音楽って感じなんですよね~。感覚的にベトナムのフィーリンとでも言いましょうか?キューバのフィーリンはメリケン・ポップスの亜流みたいなのが多々あって、わっちはあまり好きではないんですけど、コチラのベトナムのフィーリンは強固なベトナム性を持ちつつもホンワカと和みつつ酔えるって感じでございますね。今夜行きついたバーでこんな音楽がかかっていたら、わっちはスキャンダルのマミたんとあーしてこーして…「触るな!」って蹴り飛ばされるんだろうな~、きっと。

「そもそもバカころんなんかとバーに行きません。」byわっちのマミたん
pscandalmami001_20150614165038a7e.jpg

 う~む、イイですね~この盤。大人の夜を彩るしっとりと酔えるステキ音楽でありまして、決してガキにはわからない世界がココには広がっているのであります(多分)。ジャズもタンゴもクラシックも呑み込んだノスタルジックな音楽世界は、大人の夜の世界をしっとり彩るに相応しいと思います。こういう音楽がかかっているバーだったら、わっちは行ってみたいと思いま…せんね~。バーに行くカネがあったら、その分のCDを買って家のオーディオで浸りたい、それがころんという人間なのでやんす~♪あ、でもわっちのマミたんが来てくれるなら、バーでも何でも行きますよ!

「だから行かないって!」byわっちのマミたん
pscandalmami004.jpg

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「それでは1曲、何だか音がこもってますけど、雰囲気は味わえるかと。」→コチラ

Categorieベトナム  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2015’06.12・Fri

THANH TRUC 「EM NGHI DEN ANH」

pthanhtruc001.jpg

 在米ベトナム人歌手タイン・チュクの、2002年のアルバムです。このブツは先日取り上げましたティシュ・トゥイ・チャンと同じレーベル、ASIA ENTERTAINMENT INC.からリリースされておりますが、コレは何故か英語ではなくてベトナム語で歌われています。このレーベルって英語の歌ばっかりだと思っていたのですが、実はそうでもないのかもしれません。まあ実体は全くわからないんですけど。

 このタイン・チュクさんのブツはプランテーションで試聴の上ゲットして来たのでありますが、当然(?)この人のことなんて何一つ知らなかったんですけど、耳に引っ掛かるものがありましたのでゲットしたワケでございます。ヤッテいる音楽はベトナムの歌謡曲って感じなんですけど、スロー~ミディアムを主体とした構成になっておりまして、昔の日本の歌謡曲に通じるようなしっとり濡れた雰囲気があるんですよ。それが何だか懐かしく感じられまして、ついつい手を出してしまった次第なのであります。タイン・チュクさんの顔も日本人っぽくて親しみ易いですし。

 そしてこの人の歌い口がまた良いのでありますよ。決して声を張り上げるような事は無く、実に控え目で淡々と奥ゆかしい歌い方をする人なんですけど、これが日本の歌謡曲に通じるところがある楽曲と良く合っているんですよね~。言葉がベトナム語じゃなくて日本語であれば、即そのまま日本の歌謡曲になってしまうような歌であります。多分ですけど、この人の歌を違和感無く聞ける日本人って結構いらっしゃるんじゃないかと思います。まあその分ベトナムらしさには欠ける歌とも言えるんですけど、薄口なベトナム歌謡だからこそ聞き易くて親しみ易いワケでありまして、誰でも普通に聞くことが出来るベトナム歌謡として実に良い出来だと思います。

 まあ歌がめっさ上手いというタイプの人ではありませんが、安心してしっとりと浸れる歌を歌える人ですので、寛ぎたい時にはついつい手が伸びてしまいそうな盤になりそうな気がします。バックの音は派手な装飾は一切無くて、歌にピッタリと寄り添っている感じですのでとても心地好いですし、意外な程(?)歌を生かす音作りが施されたステキ盤ですね~。なかなかイイですよ、このアルバム。だからと言ってすぐに入手出来るようなシロモノではありませんから、お薦めしたくてもお薦め出来ない盤ではありますが、もし万が一どこかで出会うようなことがあれば、ゲットしておいて損は無いと思います。ジャケもキレイですので棚に飾っておくにもイイ感じですし、見た目も内容も満足の良盤でございますよ!

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「それでは、アルバム丸ごと1枚試聴という暴挙をどうぞ。」→コチラ

Categorieベトナム  トラックバック(0) コメント(2) TOP

2015’06.08・Mon

TRISH THUY TRANG 「SIREN」

ptrishthuytrang001.jpg

 先日の関西行きの際にプランテーションで見つけました、在米ベトナム人歌手ティシュ・トゥイ・チャンの2002年のアルバムです。この人のことは全く何一つ知らないのですが、お店で試聴させていただいて気に入ったのでゲットした次第でございます。このブツを出しているレーベルはASIA ENTERTAINMENT,INC.という会社で、お店にはこのレーベルのブツが何枚もありましたのでほぼ一通り試聴させていただきましたが、基本的に全て英語の歌でありまして、ぶっちゃけイマイチのブツばっかりでありました。中には最近一部で評価の高いハー・ヴィという歌手が昔所属していた女性グループのブツもあったのですが、これがまた酷い出来で…という話は別にどうでもいいですね。

 このティシュさんのアルバムも全編英語の歌なのでありますが、何故この人の盤をゲットしたかと言いますと、子供っぽい声が妙にカワイイからであります。ちょっと舌足らずな声量の少ない声で、アジアっぽいメロディを英語で歌っているという風変わりな感覚が、ヘッポコ好きの耳を刺激したとでも言いましょうかね~。誰が歌っているのかわからなければ、アジア大好きな英語圏の若い女子がアジアの歌手を真似してアジアっぽく歌おうとしている音楽に聞こえるという、実に変わった感触の盤なのでございます。まあ在米ベトナム人が歌っているということがわかっていても、ベトナムらしさが殆ど無い音楽ですので、一体誰の為に作っているのか意味不明の音楽とも言えるかと。

 こんなことを言うと、そんな音楽が面白いはずが無いと思われる方も多々いらっしゃるかと思いますが、聞いているとジワジワとハマってしまう魅力があるのも事実でありまして、なかなか一筋縄では行かないのでありますよ。前述した通りベトナムらしさなんて殆どありませんし、舌足らずなカワイイ声ではあっても上手くも何ともない歌なのでありますが、切ないメロディラインの曲が多々ありまして、言ってみればタイのヘッポコなアイドル達に共通するような「下手だけど放っておけない」という感覚の音楽に仕上がっているのであります。う~む、なかなかイイですね~この人。ビートの効いた曲では昔の日本のアイドルWINKに似た感じも出て来たりして、めっさ面白いと思います。

 まあ日本のワールドミュージッカーとかアジア歌謡好きの方々は真面目な人が多いですから、こんなヘンテコな歌手に興味を持つことなんて無いと思いますけど、わっちみたいな不真面目でテキトーな「面白けりゃ何でもイイじゃん♪」なんて考えている不届き者には、めっさ楽しめる盤であります。言ってみればフツーに中華ポップス風の音楽と言ってもイイかと思いますが、言葉が英語だけに更に無国籍な風情が漂っておりまして、何だか得体が知れないけれども面白いという不思議盤だと思います。わっちは好きですね~♪

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「それではタイトル曲をどうぞ。」→コチラ

Categorieベトナム  トラックバック(0) コメント(2) TOP

 |TOPBack