FC2ブログ
2011’01.07・Fri

SUBOI 「WALK」

psuboi001.jpg

 ベトナムの女子ラッパーでありますスボイの、昨年発売のアルバムです。今のベトナムで最も完成度の高いラップ・アルバムとの評判ですので、あまりラップには関心が無いわっちではありますが、これは聞き逃すわけにはいかないだろうと思いましてゲット致しました。


 ところで10年以上前の話ですが、実は一時期ラップを大量に聞き漁った時期がありまして、メリケン・ヒップホップを中心に50枚以上のブツを聞いたことがあります。数ヶ月の間、散々浴びるように聞き漁った結果、ラップはわっちの嗜好にはあまり合っていないという結論に達しまして、大部分を中古に売り払ってしまいますた。今手元に残っているのは、ソルト・ン・ペパの数枚だけです。まあだからと言ってラップに苦手意識があるわけではありませんが、ラップのブツに手を出さなくなったのは事実でございます。


 しかし今回はベトナムのラップですよ!ベトナム音楽と言えば、ラップの対極にあるような優雅な歌謡性が持ち味でありますが、そんなベトナムから出て来たラップには、ラップに手を出さなくなったわっちも興味津々になってしまいまして、久方振りにゲットしてしまったのでやんす。ちなみにベトナムにはLINH LAMという女性ラッパーもいるはずですが、アルバムが出ているのかどうかは知りません。出ていたら是非ゲットしたいと思います。


 で、完成度の高いアルバムとの噂の本作でございますが、エレポップ的な軽~い音作りなのが、東南アジア的でイイ感じです。この軽いエレポップ音がかえって東南アジアの切迫したストリートの雰囲気を醸し出しているように聞こえますね。これは、サイプレス・ヒルのラッパーの声がマヌケに甲高いのに、かえってヤバ~い雰囲気を出しているのと同じような感覚だと思います。まあスボイ姐さんはサイプレス・ヒルほど激ヤバな感じはありませんが、ベトナム伝統のドロドロ情念歌謡に通じるようなモノを持っているように聞こえます(←気のせいかも?)。


 ただ残念なのは、大半が英語のラップだということであります。フニャフニャした響きのベトナム語はラップに乗り難いんでしょうけど、数曲で聞けるベトナム語ラップは独特な響きがあって実に素晴らしく、どうせなら徹頭徹尾ベトナム語で通して欲しかったと思います。まあどちらにしても、あまり黒っぽくないスボイ姐さんのラップには独特のアジアンな響きがあるように感じられますし、聞くほどに繰り返し聞きたくなる不思議な魅力を持っているように思うのでやんす。


 あと、どうでもいい話ですが、刺青なんかも入れて険しい目付きをしたスボイ姐さんではありますが、笑うとめっさカワイイんですよね~。この笑顔はやっぱり東南アジアの人が持っている美しき伝統だと思います。できることなら、この可愛らしさをいつまでも持ち続けて欲しいものであります。


あと、コメント欄に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。
スポンサーサイト



Categorieベトナム  トラックバック(0) コメント(1) TOP

 |TOP