FC2ブログ
2008’09.23・Tue

AIM APASSARA 「AOK HUK PAI DAENG」

gaim001.jpg

 タイの中堅どころのルークトゥン~モーラム歌手、エーム・アパサラーの新作です。バンコクのMBK3階にあるブツ屋、メンポーンにてゲットしてきました。この人のアルバムは他に2枚持っていますが、あまり頻繁に聞くことは無いにしても、なかなか上手い歌手として認識しております。しかしアルバムの作りはイマイチ散漫な印象がありますし、存在感としては良くも悪くも中堅どころかな、といった感じでありました。でもこの新作はかなりの力作ですよ。ジャケ写の化粧も気合が入っていますが、歌の方も相当に気合が入っています。


 内容としてはルークトゥンもあればモーラムもありますが、雰囲気的にはターイ・オラタイが歌いそうな、淡々とした感じの切なくてクールな曲が多いですね。しかしターイ・オラタイと比べると歌い口は柔らかくて、とても温かみが感じられる歌です。綺麗な顔に似合わないハスキーなかすれ声も非常にいい感じで、哀愁と共にほのかな色香が漂ってきます。これまでのちょっと淡々とし過ぎる歌と比べると、切々とした熱いソウルが感じられる歌になりましたね。元から実力のある歌手ではありますが、曲と勢いのあるバックの演奏にも恵まれて、その才能を存分にアピールすることに成功した作品をやっとモノにしたと感じられます。歌い続けてて良かったね~、エームさん。


 このアルバムではルークトゥンもモーラムも聞けますが、元々はモーラム歌手のようですので、とにかく歌は非常に上手いですね。細かいコブシ回しも味わい深いです。おそらくこの人、これまでに相当に歌の修行をしてきたのでしょう。叩き上げの底力を感じさせます。本当に素晴らしい歌手ですよ。素晴らしい歌手による良い曲が聞けるアルバムということで、これはどなたにでもお薦めできる作品だと思います。


 ところでバンコクでは屋台やコンビニなんかでルークトゥンを耳にする機会がありましたが、福岡なんかよりは遥かに大都会のバンコクにあっては、何故かあまりルークトゥンが似合うようには感じませんでした。こういう田舎っぽさを持った音楽は、大都会には似合わないという気がしてしまったのですが、それはおそらく私がバンコクの表面しか見ることができなかったからでしょうね。


 でも、もしバンコクでエーム・アパサラーのこのブツの歌を聞くことができていたら、もっと違った印象を持ったかもしれません。華やかな大都会の裏に潜む悲喜こもごもの人間模様を、もっと身近に感じることが出来たかもしれない、などと思う今日この頃でやんす。


3年前のブツ2枚です。化粧の具合なのか、ちょっとおばさんっぽい。
gaim002.jpg


お前ホンマに同一人物かい!
gaim003.jpg


あと、コメント欄に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。
スポンサーサイト



Categorieタイ  トラックバック(0) コメント(7) TOP

 |TOP