2017’04.05・Wed

ELHA

pelha001.jpg

 フィリピンの歌手、エラ・ニンファの昨年発売のデビュー盤であります。2004年生まれですので、まだ12歳なんですよね~。ジャケからしてまだまだ幼いガキんちょなんですけど、類稀なる素晴らしい歌唱力を持っているとのことで、チャリース・ペンペン子ちゃんの再来なんて言われている小娘であります。ペンペン子ちゃんの再来なんて言われたら聞かないワケには行かないでしょうってことで、フィリピンショップのMIAさんでゲット致しました!

 実際にブツを聞いてみますと、コレは確かに凄いですわ。ペンペン子ちゃんの再来と言われるのも頷ける、とても12歳のガキんちょの児戯とは思えない、マライア・キャリーやビヨンセなんかもビックリの歌を聞かせるのであります。声を張り上げての歌い上げといい、高音の超音波歌唱といい、かと思えばしっとり情緒漂う歌唱といい、コレは誰がどう聞いたって「天才少女出現!」なんて言いたくなりますわな。しかもまだガキんちょですから余計な作為とかイヤらしい思惑とかが感じられず、無邪気に歌い上げているだけですから、押し付けがましいところが一切ありません。まあ歌にはまだまだ若さが露呈している部分がありますけど・・・って、ガキんちょなんだから若くて当たり前なんですが、実に心地好く聞くことが出来ると思います。バスの中でウォークマンで聞いていたら、心地好くていつの間にか寝てしまって、乗り過ごすところでありました!

 歌っている曲はマライア・キャリーやらビヨンセやらの、どっかの歌姫の何ちゃらいう曲のカバーが多いのですが、それってフィリピンのR&B系歌姫にはありがちな選曲でありまして、ハッキリ言って食傷気味なのであります。しかしエラちゃんの場合は押し付けがましさがありませんので、スンナリと耳に入って来るんですよね~。う~む、なかなかヤルじゃないですか。聞く前は「どうせガキんちょが大人顔負けの歌唱を披露して得意げになっているだけの、児戯ースターダストな下らない盤じゃろ?」なんてタカをくくっていたのでありますが、申し訳ございません、全然違っていました。ビシバシにソウルが感じられるという歌ではないにしても、ガキんちょならではの純真な歌心が伝わって来る歌唱だと思います。

 それにしてもフィリピンって、時々こういうとんでもないバケモノが出て来ますよね~。今やフィリピンナンバーワン歌手となったサラ・ヘロニモだったり、今や単なるおっさんみたいになってしまったペンペン子ちゃん(女だけど)だったり。そしてそんな逸材を大事に育てる文化がシッカリとある国ですから、エラちゃんも将来的にはフィリピンを代表するような素晴らしい歌手に育ってくれることを期待したいですね~。ヘロやんにしてもペンペン子ちゃんにしても、デビュー時はここまで歌えてなかったですから、今後が非常に楽しみな小娘の登場であります~♪
スポンサーサイト

Categorieフィリピン  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2017’01.24・Tue

JANELLA SALVADOR

pjanellasalvador001.jpg

 フィリピンの女優兼歌手ジャネーリア・サルヴァドールの、2015年発売のデビュー盤であります。以前から気になっていた盤ではありますが、購入がず~っと遅れてしまいまして、今頃になってのゲットであります。何故この盤が気になっていたかと言いますと、当然の如くルックスが良いからであります。しかも今回はポスター付きとなっていましたから、そりゃあ買わないワケには行きませんよね~。美麗ジャケと共に美麗ポスターもゲットさせていただきましたので、早速部屋に貼らしていただいております。ありがとうございます、MIAさん!

ポスター
p2017010502.jpg

 で、このジャネーリアちゃんなんですけど、女優さんとしてキャリアをスタートさせているだけあって、ルックスには間違いがありません。見ての通りのめっさ美人さんであります。写真満載のインナーも大満足の逸品でございますよ!このルックスにピンと来た人は速攻でMIAさんに注文を出しましょう!ジャケ写では20代前半ぐらいに見えるジャネーリアちゃんですが、調べてみると実際は1998年3月30日生まれの18歳らしいです。え~、そんなに若かったんですね。見た目には子供っぽさはありませんので、まさか10代だとは思っていませんでした。そうでっか~。しかし歌を聞いてみて納得、ちょっと緊張したような硬さが残る歌い口には、まだまだ若さが出ていますね~。

 ジャネーリアちゃんって女優としてどうなのかは知りませんけど(人気あるみたいですが)、歌手としてはまだまだこれからって感じですかね~。歌い口が硬くてちょっとブッキラボーにも聞こえますので、歌にもっと表情が出て来れば飛躍的に良くなるのは間違い無いです。声はちゃんと出ていますし、音程やリズム感にも間違いはありませんから、あとは経験をシッカリと積んで行けば良い歌手になると思います。この盤に収録されている曲はなかなかにポップで楽しい曲が揃っていますので、何年か後に歌い直せば全然違った印象になると思います。まあそれよりは、今年出るのではないかと期待される2枚目が、実に楽しみな娘でありますな♪

 ただ、ちょっと文句を言わせてもらいますと、この安直なサウンド・プロダクションは何とかなりませんかね~。徹頭徹尾打ち込みで固めた音作りって、アジアのアイドルものとしては普通のことではありますけど、最近は日本のガールズロック連中の人力演奏を耳にする機会が非常に多いわっちとしましては、この人工的な音作りが結構気になってしまうんですよね~。もうちょっと上手いこと音を作ってもらえると助かります。

Categorieフィリピン  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2017’01.05・Thu

2017年の正月は

 例年なら毎年元日に嫁さんの実家に行ってそのまま泊まり、ついでにその近所にあるブックオフで新年初物のブツを漁るのが恒例行事になっているのでありますが、今年は体調ボロボロで行く事が出来ませんでした。とりあえず実家には嫁さん一人で行ってもらって、わっちはお留守番しておりました。で、年末にぶっ倒れた時なんですけど、わっちの意識が無い間にいつの間にやらフィリピン・ショップのMIA MUSIC & BOOKSさんで注文しておりましたブツが届いていたようで、嫁さんがいない時にお年玉気分で開けてみた次第であります。ゲットしたのは下記の4枚であります。

p2017010501.jpg

 アンヘリン・キントはわっちにはお馴染みの歌手ですが、ジャネーリア・サルヴァドールとエラ・ニンファはこれまで聞いたことがありません。どの盤もゲット出来て嬉しいですし楽しみなんですけど、今回特に嬉しいのは、ジャネーリアのポスターと、MIAさんの特別サービスと思しきアンヘリン・キントが主題歌を歌っている映画のポスターも付いていたことであります。うわ~、めっさ嬉しいけど部屋の壁に貼る所無いやん!現在わっちの部屋にはスキャンダルやらサイサイやらイェン・コンスタンティーノやらイン・ティティカーンやらのポスターが貼りまくってありますので、ちょいと整理しないとあきまへんな~。と言いつつ貼ってみました。

p2017010502.jpg

 まあ何にしてもこの年末年始は、我が人生でも類を見ない位に最悪な年末年始だったワケでありますが、二度とこんな年末年始を迎える事が無いようにしなければならないと心に誓った、今日この頃であります。

Categorieフィリピン  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2016’03.08・Tue

MARLENE 「THE BEST OF THE BEST」

pmarlene001.jpg

 先日ブックオフをブラついていたら…って、頻繁にブックオフをブラつきまくっていますけど、500円棚の邦楽の「ま」のところで「MARLENE」なんて文字が目に入って来ましたのでひょいと抜いてみると、マリーンの16曲入りベスト盤でありました。ほほう、マリーンのブツなんてなかなか珍しいではないですか!マリーンって確かフィリピン出身の歌手で、80年代にジャズ歌手として日本で活躍していた人ですよね?詳しい事は全然知らないのですが、マリーンという歌手がいたことは覚えておりますので、思わずゲットしてしまった次第でございます。

 マリーンさんですが、日本で活躍していたということで、わっちはこの人が日本語で歌っていると思っておりました。しかしここに収録された曲は全て英語で歌われていますね。日本で活躍していたのに日本語ではなくて英語で歌っている?う~む、何だかよくわかりませんね。テレサ・テンだろうがフェイ・ウォンだろうがルネだろうがヘドバとダビデだろうが、外国の歌手が日本で活動する場合は日本語で歌うのが普通ですよね~。マリーンは特別だったのでしょうか?実際は日本語でも歌っていたのかもしれませんけど、わっちはマリーンのことなんて全然知りませんので、その辺の事情については全く存じておりません。

 日本語で歌っていないとなると、いくら周りのスタッフが日本人ばかりだとは言っても、出てくる音楽は洋楽なワケであります。音作りとしてはシンセの音が多用された如何にも80年代らしい仕上がりになっておりまして、わっちにとっては懐かしい響きのある洋楽って感じですね~。マリーンさんはジャズ歌手という分類だったはずですが、音的にはジャズではなくて、当時もてはやされていた(?)フュージョンと言われる類のモノになっていると思います。当時のわっちはフュージョンなんて全く聞いていませんでしたから、この音を懐かしいと感じるのも変な話なんですけど、80年代の音楽ってやっぱり独特な響きがありますので、最近はナツメロ気分になっているわっちには懐かしい響きに感じられるのでやんす。

 ところでマリーンさんはちょいハスキーな声が魅力のとてもダイナミックな歌い方をする人ですが、この人が何故日本で活躍出来たのかはよくわかりませんね~。とてもイイ歌手だと思うんですけど、日本でウケる要素があるようには思えないんですよ。まあ「洋楽ロックなんて聞いてられるか!」みたいな大人気取りのスカした連中に聞かれていたのかもしれませんけど、何だかよくわかりませんね~。こうやって今の時代に改めて聞いてみますと、音作りは古臭いものの歌そのものは良いですし、ちょいオサレなフュージョン風味のシティポップスに仕上がっていますから十分に楽しめるんですけど、80年代にこういう歌手が活躍出来たという事実の不思議さが、何だか妙に気になってしまうのでありました。

Categorieフィリピン  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2015’12.11・Fri

PAULINE CUETO

ppaulinecueto001.jpg

 フィリピンの歌手ポーリーン・クエトの、今年発売のデビュー盤であります。15歳の新人歌手なんですけど、この娘のことは全く何一つ知らないのですが、ヘロやんとかペンペン子ちゃんも同じ位の年齢でデビューしていますし、今後の期待も込めてのゲットと相成った次第でございます。ルックスもなかなか可愛らしいですし。でもインナーの写真なんかをよく見たら、ほっぺとか額とか結構ニキビ面ですね…。まあまだ10代ですから、キレイになって行くとは思いますけど。

 フィリピンって有望な10代の歌手が続々と出て来る国ですから、ポーリーンちゃんも当然期待の星ってことだと思いますので、楽しみにブツを再生してみたところ…ありゃ、何だかちょっとヘンだぞ?まずは歌がどーのこーの言うより先に、音のバランスがおかしくないですかね~。打ち込みで作られた人工的なバックの音が異様にデカくて、ポーリーンちゃんの歌が引っ込んだ感じになってるし。ポーリーンちゃんの歌が主役のはずなのに、何故か歌がオフ気味になっているのが違和感あるんですよね。そしてポーリーンちゃんの歌なんですが、音作りのせいだと思うんですけど、何だか楽器の一部みたいな淡々とした響きになっていまして、BGMにしか聞こえないんですよ。何と言いますか、観光ハワイアンとかテキトーな作りのディスコ・ミュージックみたいに、わっちには聞こえるのでやんす。

 ぶっちゃけ、コレはプロデュース・ミスでしょう。もっとポーリーンちゃんの歌声を生かすような作りにすれば良いと思うのですが、制作陣がテキトーなやっつけ仕事をヤッテいて、素材を生かそうという意識が全然無かったんじゃないかと感じられるのであります。歌そのものは安定していて結構イケていると思うのですが、それを台無しにする作りじゃあポーリーンちゃんが気の毒でやんすよ。折角念願叶ってデビュー盤を出すことが出来たのに、こんなに訴求力の低い仕上がりだなんてね~。まあ本人はブツを出せただけで嬉しいのかもしれませんけど、本当にこの作りで納得しているんでしょうか?う~む、わっちは納得出来ないんですけど、わっちみたいな部外者があーだこーだ言ったところで仕方ないか…。もし次作があるのであれば、もっとちゃんとしたプロダクションで歌ってもらえたらと思います。

というワケで、YOUTUBEが使えませんので今回も試聴の貼り付けは無しでやんす。

Categorieフィリピン  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOPBack