FC2ブログ
2007’09.24・Mon

BUACHOMPOO 「BUACHOMPOO」

gbua002.jpg


 ルークトゥンが9連発と続いてしまったので、ここらでタイのポップスをひとつ。今回は我が最愛のアイドル歌手、ブアチョンプー・フォードを取り上げることにします。


 アイドル歌謡というもの、それは可愛いあの娘が歌っているというだけで元気になれるとか癒されるとか、そういうものだと思います。歌の上手い下手なんてものは関係ありません。ある人はモーニング娘を聞いて元気になったり、ある人はリア・ディゾンを聞いて癒されたり、その人がOKならそれで良しなんだと思います。


 そういう意味では誰にでもアイドル歌謡というものがあるのではないかと思うのですが、私にとっての究極のアイドル歌謡は、タイのアイドル歌手であるブアチョンプー(以下ブアちょんと略します)の01年発売の1STアルバムにあたる本作に尽きるのであります。歌は決して上手いわけではありませんが、そんなことは関係ありません。激萌えの超可愛いルックス、神懸り的な可愛らしい声、ブアちょんがいてくれれば他のアイドルなんて私には必要ありません。ブアちょんが出したアルバムはどれも素晴らしいのですが、本作はブアちょんの持ち味を最大限に生かす可愛らしいメロディとほんわかしたアレンジが本当にメチャクチャ素晴らしい!いつ聞いても癒される歌とメロディの数々。ちょっぴり胸を締め付けられるような切なさが爆発する珠玉の名盤です。これまで何千枚と色々なCDを聞いてきましたが、これは私の人生のベスト10に入る本当に大切な1枚なのです。


 本作はCDで音だけ聞いても素晴らしくて、普段はCDを聞いているのですが、本作のVCDではめちゃくちゃに可愛い動くブアちょんを見ることができます。天使のように可愛らしくて美しいブアちょんが動いているのです!そして微笑んでいるのです!!もう悶絶モノの素晴らしさです。個人的には音楽に映像は必要無いなどと思っているのですが、動くブアちょんを見ると、映像があって本当に良かったと心の底から思います。見る度に心癒されるブアちょんの姿、まさに天使としか言いようがありません…などと萌えまくっているワタクシ、もしかして救い難いアホなのでしょうか?


 ところでブアちょん、タイではファンケルの化粧品のイメージ・キャラクターをやっているのですが、日本でもファンケルのCMに出てくれないですかねえ。そしたらCMは当然の如く全部録画して、雑誌の広告は切り抜いて、化粧品屋でポスターをパクって…ってやっぱりアホだわ。
スポンサーサイト



Categorieタイ  トラックバック(0) コメント(6) TOP

2007’09.24・Mon

MANGPOR CHONTICHA 「MANGPOR…LOR RUK」

mangpor01.jpg


 個人的にルークトゥン歌手の中では最も好きな歌手の一人であり、地元でもスーパー・スターである、メンポー・チョンティチャーの、今年発売の新作です。昨年のアルバムは、曲も下らなければ歌も全然覇気が無いというあまりにつまらない出来だったので非常に心配をしていたのですが、本作では少しは調子を取り戻したようでまずは一安心といったところでしょうか。
 ジャケは「マジカル・メンポー!」みたいな感じで非常に恥ずかしい出来上がりとなっていますが、音楽的にはルークトゥン本来の雑食性を取り戻したような曲がいくつか入っていますし、本人の歌にも少しはパワーが戻ってきたようです。


 とは言え、こんなものではまだまだ満足のいく出来ではありません。メンポーが所属するNOPPORNレーベルはコテコテの典型的なルークトゥンを量産するレーベルですが、彼女はそのレーベルを背負って立つ看板娘だけに、あまり冒険できるような立場ではないのでしょう、それがメンポーの不幸と言えるかもしれません。16歳でデビューした時から歌は非常に上手かったですが、あれから7年経った現在でも、もちろん上手さは変わっていません。ただ、歌に新鮮さが無くなってきて、マンネリ化してきている感は否めないんですよね。それはおそらく、似たような曲ばかり歌い続けていることに大きな原因があるのではないかと思うのですが、いかがでしょうか?


 この娘にはもっと色々な可能性があると思います。王道から外れないルークトゥンだけ歌っていればタイ国内では安泰なのかもしれませんが、それではあまりに勿体無いです。メンポーが一皮むける為にはそろそろNOPPORNというレーベルが邪魔になってきているような気がします。思い切ってグラミーやR.SIAMに移籍してくれれば新しい世界が開けてくるのになあ、と勿体無く思う次第であります。


 もし私がメンポーのプロデューサーなら、ドゥアンチャン・スワンニーなんかが展開しているような、ルークトゥンの雑食性を極端に押し広げた、色々な音楽の要素がゴチャ混ぜになったような曲を歌わせたいですね。あるいはジアップ・ベンジャポーンみたいな、脱ルークトゥンの方向性を持った曲とかですね。まあ、彼女が今後どのような展開を見せてくれるのかは全くわかりませんが、私の希望通りになってくれたら嬉しいな、と思います。とりあえずは次作を楽しみに待ちたいと思います。


 あと、N県のNさんにご連絡ですが、この前お渡ししましたメンポーのブツは、実は私が最も評価していない前作であります。面白くない作品を差し上げてしまって申し訳ございません。たまたまあれが2枚あったものですから…。でもメンポーの歌の上手さはご理解いただけると思いますし、あれを気に入っていただけるなら、メンポーの他のどの作品でも気に入っていただけるかと思います。とりあえずは彼女は歌が上手いということを、少しでも理解していただけたらと願っています。次回はメンポーが実力を発揮しているブツをお貸し致しますので、ご容赦を。

Categorieタイ  トラックバック(0) コメント(2) TOP

 |TOP