2017’05.28・Sun

L→R 「LET ME ROLL IT」

plr001.jpg

 前にちょろっと書きましたけど、このバンドのリーダーだった黒沢健一が亡くなりましたよね。わっちはL→Rって結構好きだったんですけど、随分昔にブツを売り払ってしまいましたので、黒沢さんの死をキッカケにブツを買い直そうと思っていたんですよね~。で、先日ブックオフの280円棚でこの1995年のブツを見つけましたので、昔めっさよく聞いたブツでもありますし、喜んでゲットした次第であります。

 本当に久~し振りに聞いたコチラの盤なんですが、やっぱり素晴らしいですね~。当時、わっちは黒沢さんのことをスピッツの草野正宗と並ぶメロディメーカーだと思っておりましたけど、今回このブツを聞きましてその考えは間違いではなかったことを確認出来ました・・・って、別にそんなことは皆様には関係無いんですけど、昔のロックンロールやらソウル・ミュージックを下敷きにしたポップなメロディ作りと、無邪気なまでに楽しそう音楽をヤッテいる様子は、何と言いますか、物凄い音楽バカ的なところがよく伝わって来まして、何だか親しみが持てるんですよ。やっぱりわっちはこういう音楽バカって好きだな~なんて。まあそんなことは本人が生きている内に言っておけよって感じなんですが、死んでしまってからじゃないと再評価出来ないなんて、ちょいと自分が情けなくなったりして。

 しかし、それにしてもですよ、このアルバムで聞ける嬉々とした黒沢さんの表情と言いますか、本当に心から音楽を楽しんでいる様子は、めっさ羨ましくなって来ますよね~。そりゃあわっちも音楽は大好きですし、音楽が無ければ生きて行けないぐらいのミュージック・ジャンキーですけど、ここまで楽しそうな表情が出来るかと言うと、ちょいと自信が無くなって来るんですよ。わっちは黒沢さんにみたいに音楽を作る才能なんてありませんし、だから音楽について偉そうにあーだこーだとボログに書き連ねる事しか出来ないんですけど、実際にどこまで音楽を心底楽しめているのか、自分でもよくわからないんですよ。勿論物凄く楽しんでいる音楽は多々ありますけど、黒沢さんの音楽を聞いていると、純粋に音楽を楽しむ気持ちなんて既に失ってしまっているのかな~なんて思わされてしまうのであります。

 この名曲揃いの大傑作盤を聞いていますと、とにかく底抜けに楽しくて本当に素晴らしいと思いますけど、音楽を聞いて「こういうことを言えばウケるんじゃないか」とか思いながらネタを書いている自分の不純な姿を、反省させられたりしてしまうんですよね~。黒沢さんに「音楽って単純に楽しいよね?だったらもっと素直に楽しめばいいんじゃないの?」なんて言われているような気がしてしまいまして、ちょいとヘコんでしまうのであります。ですので、このブツは本当に素晴らしい傑作だと思いますが、今のわっちにはちょっと眩し過ぎる盤でもあります。今となっては絶対に叶わぬ話ではありますが、もし機会があれば黒沢さんとは一度音楽の話をしてみたかったな~って、心底思いますね。タイプは全く違いますけど、同じ音楽バカとして学ぶべき所が多々あったんじゃないかな~なんて思う、今日この頃なのでやんす。
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2017’05.24・Wed

MR.CHILDREN 「深海」

pmrchildren001.jpg

 先日の関西の旅で三宮のブックオフにて140円でゲットしました、ミスター・チルドレンの1996年のアルバムであります。嫁さんのススメでゲットしたブツでなんですが、わっちとしましても大ヒット曲「名もなき詩」が入っていますので、以前から是非聞いてみたかったブツであります。まあワールド系音楽のリスナーでミスチルを聞いている人なんて、わっち以外に誰もいないと思いますけど、ミスチルって結構イイと思いますけどね~。

 で、コチラの盤なんですが、プロデュースが小林武史(漢字合ってる?)とミスチルってことで、聞く前から何だかちょいと期待してしまうんですけど、実際に聞いてみると期待に違わぬ仕上がりって感じですね~。まずはこの音の質感に驚くんですけど、まるでスティーヴ・アルビニがプロデュースしたような生々しさがあって、目の前で演奏しているような音に聞こえるんですよ。うわ~、めっさイイ音じゃないですか!音量をめっさ上げてもうるさくならない音でありまして、調子に乗ってボリュームを上げたら近所から苦情が来そうな気がします。へ~、やるじゃん小林君とミスチル。願わくば、こんな音でスキャンダルとサイレント・サイレンの音楽を聞いてみたいです。

 音楽的には、如何にもミスチル的な親しみ易くてポップでロックな曲が揃っていますね。ファンなら安心して身を任せられるでしょうし、ミスチルをよく知らない方もこの連中のポップ・センスに感心するんじゃないかと思います。中でもやはり特大ヒット曲「名もなき詩」が素晴らしいんですが、コレは本当に一聴の価値ありだと思いますね~。誰でも一度は耳にしたことがある曲じゃないかと思いますけど、CDで聞くと、ズッタンバッタンとした生々しいドラムや、長閑でノスタルジックなアコーディオンの音なんかがシッカリと聞こえて来て、「へ~、本当はこんな音の曲だったんだ」なんて、新鮮な感動があります。やっぱり名曲ですわ♪

 ぶっちゃけ言いますと、わっちは90年代の日本のポップ・ロックなんて全然聞いて来なかったワケなんですが、先日取り上げたジュディマリといい今回のミスチルといい、その時代の日本のメジャーなロックのレベルの高さに驚いている次第であります。こんなことならリアルタイムでちゃんと聞いておくべきだったな~って。とは言っても、当時の耳でその良さがわかったかどうかは疑問なんですけど。色々と聞いて来た現在の耳だからこそ、その良さがわかるのかもしれませんし。まあ何にしてもこの盤は、日本のロック史に名を残す傑作に仕上がっているのは間違い無いと思います。もし興味がおありの方は、ブックオフの280円棚に転がっていると思いますので、是非聞いてみて下さいね!お薦め致します。

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2017’05.22・Mon

JUDY AND MARY 「THE POWER SOURCE」

pjudyandmary001.jpg

 日本のロックバンド、ジュディ・アンド・マリーの1997年発売の4枚目のアルバムであります。先日の関西の旅で神戸のブックオフにて、140円でゲットしたブツであります。何故今頃ジュディマリなのかと言いますと、実は前々から聞いていたいと思っていたんですけど、それはわっちのマミたんが影響を受けたギタリストとして、このバンドのタクヤという人を挙げていたからであります。はい、単にそれだけです。マミたんが名前を出していなかったら、絶対に聞こうなどとは思わなかったです。

「確かに言いましたわよ。」byわっちのマミたん
pscandalmami019.jpg

 ぶっちゃけジュディマリなんてシングル曲を数曲しか聞いたことが無くて、どんなバンドなのか全く存じません。めっさ人気があったバンドというのは知っていますけど、勝手な思い込みとして、どうせユキの特徴的なヴォーカルだけに頼った下らんバンドじゃろ?なんてタカを括っていたワケでございますよ。ところがですね、140円でゲットしたこのブツを聞いて、わっちはビックリしたんですよ!めっさカッコええやんって。このバンドの最大のウリがユキのヴォーカルということに間違いは無いかと思うんですけど、マミたんが名前を出すだけあってギターはめっさ上手くてトリッキーなプレイを随所で繰り出して来ますし、それよりも何よりも音作りがめっさビザールと言いますか、大人気だったバンドとは思えない変態的音作りを聞かせるんですよね~。これは凄えわ!

 基本的にはハードロックなんですけど、ギターもベースもヤリたい放題の弾きまくり、ドラムも好き放題の叩きまくりで、物凄く混沌としたやかましい音の塊をぶつけて来やがるんですよね~。ポップバンドなどとはとても呼べない、どちらかと言えばスティール・ポール・バス・タブ(知ってますか?)みたいな激烈ヘヴィ・ロックに近い感触があるバンドだと感じられます。へ~、よくこんなバンドが人気ありましたね~。このブツには大ヒットした「そばかす」とか「くじら12号」なんかが収録されていますけど、こんなにヤリたい放題のハードロックな曲だったなんて、今回初めて知りました。う~む、マジで凄いわこの連中。今更ながらにファンになってしまいましたよ!

 こうなって来ると、この連中の他のアルバムも全て聞いてみたくなって来ますね~。とっくの昔に解散しているバンドですし、ブックオフの安棚の常連さんでもありますから、多分それほど苦労すること無く揃えられるんじゃないかと思いますので、無くならない内にゲットしてしまいたいと思います。それにしても、90年代のメジャーな日本のロックバンドにこんな尖がった連中がいたなんて、わっちにとっては大発見ですし驚きでもあります。やっぱり食わず嫌いはダメと言いますか、色々と聞いてみるモンだと改めて思った、今日この頃なのでやんす。

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2017’05.20・Sat

RADWIMPS 「人間開花」

pradwimps001.jpg

 昨年はアニメ映画「君の名は」なんてのが大ヒットしたらしいですが、その主題歌であります「前前前世」という曲も大ヒットして、聞く気が無くても耳に入って来たりしたワケでございます。その曲を聞いてわっちは、「へ~、バンプ・オブ・チキンの新曲って映画に使われてるんだ~」なんて思っていたんですよ。ところが後になってコレがバンプの曲ではないと知った時、わっちは驚いたのであります。だってどう聞いてもバンプじゃないですか。へ~、ラドウィンプスなるバンドはバンプのコピー・バンドなんだ、というのがわっちのこのバンドに対する印象なのであります。

 まあわっちはバンプって結構好きですので、ちょいとラドウィンプスが気になってしまいまして、大ヒット曲「前前前世」が入ったアルバムを聞いてみようと思ったのであります。それがこの「人間開花」という盤なんですけど、このきっしょいジャケを見て一瞬で聞く気を無くしたのでありました。こんな呪いの人形みたいな顔のドアップ・ジャケなんて、めっさ縁起が悪いって気がするじゃないですか。多分このジャケのせいで聞く気になれない人は、多々いらっしゃるのではないかと思います。ところが聞くのを諦めて数ヶ月後、嫁さんがレンタル屋でこの盤を借りたのをキッカケに、恐る恐る聞いてみたのでありますよ。すると・・・。

 なんだ、きっしょいのはジャケだけで、中身はなかなか良いではないですか。嫁さんは「まるっきりバンプ」なんて言っていたんですけど(確かに「前前前世」はまるっきりバンプなんですが)、バンプはもっと神経質で気難しい雰囲気が漂っていますが、この連中は音楽的な幅が結構広いですし、お気楽で馬鹿っぽい感じなのがとってもイイかと思います。バンプよりもずっと開けっ広げで親しみ易いって気がしますし、実にイイ音出してますしね~。曲もなかなか良いモノが揃っていますよ。まるっきりバンプの「前前前世」が良いのは当然として、ドラマに使われている「棒人間」なんかは相当に強烈な曲ですし、英国ニューウェーヴ・ギターバンドみたいな曲、疾走する快活ロック、エレクトロ・ドラムンベース(?)、しんみりバラード等々、曲によってカメレオン的に姿を変えるのも面白いな~なんて。

 きっしょいジャケのせいで全然聞く気にならなかったブツですが、コレは思い切って聞いてみて良かったかな~って思います。日本の男のバンドでこんなに面白い音楽をヤッテいる連中がいるなんて、女性専門の(?)わっちには新鮮な驚きでしたし、コレはライヴを見てもきっと面白いんだろうな~って気がしますね。女々しさがありながらも逞しさも感じさせるこの連中、なかなかに魅力的だと思いますよ!

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2017’05.17・Wed

PERFUME 「TOKYO GIRL」

pperfume002.jpg

 実はわっちはパフュームってあまり好きじゃないというか、興味も関心もありません。聞いたことがあるブツはデビューアルバムぐらいなんですけど、この連中の曲ってフツーにテレビだのラジオだの店だので流れて来ますから、曲は意外に色々と耳にしております。耳にする度に「あ~、いつものことながら変わり映えしない連中だな~」なんて感じていたワケなんですが、今回のシングル曲にはちょっと耳を惹き付けられてしまいました。

 途中で見るのをやめてしまったんですけど、ドラマ「東京レバニラ娘」、じゃなくて「東京タラレバ娘」に使われていた曲でありまして、ポップで切ないメロディが実にイイな~なんて。それに今回は歌声を機械処理してないように聞こえまして、ダイレクトに曲の良さが耳に入ってくるのであります。まあ別にどうでもイイっちゃあどうでもイイことなんですが、初めてパフュームの曲を好きになったかな~という、ただそれだけのことであります。

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOPBack