FC2ブログ
2008’09.10・Wed

NIKKI BACOLOD 「NOT THAT KIND OF GIRL」

gnikkib001.jpg

 フィリピンの若手歌手、ニッキー・バコロッドの今年発売の新作であります。デビュー盤は聞いたことが無いのですが、どうやら最初はR&B系の女の子歌手として出てきたらしいです。ところが、昨年デビューして突如としてスーパースターになった女の子、イェン・コンスタンティーノのハードロック路線が業界に与えたインパクトは相当に強烈だったらしく、ニッキーちゃんもロック路線に変更したようであります(私がお世話になっているMIA MUSIC & BOOKSさんの受け売りです)。


 この娘のR&B路線の歌は聞いたことはありませんが、このアルバムを聞く限りでは、ロック路線に変更して正解だったのではないかと感じられます。なかなかいい感じの歌を歌う娘で、とても一生懸命歌っているというのがよく伝わってきます。気持ちがしっかりと歌に込められているという点ではR&B歌手としても十分合格なのでしょうけれども、歌い口としては少々ブッキラボーですので、より激しい音をバックにして感情をぶつけてくる方が似合っているように感じられます。ですからこのハードなロック路線は、ニッキーちゃんの快活で思い切りの良い歌い口には相応しいと思います。


 このアルバムを聞いて思い出すのは、昨年の個人的ベスト10に入れました、不機嫌娘のダニタのアルバムなのですが、ニッキーちゃんはダニタほど不機嫌で鬱憤がたまっているという感じはしません。言いたいことは色々あるけれども、とりあえずは歌を歌うのが楽しくて仕方が無いという表情が前面に出てきますので、何だか思わず抱きしめたくなるような可愛らしさと親しみやすさがあります。ちょっと目が離れたヒラメみたいな顔(失礼!)も可愛いですしね。


 この娘、おそらくまだ十代後半なのではないかと思いますが、同年代のイェン・コンスタンティーノやダニタなんかと並ぶ、若手ロッカーの有望株であることに間違いは無いと思います。注目しておいて損は無いと思いますよ。アジアの若い女の子好きにはお薦め致します。今後の更なる成長に期待したい娘でやんす。


あと、コメント欄に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。
スポンサーサイト



Categorieフィリピン  トラックバック(0) コメント(3) TOP

 |TOP