FC2ブログ
2009’10.23・Fri

FAYE FANG KAEW 「FFK FRIENDCLUB」

pffk005.jpg

 前回はカミカゼのアイドル達によるライヴ盤を取り上げましたが、この手のモノに興味のある方って少ないんでしょうか?ワールド・ミュジッカー(なんて言葉があるのかどうかは知りません)でアジアン・アイドルに興味がおありの方なんて、あまりおられないのでしょうね。アイドルものを取り上げた時の反応の薄さというものを、毎度の事ながらヒシヒシと感じております。季節柄、心も寒いです。わかって下さる方はsweet inomotoさんだけであります…というワケで、今回もしつこくタイのアイドルを取り上げます♪カミカゼのライヴでも大活躍だった、FFKのベスト盤であります。16曲入りのCDとVCDの2枚組。大変なお得盤です。


 今やフォー・モッドに迫る勢いを見せているFFKですが、どこまでもダラダラと弛緩した雰囲気が素晴らしいヘッポコなフォー・モッドに対し、FFKはお姫様役のファン、姫を守るナイトの美少年役ケイ(本当はケーオに近い発音)、姫とナイトの共通の友人役のフェイという奇妙なキャラクター設定が面白い連中であります…って、このキャラクター設定はわっちが勝手にそう言っているだけなんですけど。


  「カミカゼ」の3枚組ライヴVCDでも大活躍だったFFKですが、わっちは一番可愛いお姫様のファンちゃんに釘付けだったのですけれども、そのVCDを見る限りでは、男装のケイが一番人気という感じがしましたね~。ナイトのクセに姫よりも人気があるとは、姫を差し置いて何たることでありましょうか。ケイにはこの際「ゲイ」という男装女に相応しいニックネームを差し上げようかと…すいません、酔ってます。失礼致しますた。


たとえゲイだったとしても、真ん中のケイは美形です。
pffk006.jpg


 FFKですが、音楽的には東のヘッポコ横綱フォー・モッドみたいな可愛くてダラダラとしたポップスではなくて、どちらかと言えば西のヘッポコ横綱ガーリー・ベリーみたいな大幅にヒップ・ホップを取り入れたポップスをやる連中です。しかしガーリー・ベリーほど激しくマヌケではなくてそこそこカッコいいのは、ケイの存在が大きいからでありましょう。キャピキャピしたフェイとファンを後からしっかり締めるのが、ケイの役割だと感じられます。ケイがいるからこそ、フェイとファンが自由に飛びまわれる、そんな感じがしますね~。「カミカゼ」の製作者サイドがどこまで考えたのかは知りませんが、実に絶妙なメンバー構成だと思います。


 まあ歌やラップは素人に毛が生えた程度のレベルではありますが、それでも聞く者の耳を惹きつけてしまう辺りは、やはり勢いのあるアイドルならではでありましょう。最近、日本のアニメ主題歌に猫ジャンプが起用されたようですが、わっちなら勢いのあるFFKを起用しますね~。まあ猫ジャンプはアキバ系という明確な設定がありますから実にわかりやすくていいんですけど、姫とナイトとどうでもいい女の三人組というのもなかなか面白いと思いますよ。


 …などとどうでもいいことばかりゴチャゴチャ書いてきましたが、とりあえずこのベスト盤はとにかく可愛くて楽しくて切なくて、時にカッコいいという、実にステキな仕上がりになっていると思います。わっちの一番好きな「R U BUSY?」が入っていないという欠点はあるものの、タイ・アイドルに興味がおありの方には是非お薦めしたいブツでございます♪


あと、コメント欄に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。
スポンサーサイト



Categorieタイ  トラックバック(0) コメント(3) TOP

 |TOP