FC2ブログ
2018’10.18・Thu

大原櫻子 「ENJOY」

poharasakurako008.jpg

 わっちのお気に入りのギター女子、大原櫻子の今年発売のアルバムであります。ギター女子とは言っても、櫻子ちゃんがアルバムでギターを弾いていたことって無いんですけど、タカミネの櫻子モデルを持っている櫻子ちゃんですから、今後はシッカリとギターを練習してもらって、いつかは弾き語りツアーなんてモノをヤッテ欲しいと思っております。その時は真っ先にライブ会場に駆けつけますよ・・・って、福岡限定ですけど。

 今回の新作ですが、多くの曲に元チャコール・フィルターで現在は亀田誠治一門の小名川高弘が関わっていますね。前作は大半が亀田誠治が関わっていましたから、今回は弟子に任せたってことなんでしょう。作詞作曲アレンジに大活躍でありまして、このおっさんが関わっている曲は、櫻子ちゃんにしてはロックとかエレクトロな要素が強い仕上がりになっている気がします。しかしそれ一辺倒にならないようにという配慮があったのかどうかは知りませんけど、いきものがかりの水野良樹、スーパーフライの多保孝一、秦基博なんかに曲を提供してもらって、全体的に彩り豊かになっているのがよろしいかと思います。まあギター女子なんて言いながらアコギを生かしたようなアレンジの曲がちょっとしか無いのはご愛嬌ってところですが、聞き所はギター云々ではなくて櫻子ちゃんの歌でありましょう。

 櫻子ちゃんって元々表情が硬くて意外に愛想が無い歌い方をしますけど、この盤でも相変わらずではあります。しかしそれが板に付いて来たと言いましょうか、櫻子ちゃんなりの味になって来ておりまして、なかなかイイ歌手になって来たな~と実感出来るのであります。愛想が無いながらも丁寧に切々と心を込めて歌おうとしている姿勢は十分に伝わって来ますし、音楽に対しては結構ひたむきでストイックな面がある様子が窺えます。ですので、女優としても活躍出来る位にカワイイのに浮いた感じが無いのが、個人的にめっさ好感度が高いのであります。曲もバラエティに富んでいますし、全部で14曲ありますけど、全てにおいて櫻子ちゃんの歌をシッカリと堪能することが出来るかと思います。

 イヤイヤ、なかなか良いですね櫻子ちゃん。着実に進歩していますし、女優としての活動を控え目にして歌手活動を中心にしているようですから、更なる進歩を期待できるのではないかと思います。当然のことながら、今後も応援し続けたいと思う今日この頃なのであります~♪
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2018’10.17・Wed

CDの山の中に埋もれていたブツ~ステレオポニー 「OVER THE BORDER」

pstereopony002.jpg

 こんばんは!裸のロリーズのアイリだよ~って言っても誰も覚えてないだろうけど、今後はたまに出演すると思うから、出来れば覚えておいて欲しいな~。アイリは東アジアの音楽担当なんだけど、今回は日本の3人組ガールズロックバンド、ステレオポニーの2010年のアルバムを取り上げるね!これが2枚目のアルバムで、デビュー盤はころんさんが取り上げてましたね。スキャンダルと同期で、ハードロックだけどポップな音楽が魅力的なバンドだよね。1枚目はまだちょっと不安定な部分があったけど、この2枚目は大躍進していて、ガールズロックの名盤って言ってもいいぐらいの作品に仕上がっていると、アイリは思うのです。

「ガールズロックの名盤だね!」byアイリ
pairi018_2018101415362360c.jpg

 このアルバムはとにかく勢いが凄くて、甘ったるいバラードなんて一切無し。ハードで爽快なロックでひたすらぶっ飛ばしまくっていて、これがめっちゃくちゃにカッコいいんだよね~。1枚目に比べるとバンドとして遥かにまとまりがよくなっていて、全員が一丸となって全力で演奏に取り組んでいるのがシッカリ見えて来るんだよね。演奏力は格段にアップしてるし、アイミちゃんの歌も迷いが吹っ切れたような晴れやかさで、聞いていて本当にスカッと爽快なのです。このまとまりの良さ・バランスの良さはまるでスキャンダルみたい。このまま音楽活動を続けていたら、ホントにスキャンダルに並ぶ存在になってたんじゃないかな?そう思うと既に解散してしまっているのが凄く残念。マジでめっちゃくちゃに良いバンドだと思うな~。最高だよ!

 あと、この盤にはオマケでライヴDVDが付いてるんだけど、コレがまた凄くイイんだよね~。3人とも本当に演奏が上手いし(特にベースが素晴らしいのです!)、まるで女優さんみたいに整った美しい顔立ちの、めっちゃかっこいいアイミちゃんにマジで惚れちゃったりして。これを見てると、当時のステレオポニーはスキャンダルよりもず~っと先を突っ走っていたんだな~って実感します。

ステレオポニー。真ん中がアイミちゃん。
pstereopony003.jpg

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2018’10.16・Tue

宇多田ヒカル 「初恋」

putadahikaru002.jpg

 泣く子も黙る(?)宇多田ヒカルの新作であります。前作は変な男ラッパーが参加しているたった1曲のせいで大傑作になり損なった残念盤でありましたが、さてさて今回は一体どうなのですかね~。本当はリリースされてすぐに聞きたかったんですけど、その時期はチャラン・ポ・ランタン病になっていましたので、宇多田どころでは無かったんですよね~。そしてこの度ようやく聞くことが出来ましたコチラの盤、どうだったかと言いますと・・・。

 最初に聞いた時の印象としては、基本的には前作の延長線上にある内容って感じですね。R&Bをベースにしていますけど、R&Bというよりはアンビエントな独白という雰囲気もそのまま引き継いでいると感じられます。何だか宇多田さんと1対1で対面しているような感覚になるのも、前作同様であります。そして前作に輪をかけて地味だな~って印象ですね。スロー~ミディアムを中心とした曲自体は落ち着きがあって、現在の宇多田さんにはまさに相応しいと思うんですけど、日本で最大級の人気を誇るトップ歌手のアルバムにしては本当に地味だな~って気がしてしまいます。しかし、これが現在の等身大の宇多田さんの正直な姿ってことなんでしょうね。

 ただ、それにしてもですよ、全12曲中半数位の曲をCMだの何だので既に耳にした事がありましたので、新鮮味に欠けるのが何だかな~って気がしますね。まあその挙動が常に注目される人気歌手ですから、新曲が出来たらすぐにタイアップで色々と使われてしまうのは仕方ないですし、聞いたことがある曲が多々入っているからかえって安心という人もいらっしゃるとは思いますけど、何だか楽しみをちょいと奪われてしまったような気になってしまうのはわっちだけでしょうか?それとも順調に新作を出してくれた事実をありがたく受け止めるだけにしておく方が、リスナーの正しい姿勢なんでしょうか?

 とか何とか思う所は色々とありますけれども、作品そのものの仕上がりとしては非常に良いと思います。地味~な分、さり気なくそこに存在してくれるような音楽とでも言いましょうか、そっと傍に寄り添ってくれる音楽と言いますか、とても自然に耳にフィットする心地好い仕上がりになっていると思います。スターとしての輝きを放っているとかではなくて、我々一般人と同じ普通の人として宇多田さんがそこに存在してくれているみたいに感じられて、より親しみを持てるようになった気がしますね。前作みたいに全てをブチ壊すような曲は一切入っていませんし、今回は紛れもない傑作に仕上がっていると思います。

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2018’10.15・Mon

西田ひかる 「24」

pnishidahikaru002.jpg

 昔はアイドルだった西田ひかるの、1996年のアルバムであります。タイトル通り24歳の時の作品ですね。アイドルにしては相当に歌が上手い西田さんでありますが、1曲目なんてまるで竹内まりやですよ・・・というのはちょいと言い過ぎにしても、全体的に竹内まりやを思い起こさせる位に高品位なシティ・ポップスに仕上がっているんですよね~。とにかくアイドル盤とは思えないレベルの作りでありまして、曲にしてもアレンジにしても西田ひかるというステキ歌手を生かす為に実に良く練られていると感じられます。

 ちなみに曲を提供しているのは加藤和彦、杉真理&松尾清憲、遠藤京子等々凄い顔ぶれで、これだけでも聞きたくなる人がいらっしゃるかと思いますが、如何でしょうか?みんな西田さんの歌と人柄に惚れ込んだんじゃないかと思われます、きっと。ついでに言っておきますと、プロデュースは加藤和彦、マスタリングはオノセイゲンですよ!こんな顔ぶれが集まっていたら、そりゃあそこらのアイドル盤レベルの作品になるはずがありませんね。

 それにしても西田さんですよ、本当に楽しそうに快活に歌い飛ばしているんですよね~。この歌声を聞いているだけでも笑顔になれますし、それにプラスして豪華作曲陣による充実の楽曲がズラリと揃っているワケでありまして、素晴らしい作品なのは当たり前って感じであります。音楽的にはオールディーズやポップ・ソウル、サンバとかボサノバなんかの要素を取り入れたシティ・ポップスでありますが、エバーグリーンな響きを持ったメロディが西田さんの軽快な歌に良く合っているんですよ。と言うか、バラエティに富んだ楽曲をキッチリと歌いこなしている西田さんが凄いです。盟友の宮沢りえの歌とはえらい違い・・・イヤイヤ、宮沢さんもステキですよ、多分。

 ところで西田さんの盤は以前94年の「LOVE ALWAYS」なんてブツを取り上げましたけど、アレもなかなかの充実盤でしたが、今回のアルバムはそれを遥かに上回る仕上がりであります。最早アイドル盤と言うよりは、実力派ポップス歌手の盤として評価しなければなりませんね。西田さん、素晴らしいです!

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2018’10.14・Sun

西村知美 「メゾ・ピアノ」

pnishimuratomomi002.jpg

 現在もなお活躍している西村知美の、1990年のアルバムであります。もう30年ぐらい芸能活動を続けている人ですが、今も昔も相変わらず可愛らしいのがステキですね~。あの頃のアイドルで現在も生き残っている人、例えば菊池桃子とか渡辺美奈代とかですが、歳は取っても可愛らしいというのは凄いですよね。まあ色々と維持する為の金は使っているんでしょうけど、「自分は常に見られている立場の芸能人である」という強い意識が可愛らしさを持続させているのでありましょう、きっと。

 それにしても西村さんですよ。当時としては信じられない位に可愛くて、わっちも高校の頃はめっさ好きでしたけど、あの頃はエコー&ザ・バニーメンとかR.E.Mみたいなマイナーな洋楽が好きな「硬派な高校生」でしたから、実は西村知美が好きやねんなどとは口が裂けても言えませんでした。などと言いつつ、家に帰ったらエアチェックした西村さんの歌をこっそりと聞いていたりしたワケでございますが。こっそりと聞く西村さんの歌は束の間の快楽をもたらしてくれる一服の清涼剤でありまして、耳をくすぐる実に優しくて心地好いモノでありました。

 そんな西村さんの盤を欲しいとは思いつつも、レジに持って行くのが恥ずかしくて買うどころではありませんでしたし、そもそも西村さんの盤をレコード屋で手に取ることなんて出来ませんでした。だって、一体誰に見られているかわかりませんでしたから。そして月日は流れて現在に至り、西村さんの盤を買う時にレジに若くてカワイイ女子がいる場合は、ビートルズの盤の下に隠してレジに持って行く程度の勇気はあるのであります。そうやってゲットした(?)今回の盤、色々な音楽を聞いて来た現在の耳をもってしても、やはりあの頃の通りの清涼剤的な歌だと感じられるのでありますよ。音程も危うい西村さんの下手っぴーな歌は実に清楚で可愛らしく、天使の歌声と呼ぶに相応しいモノだと思います。

 まあ冷静に聞けばあの頃のアイドル盤らしい安直な作りかと思いますけど、西村さんの歌声があればファンへの愛情溢れる天使盤になるのであります。胸締め付けられるような切なくて美しい名曲「ひまわりの丘」も入っていますし、興味無い人にはプラスチックゴミにしかならない盤なんでしょうが、わっちにとっては天使のステキ盤なのであります。

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(4) TOP

 |TOPBack