FC2ブログ
2018’07.31・Tue

2018年7月に読んだ本

 7月は仕事がめちゃくちゃにガタガタしたこともありまして、あまり読書出来ておりません。とりあえずはざっと列挙しておきましょう。

1、「グローバリズムが世界を滅ぼす」 エマニュエル・トッド他
2、「EVと自動運転」 鶴原吉郎
3、「2022年の次世代自動車産業」 田中道昭
4、「中国に勝つ 日本の大戦略」 北野幸伯
5、「いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン」 大塚雄介
6、「宇宙のパワーと自由にアクセスする方法」 ディーバック・チョプラ
7、「日本人はいつ日本が好きになったのか」 竹田恒泰
8、「コミンテルンの謀略と日本の敗戦」 江崎道朗

 以上の8冊です。数は少ないですけど4は物凄く素晴らしい内容ですし、2と3もめっさ面白くて、内容としては充実していたと思います。8は共産党とか共産主義(パヨクなんかも含む)の本質がよくわかって、実に興味深かったです。
スポンサーサイト

Categorie  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2018’07.16・Mon

「中国に勝つ 日本の大戦略」を読みました!

pkitanoyoshinori001_201807161859041fc.jpg

 暑いわ仕事は忙しいわで全然読書が進まない今日この頃、昨年から読みたいと思っていた北野幸伯氏の「中国に勝つ 日本の大戦略」をやっと読みました!流石に北野さんの本ですから内容は抜群に素晴らしく、こういう誰もが納得出来る明快な戦略と理論を持った人が、日本を引っ張って行って欲しいと心底思いますね~。日本は既に戦争状態に突入していると警鐘を鳴らす内容ですが、日本がこれから生き残る為に必要な戦略が明確に記されていますし、反日ではない人であれば必読の書だと思います。

Categorie  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2018’06.30・Sat

2018年6月に読んだ本

 6月も色々と本を読んだワケでありますが、数はちょいと控え目に。サッカーのワールドカップが始まり、今のところ全試合を見ておりまして、読む時間が大幅に減っていますので。それではとりあえず列挙してみましょうか。

1、「思考は現実化するⅢ」 ナポレオン・ヒル
2、「斉藤孝の速読塾」 斉藤孝
3、「スタンフォードのストレスを力に変える教科書」 ケリー・マクゴニガル
4、「ネクスト・ソサエティ」 P.F.ドラッカー
5、「クラウゼビッツ『戦争論』は面白い」
6、「最高の運命を引き寄せる習慣」 はづき虹映
7、「夢をかなえるゾウ2」 水野敬也
8、「日本の米」 富山和子
9、「法医学の話」 古畑種基
10、「お金持ちが大切にしている財布の習慣」 佳山知未
11、「確実に金持ちになる『引き寄せの法則』」 ウォレス・ワトルズ
12、「雑談の達人」 内藤誼人
13、「世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法」 斉藤淳
14、「アマゾンが描く2022年の世界」 田中道昭
15、「仮想通貨 ビットコイン&ブロックチェーン最前線」

 以上の15冊です。仮想通貨あたりはちゃんと理解したいと思いますが、15を読んでも殆どワケわかりません。まあボチボチと情報を仕入れて行きたいと思っております~♪あと、14は面白かったですね~。

Categorie  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2018’05.31・Thu

2018年5月に読んだ本

 5月は連休もありましたし、4月に引き続いて読むペースをちょいと落としてみました。それでは5月に読んだ本を列挙しておきます。

1、「7つの習慣」 スティーヴン・R・コヴィー
2、「道は開ける」 D.カーネギー
3、「人を動かす」 D.カーネギー
4、「気くばりのすすめ」 鈴木研二
5、「一瞬で自分の夢を実現する法」 アンソニー・ロビンズ
6、「思考は現実化するⅠ」 ナポレオン・ヒル
7、「思考は現実化するⅡ」 ナポレオン・ヒル
8、「5分の使い方で人生は変わる」 小山竜央
9、「ワクワクすることが人生にお金をつれてくる」 本田健
10、「金持ち父さん貧乏父さん」 ロバート・キヨサキ
11、「お金のIQお金のEQ」 本田健
12、「スイス人銀行家の教え」 本田健
13、「安心な食品の見分け方」 安部司
14、「食品の裏側」 安部司
15、「胃腸は語る」 新谷弘実
16、「ラクして速いが一番すごい」 松本利明
17、「すごい片づけ」 はづき虹映

 以上でございます。13と14はめっさ怖い本でしたね~。古典的名著と言われる2と3は、流石に素晴らしい内容だと思います。何度も繰り返して読む必要がありそうです。一番の衝撃は本日読んだ17。「人生がときめく片付けの魔法」よりも強烈で、ラスト辺りは泣けて来ましたよ、マジで。

Categorie  トラックバック(0) コメント(2) TOP

2018’04.30・Mon

2018年4月に読んだ本

 今年は本を読みまくりの月が続いておりましたが、4月はペースを落としてみました。速読を身に付ければ1日1冊とかでもイケるんでしょうけど、速読出来なくても目標の年間100冊ぐらいなら読めるかな~って感じですので。それでは4月に読んだ本を列挙しておきます。

1、「老眼は脳のトレーニングで回復する」 本部千博
2、「出口汪の最強の記憶術」 出口汪
3、「ほどほど健康法」 天野一男
4、「視力もぐんぐんよくなる速読術」 中川和宏
5、「目を温めれば視力はよくなる」 中川和宏
6、「最強の呼吸法」 北川貴英
7、「システマ入門」 北川貴英
8、「システマボディワーク」 北川貴英
9、「システマストライク」 北川貴英
10、「貯めなくたって大丈夫」 はづき虹映
11、「3万人が富を築いたお金をふやす教科書」 稲葉充
12、「知らなきゃ損する!NISA超入門」 藤川太
13、「中国が憧れた理想の国日本」 拳骨拓史
14、「すごい引き寄せ」 はづき虹映
15、「パラサイト式血液型診断」 藤田紘一郎
16、「お金の科学」 ジェームス・スキナー

 以上の16冊です。今月はかなり少ないですが、これぐらいの方が余裕を持って読めるのでイイかな~という気がしております。5月もこんな感じで読み進めて行けたらと思っております。数量は少ないとは言え、非常に良い本に出会えた月でもありまして、北川貴英氏、はづき虹映氏、ジェームス・スキナー氏の本は今後も繰り返し読んでいく必要があるな~と実感しております。

Categorie  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOPBack