2017’03.28・Tue

SOLES 「DESAFIO」

psoles001.jpg

 ブックオフの280円棚の洋楽の「D」のコーナーを見ていた時のこと、1枚のブツをヒョイと取り出してみると、「SOLES」と書いてあるオバハン3人組ジャケの盤でありました。「何じゃこりゃ?」と思って裏を見てみると、曲のタイトルはスペイン語ですし、ブツの生産国は記載が無いものの「SEVILLA」の文字がありますので、多分スペインのオバハン3人組グループなんだろうな~ってことで、何だかよくわかりませんけどゲットしてみた次第であります。とりあえずネットで検索してみたのですが、このオバハン達のことはよくわかりませんね~。

 まあ一体何者なのかはわからなくても、音楽自体が面白ければいいやってことで再生してみたのですが、フラメンコ~ラテンの要素が強いポップスを歌っていますね。聞けば確かにスペインのポップスだな~って音楽ではありますが、安直な打ち込みを中心とした音作りが何だかな~って感じですね。メロディは何故だか一昔前の日本の歌謡曲に通じるモノがありまして、例えばWINKなんかが歌っていてもおかしくなさそうなタイプの曲があるのは、歌謡曲ファンには意外に受け入れやすいのかな~って気も致します。しかし常にオバハン3人がユニゾンで歌っておりまして、3人とも響き成分が少ない伸びの無い声ですので、歌としての魅力はあまり無いんですよね~。う~む、何だか困ったブツじゃな~。

 とりあえずは、迫力のあるフラメンコ歌唱のポップスでも聞けたらイイな~なんて思ってゲットしたブツでありますが、全然違いましたね~。メロディは悪くないんですけど、打ち込み中心の音作りはイケてないですし、オバハン3人の歌には魅力が無いですし、しかもルックス的にも単なるババアですし、イイとこ無し状態であります。地元ではこんなオバハン達が売れたりするんでしょうかね~。まあヨーロッパとかは熟女好きが多いと聞きますが、だからってこんなオバハン3人組が売れたりするとは思えないんですけど、実際のところはどうなんでしょうか?何にしても、コレは売り払うしかないかな?
スポンサーサイト

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2017’03.08・Wed

BRAVE COMBO 「MUSICAL VARIETIES」

pbravecombo002.jpg

 アメリカの変なポルカ・バンド、ブレイヴ・コンボの1989年発売の24曲入り編集盤です。邦題は「バラエティ・ミュージック」となっております。この連中のブツは以前1988年に発表された「ヒューマンズヴィル」というアルバムを取り上げたことがありますが、頭で作り上げた感じでの作品でありまして、悪くは無いけどそれ程気に入ったワケでもありませんでした。凄く頭が良い連中というのはわかるんですけど、もっとパーっと弾けた感覚が欲しいな~っていうブツだったんですよね。ですのでアレ以来この連中に興味を持つことは無かったんですけど、先日ブックオフの280円棚で今回取り上げますブツを発見しましたので、特に何の期待もすること無く試しにゲットしてみた次第であります。

 コチラのアルバムでありますが、80年代前半に発表された音源を集めた作品となっております。中村とうよう氏が高く評価したことで大評判になった「ヒューマンズヴィル」よりも後に出たアルバムですが、録音はそれよりも前でありまして、基本的に自主制作盤の音源となっていますね。それだけにヤリたいことをヤリたいように嬉々としてヤッテいるのがビシバシに伝わって来まして、頭でっかちだった「ヒューマンズヴィル」よりも遥かに楽しめる作品になっているように思います。自作曲もカバー曲も入り乱れているのですが、どれもこれもポルカをベースとしたダンス・ミュージックになっていまして、聞いていてとにかく楽しいんですよね~。取り上げている曲は実に幅広く、マニアックな白人って本当にイカレているヤツが多いな~と実感致しますね。

 それにしてもこの盤で聞ける怒涛の勢いに溢れる演奏は、一体何事なんでしょうか?頭でっかちなところは微塵も無く、ヤッテいる音楽は違いますけど、まるでデビューした頃のフィッシュボーンみたいに大暴れしているんですよね~。しかも徹底したハッピー・ミュージックに仕上がっていますので、コレはみんなで楽しく踊るしかないって感じであります。イイですよね~、こういう聞いていて笑顔になれるような楽しい音楽って。演奏もめっちゃくちゃに上手くて、特にサックスが物凄く良い音で鳴っているのが個人的にめっさ心地好いです。この盤にはライヴ音源も収録されていますので、各メンバーの腕の良さを確かめる事が出来ますよ!

 ところでこの盤で聞ける音楽はポルカをベースにしているとは言え、ロックンロールやジャズなんかの要素も入っていますし、テックスメックスやスカやレゲエ、タンゴやサンバやチャチャチャやマンボ等々のラテンの要素も極めて強く、その見事なミクスチャーぶりには驚嘆させられますね!元々ポルカという音楽が何でも呑み込める奥深さを持っているのかもしれませんが、色々な要素を消化吸収して一気にブチまけるだけの能力を持ったブレイヴ・コンボというバンドは、極めて優れた音楽集団なんだな~などと、今更ながらに実感しているわっちなのでやんす。

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2017’03.06・Mon

MARIA ANA BOBONE 「SENHORA DA LAPA」

pmariaanabobone001.jpg

 ポルトガルの歌手マリア・アナ・ボボンの1998年のアルバムです。実は全く見たことも聞いたことも無い歌手なんですけど、たまたまブックオフの500円棚で見つけまして、ジャケの雰囲気もイイ感じでしたので試しにゲットしてみた次第であります。先日カティア・ゲレイロの盤をネタにしましたし、ファドにちょいと興味が出て来ましたので。ただ、オビを見ますと「天使のような美しい歌声と、ハンブルク・スタインウェイのフル・コンサート・ピアノの響き合いが、リスボンのゴシック教会に満ち溢れる!」なんて書いてありまして、「ん、ファドではない音楽なのかな?」なんて思ったりして。

 で、実際に聞いてみますと、これは全然ファドではないですね~。オビに書いてある通り、ゴシック教会に響き渡る賛美歌みたいな宗教音楽的雰囲気を醸し出しております。かなり厳かな感じがありまして、わっちみたいな不届き者にはちょっと近寄り難いって気もしますね~。基本的にピアノの伴奏と歌だけの音楽なんですけど、純化された美しさがシッカリと感じられますし、意外な色彩感もありますので単調ということは全然無くて、途中で聞き飽きるということは無いんじゃないかと思います。そして、多分ですけど、この美しいピアノの響きはクラシック好きの方には結構親しみ易いんじゃないかと思いますね~。ポピュラー音楽的なノリとかスウィングとかがあるピアノではないですから、拒絶反応が出る人もいらっしゃるかと思いますけど。

 ちょいクラシック的な感じがする音楽ではありますが、マリアさんの歌はクラシックのキンキンうるさい唱法ではありませんのでご安心を。ファドの歌い方を取り入れた部分もあると感じられまして、良く響く朗々とした歌を聞かせてくれますが、ファドの歌手みたいに強い歌というワケではなくて、聞く者を癒すような優しい響きがあるのがよろしいかと思います。ファドに親しまれている方にはそこが物足りないと感じられるかもしれませんが、わっちみたいなファドがちょい苦手な者には、このソフトさが丁度イイって感じであります。この声で本格的なファドを歌ってもらえたら、わっちは大ファンになってしまうかもしれませんね~。

 まあぶっちゃけ言いますと、ポピュラー音楽的なノリを持った音楽ではありませんので、聞いていてそれ程楽しいと感じられるタイプの音楽ではないと思います。でもエンヤなんかの音楽と同じような美しさがありますし、心を静かにする鎮静効果があると思われますから、ちょいと心を落ち着けたい時なんかにはかなり効くんじゃないですかね~。忙しくてイラつくことが多い日常を過ごしているわっちみたいな人間は、折に触れて聞くべき音楽なのかもしれませんね。

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2017’03.02・Thu

赤点先生の音楽添削~D TRAIN 「THE BEST OF D TRAIN」

pdtrain001.jpg

 みなさんこんばんは~、ヒワイイ大使のはりーなのです~。今年初登場なのです~。今年も宜しくお願いします~。今回の「赤点先生の音楽添削」で取り上げるのは~、アメリカのディスコミュージック・グループって言っていいのかな~、Dトレインの1988年発売のベスト盤なのです~。ころんさんがブックオフの500円棚で見つけて来てくれたのです~。Dトレインの盤なんて市場に全然出回ってないのに~、ブックオフで見つけて来るんだから~、やっぱりころんさんってとんでもない音盤ハンターなのです~。

 Dトレインの音楽はディスコミュージックって言われてるけど~、それよりもシンセ・ファンクって言った方がイイと思うのは~、はりーだけかな~?ちょっとチープなシンセの響きとファンクビートが~、かえって生身の肉体性を感じさせたりするんだけど~、それはプリンスのスカスカファンクにも通じるところがあると思うのです~。音的には如何にも80年代的なプロダクションって感じなんだけど~、この肉体性があるから~、全然古さを感じさせないと思うのです~。と言うよりも~、今の時代に聞いたらこのシンセサウンドは~、とても新鮮に感じられると思うのです~。

「新鮮だと思うのです~。」byはりー
phiwaiihari023_20170302221812fde.jpg

 ところでこのベスト盤だけど~、全10曲入ってて~、ベスト盤にしては曲数が少ないんだけど~、実はDトレインの主なヒット曲が~、ロングバージョンで収録されているのです~。原曲じゃないバージョンを入れておいて何がベスト盤なの~?って気もするけど~、カッコいい曲はロングバージョンにしてもカッコいいし~、ロングバージョンにすることでシンセサウンドの面白さがシッカリと楽しめるようになってるから~、意外にお得盤かな~って思うのです~。特にシンセが炸裂してる5曲目の「D TRAIN(THEME)」は~、もうめっちゃくちゃにカッコいいのです~。本当にシビレますよ~♪もちろん他の曲もカッコいいのばっかりだから~、聞き所は満載なのです~。バリバリにシンセを使ってるファンクでこんなにカッコいいモノを聞いたのは~、ロジャーの「アンリミテッド」以来かな~って思います~。

 とにかくい音がカッコいい音楽なんだけど~、力強くて男っぽいヴォーカルも素晴らしくて~、ヴォーカルミュージックとしても聞くことが出来ると思うのです~。ディスコっぽいからって軟弱なところは一切無いし~、ちゃんとソウルが感じられる歌だと思います~。クセは少なくてスッキリと聞けるスマートな歌だけど~、昔ながらのソウルとかR&Bの心を受け継いでるんじゃないかな~って思うのです~。カッコいい音にソウルフルな歌で~、やっぱりDトレインは本当に素晴らしいと思うのです~。だから~、赤点先生の採点は~、95点なのです~。Dトレインの盤なんて滅多に見つからないと思うけど~、もし見かけることがあれば即ゲットして損は無いと思うのです~♪

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2017’02.28・Tue

VICKY 「BEST」

pvicky001.jpg

 ギリシャ出身の歌手ヴィッキーの、1989年に発売された日本編集の18曲入りベスト盤です。このブツをゲットしたのはもう何年前になるかよく覚えていませんが(多分90年代ですね)、ゲットした当時は頻繁に聞いた記憶があります。ヴィッキーはドイツやフランスで活躍する傍ら、60年代後半から70年代前半にかけて日本語歌唱の曲を日本でリリースしていまして、外国人アイドル歌手としてはかなりの人気を誇ったみたいです。わっちはリアルタイムでヴィッキーの活躍を目にしたことはありませんけど(世代的にもうちょい後ですので)、何故か子供の頃からヴィッキーという歌手がいたのは知っていましたね~。

 ところで何故今頃こんな盤を取り上げるのかと言いますと、ブックオフでボックスに「VICKY」と書かれた4枚組のブツを見つけたからであります。「ヴィッキーって一体どこのヴィッキーじゃろ?」などと思いつつ、750円と安かったこともありますので試しにゲットしたのですが、調べてみるとどうやらヴィッキー・レアンドロスのことらしく、このベスト盤の歌手と同一人物ということがわかりましたので、とりあえずは棚からこのブツを引っ張り出したというワケであります。ゲットした4枚組はその内取り上げたいと思いますが、まずはこのベストからおさらいしようかな~ってことで。

コチラが4枚組
pvicky002.jpg

 このベスト盤にはフランス語で歌われる「恋はみずいろ」や「悲しき天使」のような大ヒット曲も収録されていますし、英語の「星空のマサチューセッツ」なんかもあれば、日本語で歌われる曲も色々入っていますし、西側諸国や日本で活躍したという足跡が何となく窺えるような作りになっていると思います。あの時代のポップスですから3分前後の親しみ易くて覚え易い曲が揃っていますし、誰でもスンナリと楽しめるんじゃないかと思いますね~。日本語の歌は所謂外国人発音の日本語ではありますが、極悪人アグネス・チャンとかよりは遥かに上手い日本語です。そして子供の頃から鍛えていたという歌はかなり本格的で、アイドルの範疇には収まらない歌唱力を持っていると思います。エキゾな顔立ちの美人さんだったということもあって、日本でもかなりの人気が出たというのがよくわかりますね。

 久~し振りに聞いたこの盤ですが、やっぱりイイですね~。昔のナツメロポップス気分にどっぷりと浸ることが出来る、実に楽しい盤だと思います。な~んてことでヴィッキー気分が盛り上がって来たところで、先日ゲットした4枚組にジックリと取り組んでみようかと思っている今日この頃。4枚組には日本語曲は入っていないはずですが、ボーナストラック入りまくりの全76曲、堪能したいと思っております~♪

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOPBack