FC2ブログ
2019’11.30・Sat

「今こそ、韓国に謝ろう」を読みました!

phyakutanaoki001.jpg

 パヨク連中からボロクソに叩かれている百田尚樹が書いた、ちょいと話題になった本「今こそ、韓国に謝ろう」を読んでみました。ブックオフで210円でしたし。心情的には「何で韓国なんぞに謝る必要があるんじゃ!」と思う人も多々いらっしゃるかと思いますが、読めばなるほどと思う内容かと思います。

 内容としては、日韓併合時に日本が韓国に対して行った近代化を、「韓国が望まなかったのに無理に押し付けた」から、今こそ韓国に謝ろうということであります。当時は世界最貧国だった、未開で不潔で野蛮で独立国の体を成していなかった韓国を日本が併合して、日本国内以上に多大なる投資をすることで大発展させたのは歴史的な事実であります。百田氏はそれを「韓国が全く望んでいなかったこと」とするワケであります。

 インフラ整備する必要も無い・工業を発展させる必要も無い・身分制度を廃止する必要も無い・子供に教育をする必要も無い等々、韓国側が必要無いと思っていたことを日本がおせっかいでヤッテしまい、近代国家に大発展させてしまった。韓国は野蛮で原始的な世界最貧国のままで良いと自分達では思っていたのに、日本は韓国が全く望まない余計なことをしてしまった。しかも韓国にモラルとは何たるかを教えなかった為に、未だに韓国は条約も法律も守ることが出来ない国になってしまった。だから日本は心から反省して韓国に謝る必要がある、百田氏はそう言っているんですね~。

 まあ随分嫌味ったらしい表現と言いましょうか、百田氏って性格悪いのかな~なんて思ったりもしますけど、内容的には面白いですし勉強になります。実際に韓国に謝るかどうかは別の話として、歴史的な事実を丹念に拾って例示してある本書は、日本人であれば読んでおいてもイイかと思う今日この頃なのであります。
スポンサーサイト



Categorie  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2019’11.17・Sun

「韓国人による震韓論」を読みました!

psincerelee004.jpg

 またシンシアリー氏が韓国について書かれた本ですけど、これでシリーズ4冊目になりますね。発売は2015年ですから、既に4年前の本ですが、今読んでも新鮮であります。相変わらずわかりやすい文章で、ためになる情報満載であります。まあこういう本は実際に読んでいただくのが一番良いワケですので、ネタばらしは致しません。今回の内容で一番印象に残っているのは、「韓国人は『恨(ハン)』の民族」であることを説明しておられる部分なんですけど、次のような記述であります。

「『悪』を設定することで、自分が『善』になれます。『歪(下)』を設定することで、自分が『正(上)』になれます。逆に、相手を赦せば、自分の格が下がります。だから赦しません。言い換えれば、恨(ハン)は、永遠に赦せないから終わらないのではなく、赦そうとしないから終わらないのです。」(P75)

 まあ上記文章の前の文脈を知らないとワケわからないかもしれませんけど、わっちは深く納得してしまったのでありました。是非多くの人々に読んでいただきたい本であります。あと、韓国関連では個人的に下記の本を読んでみたいですね~。

「THE NEW KOREA」
pthenewkorea001.jpg

「反日種族主義」
phannichishuzokushugi001.jpg

Categorie  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2019’11.11・Mon

「米中覇権戦争の行方」を読みました!

pkitanoyoshinori004.jpg

 わっちがめっさ信頼している北野幸伯先生の新刊、「米中覇権戦争の行方」を読みました。この手の国際政治関係の本って難しくてわかりにくいというのが常でありますけど、北野先生の場合はとにかくとっつきやすくて読みやすいというのが特徴であります。メルマガ感覚とでも言いましょうか、表現方法もとてもくだけていて、通常のこの手の本であれば「ふぉふぉふぉ。大げさじゃのう。トンデモ系、陰謀論の類じゃな」(3ページ)なんて表現は使わないでしょ?北野先生は難しいことをやさしく楽しく表現する天才と言っても良いかと思います。内容的には相変わらずめちゃくちゃに鋭くて示唆に富んていますので、日本人であれば読んでおいた方が良いと思います。

 まあタイトルは「米中覇権戦争の行方」なんて付いていますけど、実際は今後の日本がどのような戦略を採って生き残れば良いのか、どうすればこの覇権戦争の戦勝国になれるのかということが、本当のテーマになっています。ここではネタばらしはしませんけど、とにかくめちゃくちゃに面白くて役に立つ本ですので、絶対のオススメであります!な~んて言っても完全無視されることはわかっているんですけど、何にしても「戦争はドンパチだけではない」ということは、キッチリと認識しておいた方が良いかと思います。

Categorie  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2019’11.05・Tue

「親日派のための弁明」を読みました!

pshinnichiha001.jpg

 韓国人の作家であり評論家でありますキム・ワンソプ氏による「親日派のための弁明」を読みました。本自体は随分前にブックオフで200円で買っていたんですけど、なかなか読む機会が無くて、ほったらかしになっていたのであります。しかし文在寅という北朝鮮のエージェントみたいな異常者が韓国の大統領になったことで、本当に日韓戦争(勿論ドンパチじゃなくて情報戦ですよ)が始まってしまいましたので、敵のことをもっと知る為にも「革命的な評論書」と言われている本書を読んでみたのでありました。

 史実を丹念に且つ淡々と読み解いて行くこの本でありますが、読み進むほどに如何に韓国が国民に嘘の歴史を教え、反日を異常な執念で刷り込んでいるかがよくわかります。その結果が現在の「反日イコール愛国」という、ワケのわからない韓国の国民感情であります。シンシアリー氏の本と併せて読めば、その辺のことはよくわかるかと思いますが、徴用工問題にせよ慰安婦問題にせよ、「日本は放射能で汚染されているニダー!東京オリンピックをやめろニダー!」発言にせよ、「台風は天罰ニダー!日本人はもっと死ねニダー!」発言にせよ、日本に対する嫌がらせや誹謗中傷等々の常軌を逸した言動は全て、韓国人にとっては愛国になるワケであります。日本を絶対悪とみなして、そんな日本を成敗する韓国はいつでも正しい、絶対悪の日本には何を言っても良いし何をしても良い、それが正しい愛国者なワケですな。

 何にしてもこういう本は日本人も韓国人も全員が読む必要があるかと思いますが、韓国ではこの本は有害指定やら何やらで発禁処分になっているそうです。歴史の事実を隠蔽し、親日的な発言を一切許さないという、言ってみればとんでもない言論統制社会でありますが、それが韓国という国であります。日本人としてこんな国は理解不能ですし、共感することなんて出来ませんよね?親日は絶対に許さないだけでなく、反日の為であれば法律も条約も全て無効であって当然だと考えるような法治国家でも何でもないワケわからない国、それが韓国であります。そんな国には付き合っていられないわい!と考える日本人が増えているのは当たり前でしょう。

 とにかく知れば知るほど嫌いになる不思議の国「韓国」でありますが、この本を読むと韓国と仲良くすることは不可能との思いがより強くなりますね。中国という巨大な敵を前にして、戦略的には日本は韓国との関係を修復する必要があるのでしょうが、とりあえずは北朝鮮のエージェントとしか思えない文在寅が大統領の間は関係修復が出来るワケありませんので、文の任期が終わって少しはマシな大統領が出て来るのを待つしかないでしょう。その間は完全に断交しても良いのではないかと思う今日この頃。まあ、アメリカがそれを許すとは思えませんけど。

Categorie  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2019’10.06・Sun

「韓国人が暴く黒韓史」

psincerelee003.jpg

 ラグビーのワールドカップだのSPOTIFYだのたまっているドラマだの、色々と消化しなければならないモノが多々あって、休みの日でも忙しかったりするワケでありますが、それにしてもラグビーの日本代表の試合には本当に興奮させられまして、今回こそはベスト8に進んで欲しいものだと思っております。次はスコットランド撃破だーっ!

 というワケで(?)、SPOTIFY導入以来音楽ばっかりの生活が続いてしまって全然読書が出来ていなかったのでありますが、米中戦争が激化する中、日韓戦争も激しくなっている今日この頃、敵のことをもう少し詳しく知る為にシンシアリー氏の本を読んだのでありました。今回の本はシンシアリー氏のシリーズ第3弾に当たりますが、韓国を「思想」の面から分析した本となっております。具体的にどういう内容になっているかを書く気はありませんけど、コレを読めば何故韓国が日本に対して常に敵意剥き出しで異常な言動を繰り返すのかがわかって来ます。そして現状のままではこの異常な隣国とは絶対に分かり合えないということを実感します。

 残念ながら、現在の日韓戦争は日本側がかなり不利な状況になっています。正しいのは日本であっても、世界的には「弱者の韓国を強者の日本がイジメている」という認識になっているようです。日本政府が世界に対して「日本が正しい」ということを、全然アピール出来ていないワケであります。いくら日本が正しくても、世界中の国々が「日本が悪い」と認識してしまったら、この戦争は日本の負けです。ですので、日本が一丸となってこの国難を乗り越えて行く必要があるかと思います。な~んてことを考えさせられた、ある日の夜なのでありました。

Categorie  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOPBack