FC2ブログ
2018’11.29・Thu

THE ROLLING STONES 「LET IT BLEED」

prollingstones001.jpg

 実はわっちはローリング・ストーンズの盤って1枚も持っていなかったんですよ。昔っからわっちは天邪鬼なところがあるのですが、ビートルズとストーンズに関しては誰もが褒めているだけに、かえって意地でも聞かないって感じだったんですよね~。しかし最近になってやっとそんな気持ちも薄れて来まして、ビートルズはアルバム全部聞いてみたいと思うようになりましたし、ストーンズについても機会があれば聞いてみようと思っていたのであります。そんな折にブックオフの500円棚に名盤との誉れ高いこの1969年盤を発見しまして、こりゃ幸いとばかりにゲットしたのでありました。

 あ、別にどうでもいい話なんですが、「ストーンズ大好き!」なんて言ってるヤツに限ってこのバンドのギタリストをキース・「リチャード」って呼ぶのは何故なんでしょうか?綴りはRICHARDSって書いてあるから「リチャーズ」でしょう・・・という話は置いといて、この盤はわっちにとって初めてのストーンズ盤になったワケですが、コレはなかなかに良いではないですか!ブルースだのニューオーリンズ音楽だのを下敷きにしたロックンロールは、米国黒人音楽への憧れが素直に出ていてとっても微笑ましいと思います。へ~、昔のストーンズってこんなにカワイイ連中だったんですね。メチャクチャにうるさくて耳障りだった昔のビートルズとはエラい違いですね~。

 この音楽を聞くと、ストーンズって黒人音楽を下敷きにしながらも絶妙に黒人音楽ではないところがウケたのかな~って気がしますね。黒っぽいけどやっぱり白いところに、白人達が「オラが音楽」みたいな意識を持ったんでしょうし、だからこそ世界的なバンドに成り得たのでありましょう。黒人のブルースマンで、ストーンズのことを「ブルースに成りたかったけど成り損なった連中」みたいに言う人がいたりしますが、ブルースに成り損なったからこれだけの人気を誇るバンドになったワケでありまして、それはそれで良かったのではないかと思いますね~。

 そんなストーンズのコチラの盤、あまりに黒人音楽をパクリ過ぎという気も致しまして、何故それ程までに評価が高いのかよくわからない部分があるものの、黒人音楽が極めて限られたマニアックな人間にしか聞かれていなかった時代に出てきたからこそ、物凄いインパクトがあったのだと思われます。個人的に知っている曲が1曲も無いということで、イマイチ親しみにくいところはありますが、60年代の録音にしては生っぽい良い音ですし、溢れんばかりのエネルギーは感じられますから、なかなかカッコイイ音楽だと思います。次にストーンズの盤をゲットするなら、もうちょっと知っている曲が入っているブツを買ってみたいですね。そうしたら、また違った聞こえ方がするかもしれません。
スポンサーサイト

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2018’11.18・Sun

THE BYRDS 「MR.TAMBOURINE MAN」

pbyrds001.jpg

 1980年代アメリカのインディーズ・シーンを席巻していたペイズリー・アンダーグラウンドなるムーヴメントガあるのですが、わっちはその系の音楽が大好きでありました(今も好きですけど)。R.E.M.だのレイン・パレードだのドリーム・シンジケートだのグリーン・オン・レッドだのバングルスだの、色々な連中がいて本当に面白かったんですよね~。そのペイズリー・アンダーグラウンドを語る時によく引き合いに出されていたのが、今回取り上げますザ・バーズであります。特にR.E.M.なんかはバーズと比較されることが多かったと記憶しております。R.E.M.の連中は、それをとっても嫌がっていましたけど。

 ペイズリー・アンダーグラウンド大好きなわっちでありますが、実はバーズを聞いたことはこれまで一度も無くて、機会があれば聞いてみたいとは思っていたものの、なかなかブツを入手出来なかったんですよね~。しかしこの度ブックオフの500円棚にて1965年のデビュー盤を発見し、これ幸いとばかりにゲットしたのでありました。基本的にバーズの盤なんて安棚に出て来ることなんてありませんから、めっさラッキーだったと思います。

 で、初めて聞いたバーズでありますが、めっさわっちの好きなタイプの音楽ですね。美しいメロディに柔らかなハーモニー、そしてちょいとサイケでドリーミーな12弦ギターの響きは、レイン・パレードと最初期のR.E.M.と足したような音楽性は、まさにわっちが好きにならないはずがないという音であります。1960年代中頃のフォーク・ロック・ムーヴメントの幕開けを飾ったと評価されている盤でありますが、こんなにも良い音楽なのであれば、もっと早く聞いておきたかったかな~って思いますね。

 基本的にわっちは80年代よりも前の洋楽(と言うか、ロックですね)に関しては知識も体験もスッポリと抜け落ちているのですが、こういう瑞々しいロックを聞きますと、温故知新と言いましょうか、もっと色々と聞かねばならんかな~って思いますね。わっちがとっても信頼しておりますおやぢ様のブログを参考にさせていただきながら、ボチボチと聞き進めて行けたらな~と思っております~♪

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2018’11.11・Sun

激しくどうでもいい話~何故だか妙に

 昨日から本日にかけて嫁さんの実家方面に行っていた、ころんでございます。嫁さんの実家の近くには(実際はそんなに近くないんですけど)ブックオフが2軒ありますので久し振りに行ってみたところ、面白そうなブツが何枚か見つかりましたので、その内取り上げたいと思っております。まあそれはイイとして、先日エイミー・マンのクリスマス・アルバムを取り上げましたけど、その後何故だか妙にエイミー・マンのことが気になり出したんですよね~。で、エイミー・マンの傑作アルバム「ロスト・イン・スペース」を、特に1曲目の「ハンプティ・ダンプティ」を何度も繰り返し聞きまくっているという、ただそれだけの話です。

傑作盤!
paimeemann003_20181111203558e04.jpg

 やっぱりエイミー・マンは良いです。歌はちっとも上手くありませんけど、妙に説得力があって人の心を落ち着かせる響きがあるんですよね~。最近は一体何をヤッテいるのか知りませんけど、個人的に大好きな歌手の一人です。

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2018’11.09・Fri

AIMEE MANN 「ONE MORE DRIFTER IN THE SNOW」

paimeemann005.jpg

 時期的にはまだ早いですが、ここらで一発クリスマス・アルバムでも取り上げておきましょうか。わっちの大好きなメリケンのシンガーソングライター、エイミー・マンによる2006年発売の盤でありますが、全10曲中6曲がスタンダードなクリスマスソングで、自作曲は1曲しかありません。それでもトータルとしてエイミー・マンの色に染め上げているというのが流石です。いつも通りの地に足の着いた演奏、説得力のある歌、やっぱりエイミー・マンにハズレはありません。素晴らしいと思います。

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2018’10.12・Fri

理亜るなジャズ記録~MATCHING MOLE

pmatchingmole001.jpg

 皆様今晩は。私老化防ぎ隊の理亜です。今回取り上げますのは、ロバート・ワイアットが在籍したことで有名な(?)マッチング・モールの1972年のアルバムで、邦題は「そっくりモグラ」です。私は全然知らないバンドでしたが、ころんさんは学生の頃にちょっとロバート・ワイアットに興味を持った時期があったらしく、その頃はまだこの作品はCD化されていなくて、LPが法外な値段で取引されていたんだそうです。でも今やブックオフの500円棚で見つかるのですから、良い時代になったのか、それとも単に音盤という物が過去の遺物になりつつある時代というだけのことなのか、よくわかりませんね。

 ところでこの作品はプログレッシヴなジャズ・ロックなんて言われていて、だからころんさんがジャズ担当の私に回して来たようなのですが、私にはなかなか難しいアルバムですね。ジャズかと言えばジャズではありませんし、だからと言って単純にロックとも言い切れませんし、ジャンルに捉われないその自由な発想が良いということにはなるのかと思いますが、私はアルバム全体を覆っている沈鬱な雰囲気にちょっと馴染めないのです。プログレファンの方々にはこのヨーロッパ的な沈んだ感覚がたまらないのかもしれませんが、私には荷が重いですね。個人的にロバート・ワイアットの歌が苦手ですので、歌入りの曲が1曲目だけで後は基本インストというのは助かりますけど(ファンの方々、申し訳ございません!)、それでもやっぱり息苦しさは否めません。ころんさんは「やりたいように展開している、シャープ且つダラダラした演奏がなかなか良いではないですか」なんて言ってますけど、だったら自分でレビューして下さいと言いたくなってしまいました。

「自分でレビューして下さい。」by理亜
pria020_20180917184629d13.jpg

 以上、私老化防ぎ隊の理亜がお送り致しました。皆様が今後も素敵な音楽に出会えることを願っております。

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOPBack