FC2ブログ
  • « 2020·04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »
2020’03.14・Sat

「アンジャッシュ渡部の大人のための「いい店」の選び方の極意」を読みました!

pwatabeken001.jpg

 お笑い芸人アンジャッシュの渡部建のグルメ本であります。ブックオフの110円棚にありましたので、試しに買ってみた次第であります。最近はお笑い芸人というよりは番組の進行役みたいな立場でテレビに出ていることが多いようですが、バカではないな~という印象の人ですね。そんな渡部さんが書いたコチラの本でありますが、なかなかに面白い仕上がりになっていると思います。

 まあ渡部流のいい店の見つけ方が色々と書いてあるのですが、印象に残ったのは、店だって客を見て評価しているとか、いい店を求めると同時に自分がいい客になることを説いているところですね。確かに客だからって偉そうにしているのはおかしいですし、そりゃあ客の方が立場的には偉いんでしょうけど、礼儀ってモノを弁えておくのは人として当然のことだと思います。

 読み進めて行きますと、渡部さんが書いておられる「いい店の選び方」って、ビジネスにも人と人との付き合い方にも通じるところがありまして、意外に(?)普遍的なことに辿り着いているな~って感じられます。単なるグルメ本の域を超えた、なかなかに奥の深い内容を持った一冊だと思います。コレを読んで、わっちは渡部さんを見直してしまいました!
スポンサーサイト



Categorie  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2020’03.01・Sun

「話を聞かない男、地図が読めない女」を読みました!

phanashiwo.jpg

 タイトルは以前から知っていた本ですが、ブックオフの210円棚で見つけましたので、ゲットしてみました。ぶっちゃけこの本、面白いですね~。男にはわからない女の言動、女にはわからない男の言動が色々と書いてあって、実に参考になります。一応は脳科学の観点から男脳と女脳の傾向を分析してありますが、そんなに難しい書き方はされておらず、お笑いの本として読み進めて行くことが出来るかと思います。親しみ易い書き方ではありますが、何故男女の認識がお互いにズレてしまうのかがよくわかる、興味深い本になっているかと思います。

女「ねえ、この服だけど、赤か青かどっちがイイかな?(自分は青と決めている)」
男「え~っと(別にどっちでもイイと思っている)、赤がイイかな?」
女「どうして赤なの?(私は青がイイのに!)」
男「赤の方が似合ってると思うし。(どっちでもイイし!)」
女「じゃあ私には青は似合わないって言うの?(イラッとして)」
男「誰もそんなこと言ってないだろ!(怒)」
みたいな無用なトラブルを避ける為にも、この本は参考になるかと思います。

 まあ色々なことを面白おかしく書いてありますが、わっちが一番笑ったのは次の部分。男はプライドが邪魔して他人のアドバイスを聞くことが出来ず、それを敗北だと感じてしまうという流れで、「モーゼは何故40年も荒野をさまよったのか?人に道を聞かなかったからだ」などとさり気なく書いてあるところ。「約束の地」なんて人に聞けばすぐにわかるんじゃね?という茶化し方がステキです。

Categorie  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2020’02.25・Tue

「大東亜戦争の正体」を読みました!

pdaitoasenso001.jpg

 ブックオフの210円棚で見つけて何となく買った本ですが、これはこれは、なかなかに刺激的な内容になっていますね。大東亜戦争は侵略戦争ではなく、結局は日本が勝利したのだ、と述べているワケでありますが、反日思想に染まったパヨクとか韓国人が読んだら、頭から湯気を出して怒りそうですよね~。極右の中の極右などと猛烈に批判されそうな内容ですが、反日思想とか自虐史観なんかに染まっていない人が読めば、「ああ、なるほどな~」「へ~、そうだったんだ」と納得出来る内容かと思います。

 考えてみればわっちが小学校の頃は日教組に属した反日パヨク教師が結構いて、日本は中国や韓国を侵略した極悪非道な国だと教える教師とか、国旗掲揚や国歌斉唱に反対する教師とか、本当にいましたね~。小学校の時の話ですが、「先生、どうしてウチの学校は日の丸を揚げて君が代を歌わないんですか?」と児童が聞いたら、「君は戦争したいのか!」などとブチ切れたキチガイ教師がいましたっけ。あと、これは小学校から高校までの話ですが、歴史の授業では日本の近現代史なんて全く一度としてヤッタことがありません。時間的に間に合わないとか言って(本当は教師が単にやりたくなかったんじゃろ?)。教えないことで反日を刷り込もうとする卑劣な日教組の教師どものせいで、何も知らずに反日になった生徒達がどれだけいたことか。

 などと色々と思い出したりするところがあるこの本でありますが、一部「ここまで書いてしまってイイの?」というような内容はあるものの、基本的には正論だと思いますし、こういう本はもっと幅広い層に読まれて然るべきだと思う、今日この頃なのであります。

Categorie  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2020’02.20・Thu

TEMPTATION BOOK

pscandal073.jpg

 スキャンダルの2枚目のアルバムは2010年発売の「TEMPTATION BOX」ですが、その発売記念だか何だか知りませんけど、「TEMPTATION BOOK」なる本が発売されていたようです。こんな本があったなんて全く知りませんでしたが、ブックオフに210円で売っていましたので、思わずゲットしてしまいました。

 内容としてはインタビューと写真満載の、ファンならムフフ~&グフフ~な嬉しい一冊となっています。まだ初期の頃ですから、メンバー全員お顔はハチ切れんばかりにパンパンで、体もムッチムチ状態でめっさカワイイ~♪現在のメンバー達は全員三十路に差し掛かっていますから年相応の大人女子になっていますけど、昔はアイドル・バンド扱いでしたし、やっぱり本当に全員カワイイです!

 などと一人で興奮して騒いでおりますが、つい先日「スキャンダル熱が冷めた」なんて言ってたのは誰じゃ?まあ何だかんだ言ったって、わっちはスキャンダルが好きなんですよ。新作は買っていませんけどSPOTIFYで聞いていますしね~。新作はその内このボログでも取り上げるように致します。

Categorie  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2020’02.16・Sun

激しくどうでもいい話~速読出来たら

psokudoku003.jpg

 1月からギターの練習を始め、SPOTIFYは昨年から引き続き聞きまくり、ぶっちゃけ読書する時間がありません。昨年はたった33冊しか読めませんでしたので、今年は100冊読むと決めているのですが、現時点でまだ11冊ですので道程は遠い~。今のペースでは100冊なんて到底無理ですので、今後はマジで速読の訓練をして本当に出来るようにならないとマズイな~と思っております。ですので過去にゲットした速読関連の本を引っ張り出して来て、少しはスピードアップ出来るように訓練しないと遺憾ですね~。

 とりあえずは目を鍛えて行くことから始めないといけないでしょうね。目を鍛えないことには、仕事で目が疲れたままでは読書も出来ませんし。年100冊という目標には関係無く、読みたい本も山ほどありますし、中には700ページを超えるシロモノもあったりして、その為には目を鍛える必要があるワケであります。何にしても時間を有効に使う為には、速読は必須かと思う今日この頃なのであります。パラパラとページをめくって「はい、全部読みました!」なんて神技みたいな速読は要りませんので、年間100冊以上読める程度の速読を習得出来たらな~と思っております。

Categorie  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOPBack