FC2ブログ
2008’03.13・Thu

KAT RATTIKARN 「RUAM PLENG RUK」

gkatratt001.jpg

 個人的に大好きなルークトゥン歌手キャット・ラッティカーンの(以下、キャット様と呼びます)、今年発売のベスト盤です。このキャット様、以前はタイの最大手レーベルであるグラミーに所属していたのですが、その後ライバル会社であるR.SIAMに移籍しまして、このベスト盤はR.SIAMで出した3枚のアルバムからの選曲となっています。


 このR.SIAMから出た3枚のアルバムというのがどれも非常に美しい作品なのでありますが、特に1枚目の出来は素晴らしく、数あるルークトゥンのアルバムの中でも、昨年の個人的ルークトゥン・ベスト10の4位に選んだピュアちゃんと並んで、最高の癒し系の作品なのではないかと思っています。もちろん他の2枚のアルバムも良い出来ではあるのですが、どちらともオリジナルではなくてカバー集ということですので、イマイチ良さが発揮されていないように感じます。


 キャット様の最大の特徴はと言いますと、まずはその可憐で儚さを感じさせる美しい歌声です。決して歌がメチャメチャに上手いというわけではありませんが、とても良い雰囲気を持った歌なのであります。まさに癒し系と表現するに相応しい歌声だと思います。


 そしてもう一つの大きな特徴は、この人の音楽、ルークトゥンではあるのですが、ルークトゥンとは思えないぐらいに都会的に洗練されていることであります。この人の作品を聞いても、おそらくあの独特のルークトゥン臭はあまり感じられないと思います。ルークトゥンと言うよりは、むしろルークトゥンを取り入れた最新型のタイ・ポップスだと言っても良いかもしれません。まあそれだけに賛否両論のある人なのだろうと思います。ルークトゥンに馴染みの無い方にはとても親しみやすいでしょうし、バリバリのルークトゥン・マニアには「こんなものはルークトゥンではない!」などと言われたりすることもあるでしょう。私はキャット様を全面支持をしていますし、こういうルークトゥンがあっても良いと思いますけどね。


 キャット様が他の方からどのような評価をされているのかは知りませんが、そんなことには関係無く、とりあえずこのベスト盤はお手軽にキャット様の音楽に触れることができる好盤だと思います。選曲もなかなか良いですし、もし興味がおありの方はお試しあれ。


あと、コメント欄に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


ちなみにこちらがキャット様のR.SIAMでの1枚目のアルバムのジャケです。
gkatr002.jpg
スポンサーサイト



Categorieタイ  トラックバック(0) コメント(1) TOP

 |TOP