FC2ブログ
2018’09.30・Sun

2018年9月に読んだ本

pkaeruwotabeteshimae001.jpg

 9月は異様に仕事が忙しかったのと、インド旅行の準備等ありましたので、あまり読書出来ませんでした。とりあえず読んだ本を列挙しておこうと思います。それでは早速。

1、「1分間勉強法」 石井貴士
2、「下克上転職」 安井元康
3、「カエルを食べてしまえ」 ブライアン・トレイシー
4、「7曜日の法則」 はづき虹映
5、「結局『すぐやる人』がすべてを手に入れる」 藤由達蔵
6、「チーズはどこへ消えた?」 スペンサー・ジェンソン
7、「一番役立つ!ロジカルシンキング」 小宮一慶
8、「サラリーマンは300万円で会社を買いなさい」 三戸政和
9、「2002-これから10年、活躍できる人の条件」 神田昌典

 以上の9冊でございます。特に面白かったのは3と4ですかね~。今後の読書ですが、英語の洋書なんかも取り入れて行きたいな~なんて思ったりして。インドは第二言語が英語というぐらいに英語が色々な場所で使われていたのですが、意外に自分の英語がフツーに通じたんですよ。ただ、インド訛の英語は一体何を言ってるのか全然聞き取れなかったんですけど。何にしてもコミュニケーションの手段としての英語をシッカリとマスターしたいと思った、今回のインド旅行なのでありました。
スポンサーサイト

Categorie  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2018’08.31・Fri

2018年8月に読んだ本

 今年は毎月10冊程度は本を読むようにして来たのですが、8月は試しに1冊も本を読まないようにしてみました。読みたい本は色々とあるのですがグッとこらえて、ブックオフに行っても本は見ずにCDばかり漁るようにしておりました。その結果と言いますか、結論を言いますと、やっぱり本は読まなければダメだと思います。本を読まないと新しい知識も得られないですし、知的な刺激を受けないことになってですね、自分の進歩がそこで止まってしまう感じがするんですよ。それに何だか小さなことで妙に苛立ったりすることが多くなったり。だからやっぱり本は読む必要があると思います、少なくともわっちにとっては。9月からはまたボチボチと本を読み始めようかと思っております〜♪

Categorie  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2018’07.31・Tue

2018年7月に読んだ本

 7月は仕事がめちゃくちゃにガタガタしたこともありまして、あまり読書出来ておりません。とりあえずはざっと列挙しておきましょう。

1、「グローバリズムが世界を滅ぼす」 エマニュエル・トッド他
2、「EVと自動運転」 鶴原吉郎
3、「2022年の次世代自動車産業」 田中道昭
4、「中国に勝つ 日本の大戦略」 北野幸伯
5、「いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン」 大塚雄介
6、「宇宙のパワーと自由にアクセスする方法」 ディーバック・チョプラ
7、「日本人はいつ日本が好きになったのか」 竹田恒泰
8、「コミンテルンの謀略と日本の敗戦」 江崎道朗

 以上の8冊です。数は少ないですけど4は物凄く素晴らしい内容ですし、2と3もめっさ面白くて、内容としては充実していたと思います。8は共産党とか共産主義(パヨクなんかも含む)の本質がよくわかって、実に興味深かったです。

Categorie  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2018’07.16・Mon

「中国に勝つ 日本の大戦略」を読みました!

pkitanoyoshinori001_201807161859041fc.jpg

 暑いわ仕事は忙しいわで全然読書が進まない今日この頃、昨年から読みたいと思っていた北野幸伯氏の「中国に勝つ 日本の大戦略」をやっと読みました!流石に北野さんの本ですから内容は抜群に素晴らしく、こういう誰もが納得出来る明快な戦略と理論を持った人が、日本を引っ張って行って欲しいと心底思いますね~。日本は既に戦争状態に突入していると警鐘を鳴らす内容ですが、日本がこれから生き残る為に必要な戦略が明確に記されていますし、反日ではない人であれば必読の書だと思います。

Categorie  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2018’06.30・Sat

2018年6月に読んだ本

 6月も色々と本を読んだワケでありますが、数はちょいと控え目に。サッカーのワールドカップが始まり、今のところ全試合を見ておりまして、読む時間が大幅に減っていますので。それではとりあえず列挙してみましょうか。

1、「思考は現実化するⅢ」 ナポレオン・ヒル
2、「斉藤孝の速読塾」 斉藤孝
3、「スタンフォードのストレスを力に変える教科書」 ケリー・マクゴニガル
4、「ネクスト・ソサエティ」 P.F.ドラッカー
5、「クラウゼビッツ『戦争論』は面白い」
6、「最高の運命を引き寄せる習慣」 はづき虹映
7、「夢をかなえるゾウ2」 水野敬也
8、「日本の米」 富山和子
9、「法医学の話」 古畑種基
10、「お金持ちが大切にしている財布の習慣」 佳山知未
11、「確実に金持ちになる『引き寄せの法則』」 ウォレス・ワトルズ
12、「雑談の達人」 内藤誼人
13、「世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法」 斉藤淳
14、「アマゾンが描く2022年の世界」 田中道昭
15、「仮想通貨 ビットコイン&ブロックチェーン最前線」

 以上の15冊です。仮想通貨あたりはちゃんと理解したいと思いますが、15を読んでも殆どワケわかりません。まあボチボチと情報を仕入れて行きたいと思っております~♪あと、14は面白かったですね~。

Categorie  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOPBack