FC2ブログ
2018’08.01・Wed

DORAN 「PASTORAL HEART」

pdoran001.jpg

 モンゴル自治区出身の馬頭琴奏者ドランの、2015年のアルバムであります。ウチの嫁さんの親からもらった1枚でありますが、一体どこでこんな盤をゲットして来たのかよくわかりません。しかも本人のサイン入りですから、モンゴル・フェアか何かがあってそこで購入して直接サインしてもらったんでしょうね~。おそらく生演奏もあったんだと思われますが、馬頭琴の生演奏だったらわっちも是非聞いてみたかったです。

 ところでこのアルバムは日本制作盤でありまして、ドランさんの馬頭琴、中村通という人の低音馬頭琴、山本朝子という人のピアノによるトリオ編成になっております。正直言って「ジャズじゃねえんだからピアノなんか入れるなよ」って気はしますけど、キーボードとかシンセなんかをブチ込まれるよりは遥かにマシですので、そこは我慢ですね。どうせだったら哀愁のアコーディオンの方がイイんじゃね?などと思ってはみたものの、ゴチャゴチャ考えても仕方ありませんのでとりあえずは聞いてみたところ・・・ピアノ、悪くないと思います。主役はドランさんの馬頭琴であってピアノは伴奏に徹していますから、特に邪魔になるようなことはありません。それどころか、結構効果的に曲の世界を作り上げているかも?

 まあここで聞ける音楽は民俗音楽ではなくて、あくまで現代の音楽としての馬頭琴アンサンブルですから、ピアノの響きを入れるのは当然アリなワケです。多分山本さんってクラシック畑の人だと思われますので、曲にノリとかスウィングを足すという感覚は全く無くて、淡々と情景描写に徹しているという感じですが、だからこそ洗練された端正な演奏をするドランさんとの相性は良かったみたいですね。ノリのあるポピュラー音楽って感じはしませんけど、馬頭琴だけでは出せない彩りがある音楽に仕上がっていると思います。

 ただ、ドランさんの達者な腕前を聞くと、完全ソロで演奏したらどうなるのかな~って興味はありますね。馬頭琴ソロなんてマニアックな世界は、日本だったら一部の好き者しか興味を示さないでしょうし、色々な人が親しみやすいようにトリオ編成にしたという意図はわかりますけど、めっさイイ音質の馬頭琴ソロのCDなんてモノがあったら、わっちは嬉しいです。トリオもイイけどソロもね!ってことで、ドランさんにはソロ盤もお願いしたいと思います~♪
スポンサーサイト

Categorie東アジア  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2018’06.24・Sun

KARA 「THE FIRST BLOOOOOMING」

pkara010.jpg

 一昔前に日本でも超絶人気を誇った韓国の女子グループ、カラの2007年のデビュー盤であります。レンタル落ちの叩き売りで、100円にてゲット致しました。わっちはK-POPなんかには全く何の興味も無いのですが、カラだけは好きなんですよね~。何故って、美人さん揃いだし(一人を除く)反日発言をしないし。元メンバーのジヨちゃんは日本に活躍の場を移して、昨年は素晴らしいソロアルバムを出しましたね。ニコちゃんも唯一美人さんではない(個人的観点ですよ)スンちゃんもソロ盤を出しましたが、まだニコちゃんのブツは聞いていませんので、その内ゲットしたいと思っております。

 ところでこのデビュー盤、ジャケを見ると4人しか写っていません。ジャケ向かって左から、帽子娘のニコちゃん、スンちゃん、ギュリ姐、そして右端は・・・誰じゃオマエ?ブックレットを見るとSEONG HUIと書いてあります。ソンフィと読むのかな?へ~、最初はこんなメンバーがいたんですね。ハラ坊とジヨちゃんはいつから加入したのかな?まあ何にしても、一人を除いてルックスは良いですわな。ハラ坊とジヨちゃんがいなくても、聞く気になるジャケであります。実際に聞いてみますとコレがまた物凄くありがちなR&B風ポップスでありまして、面白くも何ともないのでありますが、メンバー達の歌声は可愛らしいですし、しかも意外に結構しっかりとした歌ですから、なかなか耳に心地好かったりします。日本で大活躍していた頃の猛烈にキャッチーでポップだった曲を知っている者としては、イマイチ印象に残らない仕上がりなのは否めませんが、でもコレがカラのデビュー盤なんだな~と思うと、何だか感慨深いモノがあるような無いような。

 まあぶっちゃけ言ってしまえば、特に聞く価値がある盤だとは思えません。しかしファンだったら持っていてもイイかな~って気がします。スンフィなんてメンバーがいる珍しい盤ですし。それにしても11年前の盤なんですよね、コレって。その間に日本でも人気の絶頂を極め、独立するメンバーが出て来て解散危機を迎え、新しいメンバーを入れて活動を再開し、そしてまた休止状態になっているという紆余曲折を経て来たグループですが、前にも言いましたけど、活躍の場を完全に日本に移してJ-POPグループとして再結成して欲しいものですね~。韓国人からは猛烈なバッシングを受けるかもしれませんが、その時は日本に帰化していただければと思います。

Categorie東アジア  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2018’06.08・Fri

鳳飛飛 「情念国語金曲」

p鳳飛飛001

 先日ブックオフの280円棚でゲットしました、台湾の歌手フォン・フェイフェイの20曲入盤であります。国語とありますから、台湾語の曲を取り上げているということでしょう。このフォン・フェイフェイという歌手はかなり有名な大物歌手らしいのですが、実はわっちは全く顔も名前も知りませんでした。基本オバハンの歌手なんかに興味はありませんしね~。しかし安棚で見かけたこのブツ、見るからに昔の歌手の良さ気な編集盤って雰囲気ですし、言ってみればタイのメーマイプレンタイのシリーズっぽい雰囲気が漂っていましたので、思わずゲットしてしまったのであります。

 実際に内容としましてはナツメロ集とでも言いましょうか、日本の昭和歌謡なんかに慣れ親しんだ人であればスンナリと耳に入って来る、ちょいとノスタルジックな感興を催すような歌謡曲集になっていると思います。日本の昭和歌謡のカバーなんかも収録されているんですけど、意外なところではわっちの大好きな曲、あおい輝彦の「あなただけを」をヤッテいるのがめっさ嬉しいですね~。この曲のオリジナルを聞いたのは本当に幼少の頃でしたけど、その頃から強烈に耳に残っていまして、未だに鼻歌で出て来たりしますし。この曲のカバーを聞けただけでも、わっちにとっては価値があったかと思います。

 フォン・フェイフェイの歌自体は、テレサ・テンと比べれば当然分が悪いものの(テレサと比べたら誰でも分が悪いですが)、真面目な切々とした歌唱にはとても好感が持てます。ちょいハスキー気味の響き成分少なめな歌声は好みが分かれそうですが、人気がある大物歌手だけあって聞き所は十分にあるかと思います。曲も流石に良いモノが揃っていますし、昭和歌謡ファンであれば聞いてみて損は無い歌手だと思いますが、如何でしょうかね~。

Categorie東アジア  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2018’06.04・Mon

CDの山の中に埋もれていたブツ~AMIN 「MY LIFE, MY SONGS」

pamin001.jpg

 中国は上海出身の歌手アミンの2008年のアルバムであります。台湾のマブダチが送ってくれた盤なのですが、他のCDの山の中に紛れ込んでしまい、発見が随分遅れてしまいました。折角送ってくれた台湾のマブダチには申し訳なく思っております。この盤のジャケは以前から知っておりまして、確か日本制作盤ということで一時期どこかでプッシュされていたかと記憶しております。ブックレットを見てみると、やはりプロダクションから何から全て日本人が関わっていて、プロデュースは何とあのゴンザレス鈴木!・・・って、誰じゃそれ?ゴンザレス丸山なら知っていますが。

 音楽的にはジャケからも想像がつく通り、アコースティックな響きを生かしたフォークであります。特筆すべきは録音状態が非常に良い盤ということでありまして、特にアコギの音が実に美しいですね~。弦を指で弾いている様子が見えて来るような、なかなかにクオリティの高い音だと思います。もしかしたらどっかのオーディオ雑誌で優秀録音盤なんて評価されているとか?まあ音の良さと音楽の良さは比例しませんが、この盤はシッカリと比例していると思います。日本制作だけあって日本人が好きそうなしっとり美しい曲がズラリと揃っておりまして、しかもそんな曲がいかにも日本人が好きそうな爽やかなフォークアレンジで演奏されているワケであります。そして曲や演奏の良さを生かす伸びのある実に美しいアミンさんの歌声が、実に心地好いワケであります。

 ただ、日本制作盤の常とでも言いましょうか、日本語で歌っている曲が結構ありまして、中国語歌唱の美しさと比べるとわざわざ日本語で歌う必要なんて無かったんじゃね?なんて思ったりして。まあ日本で売れたければ日本語でという理屈はわかりますし、たどたどしい日本語歌唱が好きという方がいらっしゃるのもわかります。でも、音楽を一番美しく響かせるにはどうすれば良いかということを考えるのが制作陣の仕事だと思いますし、そう考えますとアミンさんの場合は日本語で歌うことがベストの選択だったとは思えないんですけど、如何なモンでしょうかね~?

Categorie東アジア  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2018’02.09・Fri

激しくどうでもいい話~テレサ・テンでも聞くか?

pteresateng001.jpg

 先日ブックオフでテレサ・テンのブツを買ったと言いましたが、そのブツを聞こうと思ってとりあえずはウォークマンに落とそうとしたんですよ。ところが全く全然さっぱりパソに取り込めないんですよ。取り込めないと言いますか、読み取り出来ないんですよ。おかしいな~、一体どうなってんのかな~と思ってよくよく調べてみたら、CDじゃなくてVCDだったんですよ。そんなことパッケージのどこにも書いてないんですよ。わっちは騙されていたんですよ。仕方ないのでVCDを読み込み出来るオンボロ・パソで再生したんですよ。そしたら台湾のマブダチが「肉まん」と呼ぶまん丸顔のテレサが、それはそれは優しくも美しい声で歌っているんですよ。チクショー、どうせだったらCDの音質でジックリと聞きたかったですよ。もう寝ます。

Categorie東アジア  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOPBack