FC2ブログ
2019’02.14・Thu

CDの山の中に埋もれていたブツ~PAT METHENY & ANNA MARIA JOPEK 「UPOJENIE」

ppatanna001.jpg

 ジャズギタリストのパット・メセニーと、ポーランドの歌手アナ・マリア・ヨベックによる2008年のアルバムです。一体何故こんなブツをゲットしたのかはよくわかりませんけど、たまにわっちは自分でもよくわからない気まぐれを起こしますので、何となくジャズ気分だった時に買ってしまったのでありましょう。ブックオフの500円棚で見つけたのは覚えているんですけどね~。

 基本的にわっちはパット・メセニーなんて人のことは全然知らなくて、リンダ・マンザーのアコギを使用していることぐらいしか存じておりません。まあジャズ好きの間では高名なギタリストですし、わっちは以前このおっさんが気まぐれで(?)リリースしたノイズ・アルバムを持っていたことがありますが(既に売り払ったけど)、通常はどういうタイプの音楽をヤッテいるのかは知る由もありません。当然、歌手の伴奏をヤッタりする人なのかどうかも知りません。しかしここで聞けるメセニーさんのギターは、アナ・マリアという誰だかわからない歌手の伴奏の割にはあまり自己主張をせずにシッカリと歌のサポートをしておりまして、なかなかに高感度は高いです(当然弾きまくりの曲もありますけど)。

 しかも音楽的にはジャズ・ヴォーカルというよりはエキゾな感覚が漂うフォーク又はロックという感じで、ジャズに馴染みが無い人にも聞きやすいかと思います。と言いますか、ちょいと神秘的な雰囲気が漂う東欧の黄昏みたいな感覚の音楽ですので、思わず引き込まれてしまう人も多々いらっしゃるんじゃないでしょうかね~。消え入りそうに儚いアナ・マリアさんの歌声も実に美しいですし、音楽に落ち着きとか癒しとかを求める人には是非お薦めしたい作品に仕上がっていると思います。

 とりあえずわっちはこの盤を聞いて、メセニーさんよりはアナ・マリアさんの方に興味が出て来てしまいましたので、もし他に何か盤を出しているのなら是非聞いてみたいと思う今日この頃。検索してみるとポーランドでは高名な歌手のようですし、アルバムも多々リリースされているようですから、いつかどこかで入手したいと思っております~♪
スポンサーサイト

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2019’02.12・Tue

JULIA FORDHAM

pjuliafordham001.jpg

 イギリスのシンガーソングライター、ジュリア・フォーダムの、1988年のデビュー盤であります。邦題は「ときめきの光の中で」ですね。別にどうでもいい話なんですが、わっちはこの盤が出た時にすぐにゲットしてその素晴らしさに感動し、周りの友人に「ジュリア・フォーダムってめっさエエで!」と言って聞かせまくったことがあります。しかし誰一人として関心を持ってくれず、完全に無視されたのでありました。しかしその1年後ぐらいに日本のドラマか何かでこの盤の1曲目「HAPPY EVER AFTER」が使われて、大ヒットしたんですよ。そうしたら、1年前にこの曲を聞かせた時には完全に無視した連中が、わっちにこんなことを言って来たんですよ。「ジュリア・フォーダムってめっちゃエエやろ。知ってるか?」などと。何を言うとんねんキサマ!わっちが1年前にめっさエエでって聞かせたった曲やろが!シバいたろかこのアホんだらーっ!!と思ったのは言うまでもありません。

 以上、ジュリア・フォーダムのデビュー盤のレビューでございました。失礼致しました~・・・って、全然レビューになっていませんね。一応もう少し書いておきますと、実はめっさ好きだったこの盤、その後ワールド系音楽を色々と聞きまくるようになって、さっさと売り払ってしまったんですよ。しかし最近になって妙に聞きたくなって来まして、ブックオフの280円棚でゲットして来たのであります。まあ当時は素晴らしい音楽に聞こえても、今の耳で聞くと「?」ということもよくあることですから、恐る恐る聞いてみますと・・・やっぱり「めっさエエで!」と人に聞かせまくった盤だけあって、今聞いても素晴らしいと思います。南アフリカの音楽を取り入れていたりジャジーだったりファンクだったりする音楽性と、奥行きのあるダイナミックな音作りは、表現方法は違うにせよピーター・ガブリ寄りに通じる所もありますし、ソウルフィーリングに溢れた低い声も魅力的で、実に聞き所は多いと思います。聞き直してみて、改めて優れた盤だと思った次第であります。

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2019’02.10・Sun

メリケンドラマ「フレンズ」

pfriends001.jpg

 英語のお勉強の本とかサイトなんかを見ていますと、非常に良い教材として頻繁に名前が挙げられているのが、アメリカのコメディドラマ「フレンズ」であります。すぐに使える日常会話表現満載のドラマとして非常に評価が高いですし、しかも内容がメチャクチャに面白いということで、わっちも見てみたいと思っていたんですよ。それで先日ブックオフでこのドラマのDVD3枚組が500円で売っていましたので、試しに買ってみたのであります。どんなに面白いのかな〜なんて、めっさ期待しつつ。

 で、実際に見てみたんですよ。全っ然面白くねえじゃん!昔のドリフみたいにわざとらしい笑い声が被せてあるし、ドラマの内容自体ちっとも面白くないんですよ。何じゃこりゃ?このドラマを見て、一体どこで笑えば良いのでしょうか?う〜む、アメリカン・ジョークは理解出来ん。あまりに面白くないので全く見る気がしないのですが、リスニングとか会話のお勉強だと思って見るしかないのかな〜。それか、もっと他のドラマとか映画を見る方が良いのかな?何か面白いドラマをご存知の方がいらっしゃったら、是非お教え下さいませ~♪

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2019’01.13・Sun

CDの山の中に埋もれていたブツ~MARTIN CARTHY 「THE COLLECTION」

pmartincarthy001.jpg

 英国フォーク界の重鎮マーティン・カーシーの、1993年発売の15曲入りベスト盤であります。わっちにはイライザ・カーシーの親父として馴染みのあるおっさんですが、歌手としてもギタリストとしても非常に高く評価されているおっさんであります。しかしですね、実を言いますと以前のわっちには、このおっさんを含めて英国フォークに対してちょいと苦手意識があったんですよ。

 と言いますのも、わっちが一番最初に聞いたブリティッシュ・フォークは、名門中の名門との誉れ高いウォータースン一族による無伴奏シンギング20曲入り盤だったのですが、もう何が良いのかさっぱりわからなかったのであります。どいつもこいつもやたらと気張ったウンコみたいな歌い方をしていて、本当に「クソ音楽」だと思ってすぐに叩き売ってしまったのであります。その後マーティン・カーシーの盤も聞いたのですが、やっぱりウンコ歌唱にしか聞こえなくてすぐに叩き売りました。そんなワケで苦手意識がなかなか消えなかったのですが、アン・ブリッグスやフランキー・アームストロングを聞いてちょいと苦手意識が薄れ、そして完全粉砕してくれたのが娘のイライザ・カーシーなのであります。

 言ってみればマーティン・カーシーってわっちの恩人の親父ですから、いつかはちゃんと聞き直さなければならんな~と思っていたのですが、ブックオフの500円棚に転がっているのを偶然発見しましたのでゲットしたのであります。そして以前はウンコ歌唱にしか聞こえなかった歌が現在の耳にはどのように聞こえるのか興味津々で再生したところ、素朴ながらも実に味わい深い歌(とギター)に聞こえまして、わっちは一体何をそんなにウンコだと感じたのかがよくわかりません。う~む、とってもステキじゃないですかマーティン・カーシー。わっちはスッカリと見直してしまいました。よ~し、この調子でウンコ集団のウォータースン一族の歌も聞くぞ!・・・イヤイヤ、マーティン・カーシーの嫁さんのノーマ・ウォータースンだけはどうしても生理的に受け付けないな。

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2019’01.12・Sat

CDの山の中に埋もれていたブツ~LUIS MANHITA 「PROCURA」

pluismanhita001.jpg

 わっちの嫁さんの両親は年に何回も海外旅行へ行くんですけど、わっちの音楽キチガイぶりを良く知っていますので、訪れた国の音楽のCDをお土産として買って来てくれることがあるんですよ。勿論わっちみたいな音楽キチガイではありませんから、その国の音楽のことを知っているはずもなく、CD屋に行ってその時に地元で人気がある盤を買って来てくれるワケであります。で、今回の盤はポルトガルのお土産として買って来てくれたルイス・マニータ(と読むのかな?)という歌手のアルバムでありますが、表記が無いのでいつの盤なのかはよくわかりません。でも内容の方はいつの時代なんてことがどうでもよくなるような伝統的ファドでありまして、ポルトガルではこういうファドが未だに人気があるのかと思うと、何故だかちょいと嬉しくなってしまいますね~。

 基本的にわっちは女性歌手専門って感じですので、こんなハゲたおっさん歌手になんて興味のカケラもありませんけど、せっかくお土産に買って来てくれた盤ですから、ありがたく聞かせていただいたのであります。するとコレがなかなかイイんですよね~。バックの演奏はポルトガル・ギターとギターだけという極めてシンプルな編成なんですが、実に良い音で鳴っているんですよ。この音をバックにジョアナ・アメンドエイラが歌えば、即名盤が出来上がるって感じですね。残念ながら歌っているのはハゲたおっさんですが、しかしこのおっさんが良か声ばしとるんですよ。朗々と響く美しい声でありまして、ファドの世界って力一杯声を張り上げる女性歌手が多いというイメージがありますけど、そんな女性歌手達とは一線を画する歌声ですね。女性歌手専門のわっちの耳にさえも心地好く響く歌声であります。へ~、ハゲたおっさんのクセに(?)なかなかヤルじゃないですか。

 最近は、と言うかここ数年はマトモにファドなんて聞いていませんでしたし、バリバリに伝統的なファドってどちらかといえば苦手なんですけど、コレは素直に良いと思えますね~。ファドって良い演奏に良い歌手が揃えば本当に魅力的な輝きを放つ音楽であるということを、今回改めて実感した次第でございます。

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOPBack