FC2ブログ
  • « 2020·04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »
2020’02.14・Fri

激しくどうでもいい話~体調が

pfukecho001.jpg

 別に体調が悪いワケではないんですよ。だからって調子が良いワケでもありません。でも常にめっさ眠いですし、パソコンばかり見ている仕事ですから目は疲れるし、ストレスのせいかこれまでは下し気味だった腹具合が便秘気味になるし、右下の奥歯は知覚過敏状態が続いていますし、爪は割れやすくなるし髪は抜けるし・・・。まあ老化なんでしょうけどね~。老化は30代から始まると言いますし。

 などと書き連ねていたら、もしかしてやっぱり不調なのか?と思ったりしますけど、だったら何故不調なのかがよくわかりません。当然老化はあるんでしょうけど。ただ、考えてみると、どうにもおかしな点があるんですよ。どちらかと言えば下し気味な腹具合が普通なのに、昨年の暮れ辺りから便秘気味になっていることで、コレはどう考えてもおかしいです。もしかしたら腸の調子がよろしくなくて、だから何だか全体的に体調がイマイチな感じなのか?などと思ったのでありました。年末年始からめっさ飲み食いしてましたし、アルコールが多過ぎたかも?

 腸ってやっぱり普段の生活に大きな影響を及ぼす重要な臓器でありますが、調べてみると「日本人の腸はカビだらけ」なんて話を見つけたりして、わっちの何となく不調は実は腸から来ているのではないかと思っているのでありました。実際にわっちの腸にカビが生えているのかどうかは不明ですが、とりあえずは過去にゲットした腸関係の本を引っ張り出して来て、再読しようと思っている今日この頃。まずは「老け腸メンテナンス」と「1日3分腸もみ健康法」なんて本を出して来て読んでおります。腸もみは早速開始しましたが、どんな効果が出て来るかな?
スポンサーサイト



Categorie健康  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2019’09.29・Sun

歯が痛くて

 ミャンマー旅行に行く2週間ぐらい前から、何故だか歯が痛くなって来たんですよ。もしかしたら虫歯?と思いつつ、歯を削ったり抜いたりなんて治療が始まったら旅行どころではありませんので、歯が痛いながらもそのままミャンマーに行ったのであります。ミャンマーに行っている最中は旅行テンションだったこともあり、あまり痛くなることは無かったのですが、帰りの飛行機あたりからまた痛み出しまして、帰国したその足で歯医者に行ったのでありました。

 「絶対に虫歯だーっ!」って思っていたんですよ。この痛みは7年位前に親知らずを抜いた時、親知らずの隣が虫歯になっていた時の痛みに似ていましたので。あの時のような激痛ではありませんでしたが、また歯根治療とかで長引くんだろうな~という気がしておりました。で、実際に診てもらったところ、虫歯ではありませんでした。歯茎が下がっていて、知覚過敏状態とのこと。歯茎が下がる原因は多々ありますが、わっちの場合は歯磨きの時に力を入れ過ぎていたようです。確かに力を入れてガッシガシ磨いていましたし、わっちの歯ブラシってすぐに先が開きますので、磨く時の力が強いことは自覚しておりました。とりあえず今回は抗生物質を数日間飲んで様子を見ることになりまして、薬が効いたのか痛みはかなりマシになったのでありました。

 ところで今回の歯医者なんですが、親知らずを抜いた時とは別のところに行ったんですよ。前の歯医者は家の近所でしたが、今回は職場の近くにしようってことで。で、今回の歯医者なんですが、基本的に歯は削らないし抜かないという方針なんだそうです。わっちは出来るだけ歯は削りたくないし抜きたくないですので、知らずに行ったとは言え、わっちと考え方が一致している先生でしたので実に良かったと思います。この先生の考え方は、歯は自分の歯が一番であって出来る限り余計な手を加えずにそのまま生かす方法を考える、ということのようです。結局3回ほど通って卒業(?)になったのですが、その間薬を出すこと以外は治療らしい治療は何もしていません。その代わり、力を抜いて優しく歯磨きすることと、毎日指で歯茎を軽~くマッサージすることを、繰り返し言われました。すぐに削ったり抜いたりしたがる歯医者って結構いますし、歯茎移植みたいな手術を勧められる場合も多々あると聞きますので、今回の先生はわっちにとってはベストだったかと思います。

 まあ人によっては「何もしねえ歯医者じゃねえか!」と思ったりするんでしょうけど(歯石取りや着色汚れ取りもしなかったし)、わっちは信頼出来る歯医者だと思いましたね~。まだ弱い痛みは続いていますけど、歯磨きや歯茎マッサージとか、デンタルフロスやリステリンなんかを使用したりして、自力で出来る限りのことをしてボチボチと治して行ければ思っております。

Categorie健康  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2018’10.28・Sun

激しくどうでもいい話~乾燥肌

 激しくどうでもいい話なんですが、わっちは乾燥肌なんですよ。冬になって来るとですね、特に足のスネとかふくらはぎとかなんですけど、乾燥して粉を吹いたみたいになってめっさ痒くなるんですよね~。ですので夏よりも冬の方が痒み止めが必要、な~んてことに毎年なっているのであります。しかも多分乾燥肌のせいで静電気体質にもなっていまして、ドアノブとか車のドアを触ると本当に「火花が散る」ぐらいにスパークしたりします。毎年こんな状態になっているのでございますが、こんなのを今年も繰り返すのはイヤですので、何とか乾燥肌を防ぎたいんですよ。というワケで乾燥肌を防ぐべく、今年は色々なケアをしてみようと思い立ったのでございます。そこで乾燥肌対策を色々とネット検索しまして、この冬は100円ショップコスメで乾燥肌を防ごうかな~と目論んでおります。

 てなワケで早速ダイソーに行って、化粧水だの乳液だのを買って足を中心に色々と試し塗りをしております。試しているのは下記の品々であります。

化粧水。わっちがゲットしたのはダイズイソフラボン。一番保湿力があるという評判です。足全体に塗りまくってます。
pdaiso001.jpg

美容液は緑のハトムギ。お顔のシミっぽい部分とか首に塗ってます。
pdaiso002.jpg

ヒアルロン酸ゲル。ほうれい線とかほっぺとかに塗ってます。
pdaiso003.jpg

 まあこの手のブツがどの程度効くのかはよくわかりませんけど、何もしなければ例年通り痒くて粉吹き状態&痒み止め更に静電気スパークというのを繰り返すだけですので、ヤレることはヤッテみようと思っている次第でございます。本来であれば食べ物から見直して自力で保湿力を上げて行かなければならないんですけど、それもなかなか大変ですのでとりあえずは100円コスメを試している次第でございます~♪

Categorie健康  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2018’04.05・Thu

激しくどうでもいい話~まだしんどい!

 昨日は風邪でしんどいなんてネタを書きましたが、本日もなおしんどい状態が続いております。咳は出るわ鼻水はタレるわ。そんな折に思い出すのはラヴ・サイケデリコの「LAST SMILE」という曲で、「いつでも鼻タレたくても」とか歌ってたな~とか何とか。まあしんどいとは言っても昨日よりはちょいとマシですし、悪くならないように気を付けたいと思います。この土日は久し振りにゆっくり音楽でも聞くかな~。スキャンダルもサイレント・サイレンもウォークマンとカーステレオでしか聞いていませんので、ちゃんと部屋の装置でスピーカーから音を出して聞いて見ます・・・って、椅子の上に本が数十冊載せてあって、座ることが出来ない~。まずは部屋の片付けか。自分の部屋に、人生がときめく片付けの魔法をかけたいと思います。

こんまりさんの名著
pkondomarie001_2018040522192954d.jpg

Categorie健康  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2018’04.04・Wed

激しくどうでもいい話~ちょいとしんどい

 昨年はほぼ風邪をひくこともなく順調に過ごすことが出来ましたが、今年は先日の花見ドライブで嫁さんが風邪をひいてしまってちょいとダウン。ウチには嫁さんが風邪をひくと必ずわっちにうつるという法則がありまして、昨日から何だか喉が痛くて熱っぽいです。嫁さんが調子悪くなってるのに、車の中で一杯のコーヒーを二人で飲んだり、一つのソフトクリームを二人で食べたりしましたので、うつって当然っちゃあ当然なのかもしれませんけど。考えてみればいつも同じ様なことをヤッテ風邪がうつっとるな~・・・。

 それに普段から寝不足ですので新陳代謝がうまく行ってないんでしょうし、だから免疫力もちょっと落ちているのかもしれません。平日は4時間半~5時間ぐらいしか寝ることが出来ないのがキツイな~と思う今日この頃。時短熟睡法の本を読んでも、しんどいモノはしんどいです。寝る時間が少ないってことは、重力に逆らって活動している時間が長いってことですので、疲れるのは当然なんでしょうね~。

読んだけど、しんどいものはしんどい!
pjukusui001.jpg

Categorie健康  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOPBack