FC2ブログ
2019’10.29・Tue

SOUAD MASSI 「OUMNIYA」

psouadmassi005.jpg

 そう言えばスアド・マシって好きだったな~。アルジェリア出身のシンガーソングライターですが、2003年の「デブ」とか2006年の「メスク・エリル」なんかは日本でもそこそこ話題になりましたし、アラブ・アンダルース音楽を体現しているフォーク系の歌手として、ワールド系音楽ファンの間ではかなり評判になったものでありました。もちろんわっちも大好きな歌手だったんですけど、その後はあまり話題になることも無く、ブツの入手が難しかったこともあって、スッカリと忘れ去られた存在となっておりました。しかしこの度SPOTIFYで偶然引っ掛かって来ましたので、久し振りに聞いてみたのでありました。

 それにしてもまだこの人が活動しているなんて思っていなかったのでありますが、あの頃の美貌は何処へやらという感じのババアになってしまっていて、ちょいとショックではあります。まあそれは置いといて、この人の音楽ってアラブ風味のシャンソン・フォークという感覚が強かったように記憶しておりますが、この今年発売のアルバムで聞ける音楽も大体そんな感じですね。曲によってはべらんめえ調のシャアビの要素があったりして、アラブのストリート感覚を表現していたりはするものの、やっぱり基本は哀愁漂う美しいシャンソン風フォークソングの人だな~って感じですね。曲の節々からアラブの要素は零れ落ちては来るものの、もっとアラブ的な要素が強い方が好みのわっちには、あまり積極的に聞きたいと思える音楽ではないですね~、申し訳ありませんが。
スポンサーサイト



Categorie中近東  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2019’10.27・Sun

NABYLA MAAN 「DALALU AL-ANDALUS」

pnabylamaan001.jpg

 SPOTIFYサーフィンをしていたらですね、全然知らない歌手が引っ掛かって来たんですよ。それがこのナビラ・マーンという歌手なんですが、何だか美人さんっぽいですし音楽的にも良さそうな感じがしますので、聞いてみた次第であります。やっぱりパッと見で美人さんっぽいというのは、実に聞く気になりますよね~。「常にルックスから入る」わっちですので、見た目は大事なのであります。あ、盤の制作者の方々にお願いしたいのですが、女子歌手のジャケには、出来る限り綺麗に撮影した本人の写真を使って下さいね。わっちみたいな見た目重視のケーハクな音楽ファンが、必ず引っ掛かって来ますので。

 というどうでもいい話はさて置きコチラのナビラさんでありますが、見た目通りの実に美しくも麗しい歌声を聞かせてくれるじゃありませんか!巧みなコブシ回しが印象的な伸びやかで優しい歌声は、エジプトのアンガームとかレバノンのマージダ・エル・ルーミーなんかを思わせるところがあって、とても耳に心地好いです。アラブ音楽の影響が非常に大きいですが、アンガームみたいにバリバリのアラブ歌謡ではなくて、全体的に地中海的なヨーロッパの香りがブレンドされているのがイイ感じです。今回取り上げるのは2017年発売のアルバムですが、タイトル通りのアラブ・アンダルース音楽って感じなのが実によろしいですね~。うわ~、めっさ好きだわこの音楽!

 調べてみるとナビラさんって、モロッコ出身のシンガーソングライターらしいですね。モロッコと言えばすぐにグナワを思い浮かべてしまいますが、地中海を挟んだ向かい側にはすぐにスペインがありますし、こういうアラブ・アンダルース音楽があるのは以前からマニアの間では知られたところではあります。一昔前(2000年代前半だったか?)には日本でもアラブ・アンダルース音楽が少し盛り上がったことがありましたし、わっちも好きで飛び付きましたけど、わっちを含めていつの間にやら誰も騒がなくなりましたよね。でも地元では伝統を受け継ぎつつこんなにも新鮮な感覚を持った人が出て来ているワケですから、やっぱり一過性のブームだけで終わるのではなく、地道にフォローして行かなければならんな~と思う今日この頃。まあ、だからって現物をタイムリーに入手するのは不可能ですし、SPOTIFYのおかげでやっと色々な音楽を追っ掛けて行く準備が出来たんですけど。

 それにしてもこの音楽、本当に素晴らしいですね!アラブとヨーロッパの要素が絶妙にブレンドされたハイブリッドな音楽にナビラさんの麗しの歌声、そしてジャズなんかの感覚も取り入れたクールでカッコいいバックの演奏、全ての要素が合わさって「美しい」という表現に集約される音楽が出来上がっているワケでございますよ。何度も言いますが、コレは本当に美しい音楽ですね!

Categorie中近東  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2018’08.03・Fri

スーフィーの神秘の笛 トルコ・メヴレヴィー旋回舞踊の音楽

pスーフィー神秘の笛001

 ビクターのエスニック・サウンド・シリーズの31番として1988年にリリースされました、トルコの旋回舞踊の音楽盤であります。この盤の存在は発売当初から存じておりましたが、特に興味がある音楽ではなくて新品でゲットしようとは思いませんでしたし、中古で見かけることも全然ありませんでしたので、結局は聞かないままになっておりました。しかしこの度ブックオフの500円棚で発見しましたので、試しにゲットしてみた次第であります。トルコに行った時に旋回舞踊が行なわれているという場所には行きましたし、機会があれば聞いてみてもイイかな~とは思っておりましたので。

 ところでこのビクターのエスニック・サウンド・シリーズは高音質の日本録音をウリにしている盤が色々と出ていますけど、この盤は残念ながら(?)そうではなくて、イスタンブールでトルコ人スタッフが録音しているようです。まあそれでも内容が良ければ全然問題はありません。実際にこのシリーズには、ピグミーのポリフォニーみたいな現地録音の名盤なんかもありますしね~。で、今回のコチラの盤でございますが、音質がメチャクチャに良いというワケではないにしても、スーフィーの神秘的な雰囲気はよく捉えていると思います。トルコで見学した旋回舞踊が実施されるという場所で流れていた音楽は、まさにこんな感じでしたし。

 この音楽で使われている楽器は葦笛のネイ、弦楽器のケメンチェ、打楽器のベンディルの3種だけですが、悠久の時の流れを感じさせる柔らかい響きとゆったりとした旋律に、心癒される感じがしますね。メルジャン・デデの音楽なんかをお聞きになっている方には既にお馴染みの音かと思いますが、デデから先鋭的な要素を取り除けばこの盤の音楽になるんだと思います。あ、そう言えばトルコで見学した旋回舞踊の施設のお土産屋さんには、デデのCDが置いてありましたね~。地元の方々も、デデの音楽が正しく伝統を受け継いでいると解釈しておられるんでしょうね、きっと。

 まあぶっちゃけ言えばどの曲を聞いても同じような音とメロディばっかりですので、人によっては退屈極まりない音楽に感じられるのではないかと思います。でもこの退屈の権化みたいな延々と続く反復フレーズこそが、神との合一を目指す音楽の真髄なんだと思います。反復こそが精神的な陶酔感をもたらすワケですから。民俗音楽やポピュラー音楽って基本的に反復の音楽ですが、人間って太古の昔から反復の心地好さとか素晴らしさを知っているんでしょうね。

Categorie中近東  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2016’12.05・Mon

興味津々音楽探求~YASMIN LEVY 「SENTIR」

pyasminrevy001.jpg

 皆様今晩は。ヒワイイ大使のめぐりんです。今回の「興味津々音楽探求」で取り上げるのは、イスラエル出身の歌手ヤスミン・レヴィの2009年盤「センティール」です。レヴィさんが歌っているのはセファルディーの歌ですが、セファルディーというのは、15世紀頃のレコンキスタによってスペインを追われたユダヤ人のことです。世界中に散らばって行ったセファルディーの中で、イスラエルに定住している人は10万人ぐらいらしいですけど、そんな中から出て来たのがレヴィさんというわけですね。ころんさんにこの盤を渡された時は、「イスラエル出身の歌手が何故セファルディーの曲?」なんて思いましたけど、イスラエル出身だからこそなんですね~。

 とりあえずはどんな音楽なのか全然想像がつきませんので、早速再生してみますと、ジャズ風味の伴奏でギリシャ歌謡っぽい雰囲気のマイナー調の曲に、ファドみたいな歌が乗っているという、不思議な感覚の音楽が出て来ました。レヴィさんの歌い方って、わたしにはとってもファドっぽく聞こえるんですけど、セファルディーって元々スペイン系ですから、音楽的にファドっぽさがあってもおかしくないですよね(などとテキトーなことを言ってみました)?故郷の地を追われた人達の望郷の念がある歌って感じで、そのサウダージな感覚がファドと共通するって思うのはわたしだけでしょうか?まあファドっぽく感じるのはレヴィさんの歌だけで、音楽的にはジャズの感覚を取り入れた、とてもハイブリッドな感覚のある汎地中海音楽って感じですかね~。ポルトガルから地中海を通じてギリシャとかトルコあたりまでを視野に入れた、とても幅が広い音楽だと感じられます。

「汎地中海音楽ですね!」byめぐりん
phiwaiimegu015_2016120522253411d.jpg

 ところで汎地中海音楽って言うと、レゲエとかヒップホップとかハードロックとか色々な要素をゴッチャに取り入れつつ独自の民族色を出した、ストリート感覚溢れるミクスチャーな音楽を思い浮かべる人も多いんじゃないかと思います。それはそれでとても活力に溢れていて素晴らしく魅力的なものも沢山あると思いますけど、レヴィさんのこの盤は全然違った雰囲気なんですよね~。全体的にとても落ち着いたというか、沈んだトーンで統一されていて、庶民の日常の雑踏みたいな雰囲気はありません。肉体から湧いて出て来たようなタイプの音楽ではなくて、受け継がれて来たものをしっかりと頭の中で再構築した感じの音楽になっていると思います。だから物足りないという人もいらっしゃると思いますけど、肉体感覚が薄い分スッキリと洗練されていて、何だか深く思索しているような音楽になっていますね。わたしにはそこがとても魅力的です。

 収録されているのはマイナー調の曲ばかりで、どれも物悲しいながらも心に染み入るような美しさがあると思います。こんな言い方をすると誤解を招くかもしれませんが、聞いていてとっても癒されますよね。レヴィさんの歌にはファドっぽい感覚があると言っても、声を張り上げるような事はありませんし、アルバムの落ち着いたトーンに相応しい控え目な奥ゆかしさが感じられます。イスラエルの音楽事情は全く知りませんけど、イスラエルにヤスミン・レヴィありと誇れるレベルの、本当に素晴らしい歌手だと思いますよ!

以上、ヒワイイ大使の巨乳担当めぐりんがお送りしました。それではまた次回まで、ご機嫌よう~♪

Categorie中近東  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2016’09.03・Sat

FAUDEL 「UN AUTRE SOLEIL」

pfaudel002.jpg

 先日フォーデルが自身のルーツ音楽を取り上げたブツをネタにしましたが、その時にわっちは「フォーデルのライを聞いたことが無い」と書きました。しかし思い出してみるに、そう言えば確かフォーデルのブツを1枚持ってたよな~ってことで、棚を探してみますとやっぱり出て来ましたよ2003年盤が!確かタワレコの290円バーゲンで数年前にゲットして、聞かずにそのまま棚にブチ込んでしまっていたのでありました。聞いてないんだから、そりゃあ「聞いたことが無い」ってのは当たり前ですよね~。というワケで早速聞いてみましたよ!

 ところが、「コレってライじゃねえじゃん!」わっちは思わず叫んでしまったのでありました、心の中で。わっちとしましては昔のシェブ・ハレドとかシェブ・マミみたいな、コッテコテのライを期待していたんですけど、まあ2003年のブツにそんなことを期待すること自体が間違っているんですが、実際に聞いてみますと、お世辞にもライなんて言えない(?)とっても聞きやすいアラビア~ンなポップスに仕上がっているのでありました。コレは在フランス人によるアラブ風味のおシャンソンポップス?聞きやすいですしオッサレーでカッコいいですから別にコレはコレでイイんですけど、フォーデルによるライと思って聞きましたので、思いっ切り肩透かし喰らってズッコケ~って感じであります~♪でもカッコいいからOKです!

 というワケで、いまだにフォーデルのライを聞くことが出来ておりません。まあライっぽい曲も入っているんですけど、「ライの王子様」ぶりを体験する事は全然出来ませんでしたね~。もしかしたら「ライ」という枠に捉われない曲を取り上げるのがフォーデルの良い所なのかもしれませんし、ちょいと線が細いながらも巧みにコブシを回しまくる歌は実に上手く、聞きやすくて楽しいので文句は無いんですけど、やっぱりもっとコテコテのライを聞いてみたいな~と思う、今日この頃なのでやんす。

Categorie中近東  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOPBack