FC2ブログ
2019’10.13・Sun

GANG PARADE 「LAST GANG PARADE」

pgangparade001.jpg

 別にどうでもいいんですけど、実はミャンマー旅行記は既に書き上がっているんですよ。しかし写真のデータを全然整理出来なくてですね、まだまだアップすることが出来ないのであります。まあ年内にはアップ出来たらな~と思っております。というワケでアイドルグループでありますギャング・パレードの、今年発売のアルバムであります。BISHやBISとレーベルメイトの連中ですが、メンバーの中には第一期のBISにいた娘もいるようですね。正式メンバーが何人いるのかよくわからないのですが、多分9人なのではないかと思います。ルックス的にはイマイチ感が漂っている連中ですが、どいつもこいつもアイドルを目指す今の時代は、ルックスで売るグループなんて極めて少数派なんだと思います。このグループの中で強いて好きなルックスのメンバーを挙げるなら、月ノウサギかな~・・・。

 今回のアルバムですが、タイトルに「ラスト」なんて付いていますので、もしかしてコレをラストに解散か?とも思ったりするのですが、そういうワケではないようです。ニュアンス的には「最新の」って意味合いなのだと思われます。まあそんなによく知らない連中ですので解散したって別にイイんですけど、それはさて置きとりあえずは再生してみますと、なかなかイイ感じです。と思っていたら、突然広東語で歌っているみたいな香港歌謡もどきの曲が出て来たぞ?何じゃこりゃ?コレは「HERETIC」という曲なんですが、日本語の歌詞を物凄くおかしな歌い方をして、広東語みたいに聞かせているんですよね~。結構強烈なインパクトがある曲ですので、一発で耳を持って行かれてしまいました。

 楽曲的にはかなりバラエティに富んでいて、前述の変な香港歌謡もどきもあればロックオペラもどきもあり、ポップな曲もあればエレクトロなダンスチューンもエモいハードロックもありと、BISHやBISのアルバムと同様に実に色々とヤッテいますね。それでいてとっ散らかったところが全然感じられないのは、それだけのモノをこなすパワーがこの連中にはあるということでありましょう。う~む、実に面白いグループではないですか。歌い方もそれほど「アイドル」を意識させるモノではありませんし、どちらかと言えばアイドルグループというよりは、寧ろ所帯の大きいヴォーカルグループとでも呼んだ方が良いのかもしれません。

 それにしてもSPOTIFYを導入してからというものの、気ままに色々な音楽を聞いて来まして、最近は日本の女子アイドルグループを色々と検索しまくっておりますが、結構な確率で「当たり」がいるのは驚きと言いましょうか嬉しい誤算と言いましょうか、このジャンルには大して期待もしていなかっただけに、とても喜ばしいです。ぶっちゃけ、ロックグループだのシンガーソングライターだのを聞くよりも、面白いモノが多いんじゃないかという気が致します。まあ世の中にはアイドルグループなんて言葉を聞いただけで拒絶反応を起こす人も多々いらっしゃいますが、音楽を偏見とか先入観とか無しに聞くことが出来れば、きっとお気に入りのグループが見つかりますよ・・・って、そんなの探すのが面倒ですって?確かに、おっしゃる通りで。
スポンサーサイト



Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2019’10.12・Sat

BILLIE IDLE 「NOT IDOL」

pbillieidle001.jpg

 女子5人組アイドルグループ、ビリー・アイドルの昨年発売のアルバムであります。SPOTIFYで日本の女子アイドルを掘り始めますと、次から次に色々なグループが出て来ますので、もうどれがどれだかワケわからなくなって来ますが、とりあえず最近の女子アイドルグループのトレンドは「ハードロック」というのはわかります。もちろん如何にもアイドルらしいアイドルソングをヤッテいる連中もいますけど、ハードなギターが鳴る激しいハードロックというのは、一つの大きな潮流でありましょう。中にはBISHみたいに本当にヤバそうな雰囲気を漂わせた連中もいれば、パスコードみたいな本格派のカッコいい連中もいますが、大半はスタッフにヤラされている姿が見えて来る、汗かきベソかき青春ハードロックという連中かと思います。まあそれが可愛かったりするんですけどね~。

 今回取り上げますビリー・アイドルは、汗かきベソかき青春ハードロックに属するタイプでありますが、ハードロックなアイドル像をヤリ切る覚悟を決めたと言いましょうか、「こうなったら徹底的にヤッたろやんけ!」みたいに振り切ることが出来ているように感じられますね。失礼を承知で言いますが、アイドルとしてはルックス的に劣るメンバーが揃っていますので、もう弾けるしか他に方法が無いのでありましょう。ただその開き直り(?)が良い方向に転がっておりまして、実に勢いのある仕上がりになっているのがステキであります。ハードながらも楽曲自体はポップで楽しいものが揃っていますし、この手のアイドルのアルバムとしては良く出来ていると思います。わっちは好きですね~。

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2019’10.10・Thu

杏沙子 「フェルマータ」

pasako001.jpg

 鳥取県出身の25歳のシンガーソングライター(ですよね?)杏沙子(あさこ)の、今年発売のアルバムであります。全く知らない人なんですが、テレビのCMか何かの番組でこの名前を見かけたような記憶がありましたので、SPOTIFYで検索して試しに聞いてみた次第であります。インディーズ時代からYOUTUBEでめっさ有名だったらしく、十代や二十代の女子達の共感を得て実はかなり人気があるらしいです。最近はラップと歌がゴッチャになったような曲をヤッテいるR&B系の女子歌手が多いですので、おそらくこの人もそんなタイプなんだろうな~と思って聞き始めたところ、全然違いましたね。

 この人がヤッテいる音楽は言ってみれば普遍的なポップスと言いましょうか、ポップで親しみ易いメロディを可愛らしくも安定した声で歌う、実に上手くてカワイイポップスであります。一昔前のシティ・ポップスだとかオールディーズ的な感覚がある、誰にでも楽しめるような温故知新タイプの音楽ですね。それを多分めっさ腕利きのスタジオ・ミュージシャンがバックで演奏しているんだと思いますが、「とにかく良いポップスを作るんだ!」という制作陣の想いがシッカリと伝わって来る仕上がりになっていると思います。演奏している側も聞いている側も楽しくなって来る、そんなタイプの音楽であります。

 とにかく抜群のポップセンスを持った音楽だと感じられまして、わっちは出て来た頃の種ともこ(古っ!)を思い出してしまいました。曲によってはフランク・ザッパを思わせるような部分もあったりして(多分気のせいです)、なかなかに一筋縄では行かない音楽になっていると思います。当然この手の音楽をわっちが嫌うはずないのですが、ただあまりに職人芸的な歌と演奏がちょっと鼻につくところもありまして、もうちょっと隙を見せてくれても良かったんじゃないかな~と思う、今日この頃なのであります。

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2019’10.09・Wed

MASS OF THE FERMENTING DREGS 「NO NEW WORLD」

pmassofthefermentingdregs001.jpg

 日本の女子1・男子2の3ピースロックバンド、マス・オブ・ザ・ファーメンティング・ドレッグス(長え名前!)の昨年発売の8曲入りアルバムであります。これまで全く見たことも聞いたことも無いバンドですが、SPOTIFYでアイドル・グループを色々検索していたらたまたまヒットしましたので、聞いてみた次第であります。ただ、アイドル・グループを検索していた時にヒットしたとは言え、この連中はアイドル・グループではなくて、自分達で作詞作曲をして演奏するオルタナ系ロックバンドであります。

 それにしてもこの連中、実にイイ音を出しますね。基本的にギター・ベース・ドラムだけの実にシンプルな編成なんですけど、演総力は非常に高いようで、爽快なスピード感と適度な重量感のあるハードな演奏が実にカッコいいんですよ。チャットモンチーなんかに似たところもありますけど、こちらの方が筋肉質で引き締まっていてストイックな感じがします。愛嬌が全く無い分取っ付きにくいところはあるかもしれませんけど、贅肉が一切無いしなやかな音と意外な程にポップでキャッチーなメロディが合わさると、キラキラと輝くような美しさが感じられて、何だか物凄く気分が高揚して来るんですよね~(わっちだけ?)。コレはコレは、なかなかに優れたロックバンドだと思いますよ。

 調べてみると活動歴は10年以上あるらしく、途中でメンバーチェンジとか活動休止等々の紆余曲折があったようですけど、色々なことを経験した上で到達したのが今回のアルバムなんですね。個人的にはフィリピンの優れたロックバンド、パラミタなんかを思い起こさせる、実に素晴らしい作品に仕上がっていると思います。何だか本当に充実したロックを聞いたな~という気分になる1枚であります。

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2019’10.08・Tue

MALCOLM MASK MCLAREN 「MY LIFE MY WAY」

pmalcolmmaskmclaren001.jpg

 日本のアイドルグループ、マルコム・マスク・マクラーレンの昨年発売のアルバムであります。マルコム・マクラーレンなんてペテン師プロデューサーの名前をパクるなんて実にふざけたグループ名でありますが、一体どういう意図でこんな名前を付けたのかは知りません。ただ、「何じゃそりゃ?」と思わせるインパクトはありますので、わっちみたいに騙されて(?)聞いてしまう者もいたりしますから、このグループ名はリスナーを増やすある程度の効果はあるのでありましょう。

 この連中がヤッテいる音楽は所謂メロコアというモノでしょうか、メロディは結構ポップでありながらも、ハードコア・パンクみたいなギター掻き鳴らしーのドラム叩きまくりーの、スピード重視ハードロックであります。言ってみればアイドルらしからぬ激しく暴れ回るような音楽でありますが、まあ今時「アイドルらしからぬ」とか「アイドルらしい」とか言う方が間違っている位にアイドル界は混沌とした状況ですので、こういう音楽も普通にアイドルポップスとして成立するということでありましょう。

 それにしてもですよ、もう潔い位に徹頭徹尾スピード重視のハードロックが展開されていて、ここまで金太郎飴的な音楽が繰り広げられますと、「このグループは正しくハードコアパンクを受け継いでいるぞ!」などと口走りたくなって来ますね。聞いていたら何だかマイナー・スレットだのハスカー・ドゥだの、超絶マイナーだけど評価は矢鱈と高いバンドを思い出してしまいます。ぶっちゃけわっちはこの手の音が好きですし、白人のチンピラ共ではなくて日本の若い娘達がこんな音楽をヤッテいるワケですから、思わずノリノリになって聞いてしまっているのでありました。

 この連中、ライヴでは歌って踊って暴れまくるだけでMCなんて一切無いとの噂で、出来れば一度はライヴを体験したいモノだと思いますが、野郎共がダイヴだのモッシュだの大暴れしていそうですので、わっちにはちょっと無理かな~。わっちみたいに大人しくて控え目で遠慮がちなタイプの人間は、怖くて近寄れません。ダイヴしてるヤツが目の前に来たら、多分引き摺り下ろして殴り倒すと思いますし・・・?

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOPBack