2018’02.17・Sat

スキャンダルのライヴチケットが!

pscandal061.jpg

 本日2月17日は、3月10日に開催されますスキャンダルの福岡公演のチケット発売日であります。昨年はチケットをゲット出来ずに非常に悔しい思いをしましたし、今回の新作は素晴らしい大傑作に仕上がっていますので、何としてもライヴを見たいところであります。チケットを絶対にゲットしたい!という思いが強過ぎて、昨晩は全く眠れませんでした(←ウソ)。

 チケットは朝10時から発売開始になります。8時半に起床しまして、チケットをゲットしに行く準備万端でございます。近所のローソンへは徒歩で約7~8分、オリンピックの女子カーリングを見ながら時間を待ち、9時50分に家を出たのでありました。晴れてはいるものの、空気がめっさ冷たい!ローソン到着は9時57分。ロッピーには誰も陣取っていませんね。ツラっと店内を1周して時間は9時59分。ロッピーの前に陣取りまして、早速操作開始であります。前もって調べておいたL-コードを入力して「次へ」を押すと、出て来ましたよ「スキャンダル福岡公演」の画面が!更に「次へ」を押すと、まだ発売時間前の文字が。もう一度「次へ」を押しましたが、また発売時間前の表示。もう一呼吸置いて「次へ」を押すと、今度は「大変に込み合っている為しばらく時間を置いてから操作して下さい」の文字が!げげ、昨年チケットが取れなかった時と同じやんけ。更に何度か操作を繰り返しましたが、全然繋がりません。こ、これはマズイ!昨年の悪夢が甦ります。

 しかしココで諦めるワケには行きません。もう一度操作すると・・・おおっ、繋がったぜ!でも「残りわずか」の表示が。遅れを取るとチケットがゲット出来ないかもしれません。急いで入力を進めて行って、ラストの「確定」まで漕ぎ着けました~♪「よっしゃ、これで安心」とばかりに「確定」を押すと、「混み合っている為しばらく時間を置いてから操作して下さい」の表示が!な、何でやねん!!もう一度「確定」押したる!しかしまた「混みあって…」の表示が。これを3回ほど繰り返し、「あ~、もうアカンやんけ!」と思った瞬間に繋がりました!そしてちょと間を置いて、ロッピーが伝票をゲロゲロ~っと吐き出しました。あ~良かった。レジで伝票を出して料金を支払い、めでたくチケットゲットであります~♪

 というワケで、今回はスキャンダルをライヴに行けることになりました!めっさ嬉しい~♪多分座席はほぼ一番後ろの端っこなんですけど、そんなことはどうでもイイです。ライヴに参戦出来るというのが大事なのであります。今回の新作で新たな次元に突入した絶好調のスキャンダルのライヴですから、見逃したら一生後悔するレベルのシロモノになるのは間違いないですしね~。とにかくチケットをゲット出来て、本当に良かったです。これで今年は生きて行けるぜ~。あ~、3月10日が楽しみだな~♪
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(2) TOP

2018’02.15・Thu

スキャンダル聞きまくり!

pscandal060.jpg

 スキャンダルの新作をゲットしてから、ず~っとスキャンダルばっかり聞いております。今年のベスト10の1位はコレで決まりであります。と言いますか、今年はコレさえあれば他に要らないんじゃね?な~んて気がしております。だって他の音楽を聞く気が全くしませんし。特に好きなのが、わっちのマミたんが歌う「OH!NO!」と、「エレクトリックガール」かな~。あ、でも「プラットホームシンドローム」と「OVER」もめっちゃくちゃに素晴らしいな~。それからそれから・・・結局は全部良いんですよ。カッコ良過ぎるスキャンダル!好き好き好キャンダル!

 以上、超手抜き更新でありました。失礼致しました~♪

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2018’02.14・Wed

SCANDAL 「HONEY」

pscandal060.jpg

 昨日ゲット致しましたスキャンダルの新作「HONEY」ですが、まずは全10曲40分ちょいという、今時にしては珍しい曲数の少なさと収録時間の短さが潔くてステキです。わっちにはこれ位の長さがやっぱり丁度イイですね~。わっちのことをよく考えてくれている心遣いに(?)、涙が出て来ますわね~。好き好き好キャンダル!中身の方は疑いようもなく大傑作に仕上がっておりまして、この全10曲の異様なまでの濃密さは一体何事?という感じであります。前々作「HELLO WORLD」で超特大ジャンプを果たし、前作「YELLOW」で幸せ色のポップスを提示して見せたスキャンダルですが、この「HONEY」でバンドとして更なる高みへ足を踏み入れたと実感致します。

 今回のアルバムは一言で言えば「疾走するスキャンダル」ということになるかと思いますが、1曲目からテンションの高いハードなロックで飛ばすこと飛ばすこと!あまりの勢いで聞く者が振り落とされないように、途中でちょっと一息的なキラキラ・ポップスとか哀愁のバラードみたいなタイプの曲も入りますけど、基本は徹頭徹尾ハード、ハード、ハードなスキャンダルであります。メンバー自身が「今回はやりたい事を全部詰め込んだ」と発言していますが、「YELLOW」であれだけ柔和でポップな面を見せてくれたスキャンダルがやりたかったのは、ゴリゴリにハードで尖がったロックだったんですね~。なるほどね~、そう来ましたか。いつも予想を裏切って(?)、「あっ!」と言わせる盤を出して来ますね。

 ハードに飛ばす曲が多いとは言え似たようなモノは1曲も無く、楽曲群の充実度合は凄まじいと思います。今回も全曲メンバー達の作詞作曲で、大半の曲を自分達でアレンジしていますが、改めてメンバー達の才能には驚かされますね~。特にわっちのマミたんの作曲能力とアレンジのセンスは素晴らしく、もはやロック後進国の英米は言うに及ばず、ロック先進国のフィリピンやインドネシア等の連中と比べても並ぶ者がいないレベルに達して来ていると思います。何だか新しいアジアの怪物が誕生したって感じですね~。ハルナ様と明確に役割を分けたというギターワークも、超絶カッコいいです。

 そしてもう一人、進境著しいのがヴォーカルのハルナ様であります。曲によって声色を見事に使い分けて、やりたい放題に歌い倒しているという印象であります。今回は歌うのがとにかく楽しかったそうですが、歌の技量と心の充実振りがビシバシに伝わって来る見事な歌手に成長しましたね!あと、珍しく(?)前のめりに突っ込んで来てぶっ叩きまくるリナりんのドラムのドライヴ感も素晴らしいですし、今回は珍しく1曲も歌っていないトモちんのベースも更に安定感を増して、リナりんのドラムと一緒に図太く土台を作り上げています。

 何にしても今回のアルバムは、前作同様に度肝を抜かれる物凄い仕上がりになっていると思います。ポップだった前作「YELLOW」とはまた全然違った面を見せてくれる「疾走するスキャンダル」、素晴らし過ぎて聞くほどに涙が出て来そうになります。ガールズ・ロックらしい華やかさもしっかりとありますし。あ~、是非ライヴ見たいな~。チケット発売は2/17ですが、昨年同様に会場が小さいですし、チケットが取れるかどうか非常に不安であります。しかしこれを見逃したら一生の後悔モノですよね~。何とかならんかな~と思う、今日この頃であります。

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2018’02.13・Tue

スキャンダルの新作をゲットしました!

pscandal060.jpg

 本日ですが、スキャンダルの新作「HONEY」をゲット致しました!オマケDVD付き2枚組であります。嬉しい~♪ここ最近読書ばかりとは言え、やっぱりスキャンダルの新作の実物を目の前にすると、テンション上がります。まだ聞いてないですけど、めっさ聞くのが楽しみです!

 ところで新作ゲットはツタヤで、と思っていたのですが、結局新星堂でゲットしてしまいました。というワケで特典のファイルはマミたん柄ではなくてトモちん柄。でもコレがまたイイんですよ。キュンキュンキュートなトモちんがめっさカワイイ~♪何故ツタヤでゲット予定から突然新星堂でのゲットに切り替えたかと言いますと、ツタヤは駅から歩いて15分ぐらいの場所にあって結構遠く、新星堂は小倉の駅ビルにあって近いからであります・・・って、ただそれだけではないんですけど。

 実は昨日ですが、オリンピックの日本勢メダルラッシュに酔い痴れる中(?)、テレビのチャンネルを回していたら突然スキャンダルが出ている番組があったんですよ。メンバー4人揃ってくっだらね~ことをグダグダ話しているのが実にスキャンダルらしくてイイな~なんて思って見ていたんですけど、何故だかマミたんとリナりんの顔がめっさ怖く見えたのであります。マミたんはニコニコしてはいるんですけど、何だかこれまでとちょいと違う顔に見えてしまいまして・・・。「あれ~、何だか変だな~」って思ってしまいましてですね。そんな中、トモちんは相変わらず一人でボケ倒している姿がめっさ可愛くて、「そうだ、新星堂にしよう!」なんて思ってしまったワケでございます。

トモちんファイル
pscandaltomomi006.jpg

 まあファイルが誰の柄であろうと、ブツの内容が良ければ全て良しですので、とりあえずはウォークマンに落として通勤の時に聞きまくろうと思っている次第でございます~♪

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2018’02.12・Mon

SCANDAL 「GREATEST HITS」

pscandal059.jpg

 先日ブックオフの普通の値段の棚を見ていた時のこと、J-POPの「ス」のところを見たらスキャンダルのブツで見慣れない背表紙のモノがありました。「はて、何じゃろ?」と思って取り出してみると、これまた見慣れないジャケで「GREATEST HITS」などと書いてあります。日本でこんな盤は発売されていませんが、よく見たらUK盤であります。なるほど、これはイギリスで制作されたベスト盤なんですね。スキャンダルって海外でも結構人気がありますし、その国独自のベスト盤があっても不思議ではありません。

 コチラのUK盤でありますが、リリース年は明記されていませんけど2015年以降の盤だと思われます。というのは、ブックレットに2014年後半に出された6枚目のアルバム「HELLO WORLD」のジャケ写が載っているからであります。しかしその割には1枚目から5枚目の曲のみしか収録されていません。まあそれはイイとして、スキャンダルの音楽は1~3枚目まではホップ、4・5枚目がステップ、6枚目以降が超特大ジャンプに該当しますが、ホップステップまでのスキャンダルを振り返るにはなかなか良い選曲になっているかと思います。個人的に大好きな「スペース・レンジャー」とか「スタンダード」とかが入っていないのがちょい不満ですが、代表曲は押さえてありますし、ホップステップまでのスキャンダルがどんなバンドだったのかがよくわかる仕上がりになっていると思います。ノリノリの曲ばっかり入っていますし。

 ところでスキャンダルに関しましては、わっちは5枚目の「スタンダード」から聞き始めましたので、ぶっちゃけ言えばホップステップ時期の音楽にはあまり思い入れは無いんですが、それでもスキャンダルの音楽ですから楽しいに決まっていますし、ファン投票で選曲された昨年の2枚組ベスト盤よりも、コチラのベスト盤の方がスキャンダルの魅力をよく捉えているんじゃないかと感じられます。超特大ジャンプ以降のスキャンダルは、ホップステップ時期のスキャンダルとは別のバンドと言ってもイイ位に大成長していますし、選曲者はこのことがよくわかっていたから、6枚目からは曲を選ばなかったのではないかと、わっちは勝手に思っております。

 ですので、あまり思い入れの無い時期の曲が揃っているとは言え、やっぱりめっさ楽しめるんですよね~。ホップステップ時期のスキャンダルのベスト盤と言えばコレ、と言う位の価値はあるんじゃないかと思いますが、いかがでしょうか?

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOPBack