2013’07.31・Wed

HELEN CARR 「…DOWN IN THE DEPTHS ON THE 90 TH FLOOR」

Phelencarr001
 「カー」と言えば「ツー」と言うのが普通の日本人ですが、「カー」と言えば「ジェイムズ」と言うのがソウル・マニア、「ナンシー」と言うのがトラッド・マニアと相場が決まっております(?)。そんな中で、「カー」と言えば「ヘレン」と言うのがジャズ・ヴォーカル・マニアであります。このブツはメリケンのジャズ歌手ヘレン・カーが、ベツレヘム・レーベルに残した55年のデビュー盤であります。当然の如く、ベツレヘム・オリジナル・アルバム・コレクション・シリーズの一枚でございます。

 もちろんわっちは「カー」と言えば「ヘレン」と答えるようなジャズ・マニアではありませんし、ヘレン・カーなんてこれまで見たことも聞いたことも無い歌手なんですけど、先日取り上げましたペギー・コネリーさんと同様に、ジャケを見てイケてそうと思ったブツですので、ゲットしてみた次第でございます。ただ、残念ながらこのブツにはヘレンさんの顔写真は一切無く、美人なのかブサイクなのか全くわかりません。本人の写真ぐらい載せてくれたってエエやんけ!このシリーズを発売したウルトラ・ヴァイヴという会社には、猛烈に抗議をしておきたいと思っております(←ウソ)。

 とりあえずは本人のルックスが全くわからないまま聞き始めたこのブツでございますが、なかなか落ち着きのあるしっとりした歌を聞かせてくれる、ステキ女子ではないですか!前に取り上げたペギー・コネリーと比べると、ちょっと細い声ではありますが、それが可愛らしさに繋がっているという歌でありますな。イメージ的には典型的な昔の白人女性ジャズ歌手って感じではあるんですけど、ちょっと品の良いクラブで歌っているかのような雰囲気は、オッサレーなジャズ・ヴォーカルがお好きな方にも受け入れ易いのではないかと思われます。

 ただ、わっちが思うにこのカーさんは、アップ・テンポの曲よりも圧倒的にスローな曲の方が良いように聞こえます。アップ・テンポではあまりノリがよろしくないと言いますか、基本的にのっぺりとした(?)歌い方ですので、リズムの歯切れがあまりよろしくないと感じられます・・・なんて言うと、「お前はカーさんの聞き所を全然わかってない!」などとお怒りのジャズ・ヴォーカル・マニアが出て来るかと思いますが、ぶっちゃけ、カーさんは雰囲気作りは上手いけれども、歌はそれ程上手い歌手ではないと思います。

 でもこの雰囲気にハマってしまえば心地好く聞くことが出来ますし、わっちもこの人が作り出す雰囲気は結構好きでやんす。ただ、8曲入りで25分ちょいとというのは、ちょっと短過ぎるかという気がしますので、いくらストレート・リイシューが売りのシリーズとは言え、もうちょっと何とかして欲しかったな~という気もする今日この頃でやんす。

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「とりあえず1曲、しっとり系でやんす。」→コチラ

スポンサーサイト

Categorie欧米  - コメント(0) TOP

2013’07.30・Tue

赤点先生の音楽添削~PURO INSTINCT 「HEADBANGERS IN ECSTASY」

Ppuroinstinct001
 みなさんこんばんは~。ヒワイイ大使のカワイイ担当はりーなのです~。今回は~、黒人音楽じゃなくて~、メリケンかどっかの白人姉妹デュオ、ピューロ・インスティンクト(と読むのかどうかは知らないよ~)の、2011年のアルバムを取り上げるのです~。ころんさんが~、「たまには黒人音楽以外のブツもレビューしましょうか」とか言って~、ネタを書かされることになったのです~。はりーは~、黒人音楽だけでイイのにな~。

 それにしても~、このブツって~、「何じゃこりゃ~?」って感じの音楽だよね~。お風呂場で鼻歌を歌ってる~、彼岸の世界で夢見る姉妹の音楽なのです~。現在に甦った~、白昼夢のストロベリー・スウィッチブレイドって感じなのです~。80年代の英国ニューウェーヴっぽい音作りなんだけど~、まどろむようなドリーミー・サイケな世界が広がっているのです~。そんな世界で姉妹がフニャフニャと漂っているような感じなんだけど~、歌は凄くブッキラボーの一本調子で~、やる気のカケラも感じられない~、上手いとか下手とか言う以前の問題の~、ヘロヘロ脱力系ヘッポコボロボロ歌唱なのです~。何じゃこりゃ~?

 これが心地好いって人もいると思うし~、こんなヘロヘロ系が好きな~、ころんさんみたいな変質者も実際に存在するんだけど~、良い子は絶対にこんな音楽を聞いてはいけないと思うのです~。こんな歌を聞いていたら~、仕事も勉強も何もヤル気が無くなって~、凄く無気力なダメ人間になってしまうよ~。はりーには~、かなり気持ち悪い音楽かな~。積極的に聞きたいなんて決して思えない~、あの世から手招きしてるような音楽なのです~。

「気分が悪くなったのです~。」byはりー
Phiwaiihari019

 というワケで~、赤点先生の採点は~、16点なのです~。もちろん百点満点の採点だよ~。同じドリーミーという表現を使う音楽なら~、甘~いスウィート・ソウルを聞きたいのです~。とりあえず~、早くブルー・マジックで耳を消毒したいのです~。いくらタワレコの290円バーゲン箱にあったからって~、こんなブツを買っちゃいけないと思うのです~。バカころん~、こんなブツを聞かせないで欲しいのです~。聞きたいなら自分一人で聞け~!

 以上~、耳が腐りそうになってしまった~、ヒワイイ大使のはりーでした~。こんなの試聴の貼り付けはしないからね~。また会いましょ~♪

Categorie欧米  - コメント(0) TOP

2013’07.29・Mon

激しくどうでもいい話~ちょいと見つけたネタ

 サッカーの日韓戦で、韓国応援団が安重根や李舜臣の垂れ幕や、「歴史を忘れた国に未来は無い」とか書いた垂れ幕を出したりして、相変わらず韓国にはワケがわからないことを嬉々としてやる連中がいますね。基本的に右寄りのわっちは、そんな連中のせいでますます韓国が嫌いになって行くワケでございますが、仕方ないでしょうね~。

「嫌いになったらイヤだKARA~。」byKARA
「暑そうな格好してますね。」byころん
Pkara005

 日本人から見て、何故韓国人はワケわからなくて理解し難い行動をするのか、何となくわかったような気になる記事を見つけましたので、貼り付けておこうと思います。まあ、別にわからなくてもいいんでしょうけど、知っておいても損は無いかな~ってことで→コチラ

Categorieその他  - コメント(6) TOP

2013’07.28・Sun

激しくどうでもいい話~音盤編

 今年はアトランティックのR&Bベスト・セレクション1000円シリーズにすっかりとハマってしまい、タワレコでちょくちょくとブツを買い続けて来ましたが、タワレコのカードのポイントが、前から貯まっていた分と合わせて2000ポイントを突破しますた!これで2000円の割引を受けられるのですが、その割引を使って一体何をゲットしようかと思案中であります。普段なら手の届かない値段のブツを思い切ってゲットしたいですしね~♪

 実は昨日はタワレコに行きまして、ポイントを使って大好きなメリケンの歌手エミ・マイヤーの新作を買おうと思っていたのですが、ワールド系コーナーを覗いてみると、何だかめっさ良さそうなブツが色々と見つかってしまいまして、何をゲットするか、すっかりと迷ってしまいますた。こういう時は何をゲットしても、「あ~、やっぱりアレにしとけば良かったかも?」などと思ってしまうものなので、結局は何も買わずに帰ったのですが、さてさて、一体何をゲットするべきか、悩み中でございます。

 候補はエミ・マイヤーの新作に加えて、フランコ先生とロシュロー先生の共演盤2枚組、フランコ先生のバンドでギターを弾いていたという弟子2人が出したブツ、田中勝則氏がディスコロビアから出している労作群のどれか、それともエチオピアのブツ等々、色々欲しいのがあって困る~!エミ・マイヤーは中古に出て来るかな~、でもエミちゃんのブツを中古で見たことは一度も無いしな~、でもワールド系が中古に出る確率はもっと低いしな~、どーしよっかな~などとウダウダ思い悩む、今日この頃なのであります。

以上、激しくどうでもいい話でございますた。失礼致しますた!

「勝手に好きなブツをゲットしたらいいじゃん。」byななみー
Phiwaiinana020

Categorieその他  - コメント(0) TOP

2013’07.26・Fri

DIA FRAMPTON 「RED」

Pdiaframpton001
 この時期はタワレコで290円セールをやっていますが(日本全国そうなのかな?)、そこで見つけてしまったのが、メリケンだかエゲレスだかは知りませんけど、どっかの国の歌手ディア・フランプトンの2011年盤であります。ジャケが妙に可愛らしかったので、思わずゲットしてしまいますた。290円だし、失敗してもいいかな~って感じで。

 それにしてもこのジャケ、カワイイですよね~♪芝生(かな?)に寝転ぶ可愛らしい女子の図、素晴らしいではないですか。しかも、いかにも白人というような金髪娘じゃなくて、髪が黒くてちょいとアジアっぽい雰囲気なのが良いと思います。この娘が白人なのかどうかは知りませんけど、何にしても黒髪というのがまずはイイですね~。やっぱり若い娘は金髪よりも黒髪ですよ、黒髪。そう、カワイイ娘は黒髪に限るのでやんす!ヒワイイ大使にだって金髪や茶髪のメンバーはいませんし、私老化防ぎ隊にも裸のロリーズにも・・・あ、私老化防ぎ隊の理亜は金髪でしたね。

「金髪ですいません。」by理亜
Pria024

 というどうでもいい話はさて置き、なかなか可愛らしいディア・フランプトンちゃんですが、このルックスで萌え萌えのカワイイ舌足らずな歌声で、フォークっぽい音楽でもヤッテくれていたら最高なんですけど、その辺はちょいとアテが外れてしまいましたね~。声自体はカワイイんですけど、透明感がある声ではなくて、ちょいと雑味成分があると申しましょうか、あまり響きのよろしくない声でありますな。まあ十分に許容範囲内の声ですから問題は無いんですけど、どうせだったらトラッド界のアイドル、カーラ・ディロンちゃんみたいな声であって欲しかったな~、なんて思ったりして。

 で、やっている音楽もフォークっぽいモノではなくて、フツーに若者らしいポップ・ロックであります。特に新鮮味があるワケではないんですけど、ポップなメロディが揃っていますし、等身大の自分を表現している所に好感が持てますね。それに、やはりルックスと声がカワイイというのは大きいです。やっぱりルックスが良いというのは、音楽の評価にも影響しますよね~♪

 それに10曲で約36分という、今時あり得ない位に曲数が少なくて時間が短いというのが、実に良いではありませんか!最近の連中のブツは、ダラダラと長過ぎでやんすよ。15曲とか入ってて60分以上もあるブツなんて、とても聞いてられやしまへん。ベスト盤じゃあるまいし。やっぱりわっちは、10曲入り40分位のアルバムがイイですね~。その点でディアちゃんのブツは合格であります。

 うーむ、なかなか好ましい娘ではないですか、と思ってネットで色々検索してみたら、この娘、以前はメグ&ディアという姉妹デュオで活動していたんですね。実はわっちはこのデュオのブツを持っていたのですが、今年のCD大整理で売り払ってしまっていますた!しまったしまった島倉千代子!こんなことなら売らなければ良かった、と思う今日この頃でありますが、まあ売ってしまったモノはしょーがないですね~。その代わりこのブツに出会えたのですから、良しとしておきましょうか。

こちらがメグ&ディア。どっちがディアかよくわからんけど。
Pmegdia001

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「まずは1曲、繊細且つダイナミックで、なかなかイイ感じでございますよ。」→コチラ

「もう1曲、可愛くてカッコいい曲かと。」→コチラ

Categorie欧米  - コメント(0) TOP

2013’07.25・Thu

赤点先生の音楽添削~ARTHUR CONLEY 「I’M LIVING GOOD 1964-1974」

Parthurconley001
 みなさんこんばんは~。ヒワイイ大使のカワイイ担当はりーなのです~。今回は~、サザン・ソウルの名歌手アーサー・コンレイの~、2011年発売の24曲入りベスト盤を取り上げるのです~。コンレイさんのどのオリジナル・アルバムよりも良いって言われてるベスト盤だよ~。まさに決定盤なのです~♪昔のソウルって~、普通はシングル単位で聞くモノだったから~、編集が素晴らしかったら~、時としてオリジナルを超える編集盤が出来上がるよね~。オリジナル盤を全部揃えるのもイイけど~、こういう優れた編集盤って~、費用的にも時間的にも~、ホントに助かるよね~♪

 ところでコンレイさんって~、オーティス・レディングが見つけて惚れ込んだ歌手ってことで~、ソウル・ファンの間では~、オーティスの縮小再生産版みたいに言われることがあるけど~、とんでもない話なのです~。確かに歌い方とか節回しとか~、オーティスに似てる部分はあるのです~。でも~、コンレイさんはコンレイさんなのです~。オーティスよりも優しくて軽めの歌い口は~、時として暑苦しい時もあるオーティスよりも~、涼しげで聞き易いと思うのです~。コレってコンレイさんの持ち味だよね~。まあ~、今時の歌手と比べたら~、メチャクチャに熱いソウルが感じられる歌だけどね~。

 コンレイさんの声って結構女性的って言うか~、声の低い女の人の歌って言っても通じちゃうと思うんだけど~、この中性的な声が凄くイイと思うのです~。中性的な声と言えば~、スモーキー・ロビンソンみたいな猛烈に気持ち悪い声の気持ち悪いおっさんもいるけど~、コンレイさんはホントにカッコいいのです~(注:「はりーはスモーキー・ロビンソンの歌声を、目の敵のように嫌っています」byころん)。スローなバラードはしっとりとした情感が漂ってるし~、アップテンポでは躍動感に溢れてるのです~。素晴らしい歌手なのです~。

「素晴らしい歌手なのです~。」byはりー
Phiwaiihari007

 曲も素晴らしいモノが揃ってるんだけど~、やっぱりはりーは1曲目の「LET’S GO STEADY」が超大好きなのです~。オーティスの「THAT’S HOW STRONG MY LOVE IS」を思い出させる曲なんだけど~、コンレイさんのソウルが大爆発する~、一撃必殺の超名曲なのです~。サザン・ソウル史上屈指の~、珠玉の1曲なのです~。もちろん~、他の曲も素晴らしいモノばかりですよ~。名曲・名唱がギッシリ詰まった~、最高の盤なのです~。

 だから~、赤点先生の採点は~、ころんさんが高い得点ばかり付けるなって言うけど~、何が何でも百点満点なのです~。素晴らしいモノは素晴らしいのです~。素晴らしいブツばっかり取り上げてるから~。高い得点ばっかりになるのは当たり前だよね~♪

 以上、ヒワイイ大使のはりーでした~。下に試聴を貼り付けとくので~、よかったら聞いてみてね~。また会いましょ~♪


「とりあえず1曲、はりーの一番好きな曲だよ~♪」→コチラ

Categorie欧米  - コメント(0) TOP

2013’07.24・Wed

興味津々音楽探求~KASSAV’ 「VINI POU」

Pkassav001
 皆様今晩は。ヒワイイ大使の巨乳担当めぐりんです。今回の「興味津々音楽探求」で取り上げますのは、グァドループ出身のカッサヴの、87年のアルバム「ヴィニ・プゥ」です。ワールド系音楽ファンには何を今更的なグループだと思いますけど、最近のころんさんは何を今更的な黒人音楽をた~くさん取り上げていますから、わたしがカッサヴを取り上げたっていいですよね?つい先日ですが、ブックオフの250円棚で発見したアルバムです。

 実はわたしはカッサヴを聞くのはこれが初めてなんですけど、意外なことにころんさんも初めてらしいんです。ただころんさんは、カッサヴの中心人物ジャコブ・デヴァリューとジョルジュ・デシムスの2人の名義で出された、84年頃のアルバムは聞いたことがあるそうです。ころんさんが言うには、「かなり人工的な音作りの軽薄なカリブ海音楽」という印象だったそうで、「正直、あんまり気に入りませんでしたね~」って言ってました。わたしもそのアルバムを聞いてみたいんですけど、もう売り払ってしまったらしくて聞くことが出来ません・・・。でも、雰囲気的にはそのアルバムとこの「ヴィニ・プゥ」は、あまり変わらないってことでした。

 まあころんさんの感想はどうでもいいとして、わたしがこのアルバムを聞いた感想ですが、ノリノリでとても楽しいとは思いつつも、何だか心から素晴らしいとは言えないな~って感じなんですよね~。いかにもカリブ海音楽らしい突き抜けた楽天性があって、カリブ海諸国の色々な音楽の要素も感じられると同時に、音作りにはロック的な部分もあって、なかなかハイブリッドな音楽性を持っているように思います。雰囲気的にはミニ・オール・スターズの「ララマン」に近いでしょうか?ただ、地元の人達の力強さとか図太さが感じられる「ララマン」に比べると、何だか軽薄と言うかチャラいと言うか、刹那的な音楽って気がするんですよね~。

「ちょっとチャラいかな~って思います。」byめぐりん
Phiwaiimegu022

 言い方は悪いんですけど、わたしにはカッサヴの音楽は「その場しのぎの音楽」って感じられてしまって、今その場だけ楽しめたらそれでいいじゃんって言われてるような気分になってしまうんです。今その場が楽しいというのは大事ですし、とても良い事だとは思うんですけど、それだけでいいの?っていう気がしてしまうんです。すいません、何が言いたいのかよくわからないでしょうけど、上辺だけ取り繕っていて、後はどうでもいいやって感じの音楽だという気がしてしまって、ちょっと悲しくなってしまうんですよね・・・。もっと逞しさとか精神的な図太さを見せて欲しいな~って、そんなのわたしの勝手な考えなんですけど、そう思ってしまいました。

 以上、ヒワイイ大使の巨乳担当めぐりんがお送りしました。下に試聴を貼り付けますので、よろしければお試し下さい。それではまた次回まで、ご機嫌よう~♪


「とりあえず1曲、お聞き下さい。」→コチラ

Categorieラテン  - コメント(0) TOP

2013’07.23・Tue

北川稽古~THE JIMMY CASTOR BUNCH 「SUPERSOUND」

Pjimmycastorbunch001
 ヒワイイ大使のこにたんである。今回の「北川稽古」は、アメリカのファンク・グループ、ジミー・キャスター・バンチの75年盤を取り上げる。最近ころんやはりーがよく取り上げている、アトランティックのR&Bベストコレクション1000円シリーズの1枚である。別にどうでもいいことだが、世界初CD化だそうだ。

 このブツの帯には、「狂乱のダンス・ナンバーが詰まった本物のパーティー・アルバム」とある。この手の宣伝文句は大体において誇大広告であるが、このアルバムにはそこそこ当てはまっていると言って良いであろう。「狂乱の」とまでは言えないが、ファンクにラテンの要素を取り入れた音楽性はパッパラパーっとノーテンキで、なかなか愉快なダンス音楽に仕上がっている。歌はどうしようもなく下手だが、こういうバカっぽい音楽で歌がどうのこうの言っても仕方ないであろう。それよりも、聞く者を何が何でも楽しませようとする芸人根性を評価すべきである。

「バカっぽくて面白いぞ。」byこにたん
Phiwaiikoni035

 本当にバカっぽい曲が揃っておるのだが、特にヒットした「キング・コング」のアホらしさは良い。「ウホウホ」言って「キーンコーン」と歌っているだけのクソみたいな曲なのだが、ここまでバカに徹していると、かえって潔い。また、完全にノーテンキなソカと化している「ボム・ボム」も、この時代にはソカなんて誰も知らなかっただろうに、見事にヤリ切ってしまっているのは大したモノである。日本でソカなんて音楽が認知されたのは、アロウが出て来た80年代後半であるから、その先取りぶりも評価して良い。

 このアルバムでは、バカっぽい音楽を視覚的に補完するべく、エヴリシング・マンなるスーパーマンのパクリキャラをジャケと裏ジャケに堂々と登場させておるが、こういう人を喰ったようなヤリ口もなかなか面白い。この手のキャラクター設定はPファンクの連中にも通じるが、ライヴ等でPファンクほどの演劇性があったのかどうかは定かではない。

以上、今回の「北川稽古」を終わる。

(ころんより少々)
 こにたんのネタに付け足す事は特に無いのですが、とりあえずは下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを、ということで。


「まずは1曲、『キング・コング』です。」→コチラ

「もう1曲、『ボム・ボム』です。」→コチラ

Categorie欧米  - コメント(0) TOP

2013’07.22・Mon

激しくどうでもいい話~ちょいと気になる女優達

 昨夜のテレビ番組は参院選の速報ばかりでしたので、録り貯めていた7月からのドラマをちょいちょいとチェックしておりますた。選挙の結果は当然重要なんですけど、どのテレビ局も同じように選挙速報をやる必要なんて無いのにね~。そんなモンは偏向報道ばかりする犬HKに任せとけばいいじゃん。日本のマスゴミって、ホンマに面白くないですわ。それに、開票率0%なのに当選確実とか報道すんなボケ。ワシ等の投票は一体何なん?って感じやんけ。まあ何にしても、今回の選挙結果が、日本にとって良いモノになることを願うばかりでやんす。

 と言うワケで、この7月からの新ドラマをチェックしていたところ、ちょいと気になる女子達がいましたので、ここにメモっておこうかと思う次第でございます。まずは「WOMAN」とかいうドラマの主役、満島ひかり。前から知ってる女優ではありますが、見るからに幸薄そうな、と言うか不幸そうな顔立ちが好きになれず、これまで注目することもありませんでした。しかし今回の超絶的に暗くて見ているだけでヘコんで来るドラマでの、あまりに不幸な役柄がメチャクチャにハマっていまして、段々この人のことが気になって仕方なくなって来ますた・・・。困ったモンだ。

不幸顔の満島ひかり
Pmitsushimahikari001

 それからもう1人、「ショムニ」の第2弾に出ている本田翼。以前からめっさカワイイとは思っていましたが、今回も実にイイ感じ♪わっちは主役の江角マキ子が大嫌いなのですが(性格の悪さが顔に出ている!)、本田翼が出ているなら見続けてもイイかな~なんて思ったりして。あ、別にどうでもいいことですが、本田翼といい私老化防ぎ隊の翼といい、翼という名前の若い女子はカワイイ娘ばっかりじゃな~などと思ったり・・・って、2人しか知らないけど。

カワイイ本田翼
Phondatsubasa001

こちらは私老化防ぎ隊の翼
Ptsubasa013

 以上、激しくどうでもいい話でございました。失礼致しました。単に音楽ネタが書けなかっただけでやんす。ご勘弁下さいまし~♪

Categorieその他  - コメント(6) TOP

2013’07.21・Sun

STING 「…NOTHING LIKE THE SUN」

Psting001
 ポリスというバンドは今でも大好きなのですが、スティングのソロにはあまり興味が無いころんでございます。やっぱりスティングは、ポリスの頃の尖がっていた時代が最高であって、ソロになってからの落ち着いた大人の歌手って雰囲気は、何だか違うよな~って感じであまり親しみを持つ事が出来ません・・・などとは、スティングがソロになってからずっと思っていたことですが、もちろん今でもその気持ちは変わりません。とか何とか言いながら、この87年のアルバム「ナッシング・ライク・ザ・サン」は、数年遅れで聞いたものの、学生の頃はかなり好きで頻繁に聞いたものでありますた。

 当時このブツはアナログ盤でゲットしたのですが、アナログ・プレーヤーが無い現在は聞くことが出来ず、ジャケットを台所の棚に飾っているだけの、単なるオブジェと化しています。まあ聞けないなら聞けないで別に構わなかったのですが、つい最近ブックオフの250円棚で発見してしまいましたので、久し振りに聞いてみようかな~ってことでゲットしてしまいますた。あ、別にどうでもイイことですけど、アナログ盤は2枚組のズッシリ重量感のあるパッケージだったのに、CDはたったの1枚だけってのはどういうこと?まあ、アナログみたいにひっくり返したり盤を取り替えたりという手間が無いのはイイんですけどね~。

 というワケで本当に久し振りに聞くブツなんですけど、実際に聞いてみると・・・ありゃりゃ?何か知らんけどあんまりピンと来ませんな。学生の頃はあんなに好きでよく聞いていたのに、現在の耳で聞いてみると、あんまり面白いと感じられないんですよね~。な~んでかな♪曲自体は慣れ親しんでいましたから、当然懐かしい感覚はあるんですけどね~。でも大して面白いと思えないんでやんすよ。やっぱりスティングはバリバリに尖がっていたポリス時代が素晴らしいのであって、ソロになったスティングは別人ってことなんでしょうかね~。だったらソロになったスティングは、「スティング」ではなくて「スチング」と表記するようにしましょうか(←意味不明)。

 うーむ、それにしても何だかな~。曲自体は良いですし、音が古くなっているワケでもないのですが、素直に楽しむ事が出来ません。スチングはわっちの感性に合わなくなってしまったとしか言い様が無いですかね~。あ、でも「WE’LL BE TOGETHER」だけは好きでやんすよ♪この曲だけはスチングではなくて、わっちの好きなスティングです。しかし、全体的にはすっかり落ち着いてしまったスチングですから、わっちにはピンと来ないんですよね~。ってことで、スティングは好きだけど、スチングは好きじゃない、それが今回のわっちの結論でやんす。

あと、今更スチングの試聴なんて貼り付けても仕方ないと思うのですが、とりあえず1曲だけってことで。→コチラ

Categorie欧米  - コメント(0) TOP

2013’07.20・Sat

MARIA McKEE 「YOU GOTTA SIN TO GET SAVED」

Pmariamckee001
 前回カーラ・トーマスを取り上げた時に、やたらとマリア・マッキー(以下マリアっち)の名前を出してしまいましたので、今回はそのマリアっちのブツを取り上げておこうかと思います。このアルバムは93年に発売されたソロ第2弾なんですが、バンド時代からこの作品辺りまでのマリアっちって、本当に可愛かったな~♪個人的に、最も好きな白人女性ロック歌手でしたし(もちろん今も好きですよ!)。学生時代は、部屋にマリアっちのポスター貼ってたし~♪最近は見るも無惨に太ってしまったとの噂ですが、わっちの中のマリアっちは、このジャケ写の御姿のままなのであります。決して歳を取ったり太ったりしないのであります・・・って、アイドルがウ○コしないって言うのと変わらんレベルの現実逃避ですな。

 このアルバムは、マリアっちファンの間でも結構評価が高いと思われますが、ソロ第1弾が、パンキッシュなまでにエネルギーに溢れていたバンド時代と比べると、随分大人しい感じでしたから、この第2弾で地に足の着いたパワフルなマリアっちが帰って来たってことで、歓迎する向きが多かったはずです。しかもバンド時代のめっさお転婆な雰囲気から、パワーに溢れつつも落ち着いた大人のイイ女になっていますから、マリアっちの新しい魅力にヤラレてしまった人も多かったと思いますね~。

 音楽的にはカントリーをベースにしたロックなんですが、マリアっちの歌からは黒人音楽に通じるようなソウルが感じられます。まあカントリーとソウルって結構親近性があると思いますし、カントリーっぽい曲を取り上げる黒人ソウル歌手も実際にいますから、このアルバムをロックっぽいソウル・ミュージックとして聞くことも可能かな~なんて、わっちは勝手に思っております。出来ればソウル・マニアの人に、このブツを一度聞いてみて欲しいですね~。黒いとか白いとかの肌の色なんか関係無しに、マリアっちの歌には良質のソウルが感じられるんじゃないかと思うのでやんす♪

 ・・・などとわっちが言ったところで、誰もマリアっちの歌を聞こうなどとは思わないんでしょうけど、別にいいんです。マリアっちはわっちにとって、永遠のアイドルなんですから。などと言いつつ、マリアっちのブツを聞いたのは、実は10年ぶり位だったりして。埋もれてしまっていたマリアっちのことを思い出させてくれたカーラ・トーマスさんには、心より感謝致します。カーラさん、ありがと~♪

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「まずは1曲、ライヴでどうぞ。カワイイです。」→コチラ

「もう1曲、タイトル曲です。」→コチラ

Categorie欧米  - コメント(0) TOP

2013’07.19・Fri

CARLA THOMAS 「COMFORT ME」

Pcarlathomas001
 これまでカーラ・トーマスなんて名前しか知りませんでしたが、アトランティックのR&Bベストコレクション1000円シリーズのおかげで、今頃になってやっと聞くことが出来ました。カーラさんってかの有名なルーファス・トーマスの娘なんですが、有名人のオヤジがテメエの立場を利用して娘を歌手に仕立て上げたワケでありまして、なかなかルーファすのおっさんも悪どいことをしやがりますな。やっていることは、バカ娘達のクズ音楽を強引にレコードにして出してしまった、シャッグスの連中のオヤジと何ら変わりません。まあカーラさんの場合はシャッグスみたいなゴミクズではなくて、イケてる歌手だから良かったんですけど。

 というどうでもいい話はさて置き、ソウル・マニアの間ではカーラさんの最高傑作と名高い66年発表の本作でありますが、評判通りなかなかステキな作品だと思います。可愛らしくて朗々とした快活な歌声は、実に健康的な魅力に溢れていると感じられます。ところでこの歌声なんですが、最初に聞いた時から「誰かに似てるな~」と思っていたのですが、それが誰なのか、全然思い出せません。ちょいとシンディ・ローパーに似てるか?とも思ったのですが、やっぱりちょっと違うし~・・・などと思い悩んで(?)2週間、ある日の通勤途中の電車の中で、ハタと気が付きました!それは、マリア・マッキー(以下マリアっち)であります♪

 おそらくソウル・マニアにマリアっちなんて言ったところで通じないと思いますが、その昔ローン・ジャスティスというバンドでヴォーカルをやっていて、その後ソロになってからもアルバムを何枚も出して、日本でもそこそこ人気のある歌手であります。特にバンド時代の頃の快活で元気の良い歌声は、カーラさんに実によく似ていると思うのですが、如何でしょうかね~?わっちはカーラさんは知らずとも、マリアっちには長く親しんで来ましたので、カーラさんのブツをマリアっちの未発表録音集みたいな感覚で聞いてしまっているのですが、ソウルを元気良く切々と歌うマリアっちも実にステキだな~なんて思ったりして・・・って、カーラさんのブツなんですけど。

こちらがローン・ジャスティスのブツ。一番手前がマリアっち。
Glone001

 何にしても、わっちにとってこのブツは、実に楽しい作品であります。だってわっちにとってこのブツは、大好きなマリアっちが歌ってる作品と変わらないですからね~。うーむ、カーラさんのブツを全部集めたくなって来てしまった今日この頃でやんす。しかし、マリアっちの作品としてカーラさんのブツを聞くなんて、カーラさんからしてみれば「ふざけんなテメエ、ナメてんじゃねえぞ!」って感じなんでしょうけど、基本的にわっちはふざけた人間ですので、ご容赦いただきたく存じます。

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「まずは1曲、ゴスペルっぽいディープなサザン・ソウルですね~。」→コチラ

「もう1曲、誰もが知ってるメロディなんじゃないですかね~。」→コチラ

Categorie欧米  - コメント(0) TOP

2013’07.18・Thu

MARC ALMOND 「THE STARS WE ARE」

Pmarcalmond001
 以前からわっちは「中村とうようは信用出来ない」だの何だのと言っていますけど、学生の頃はミュージック・マガジン誌(以下MM誌)の忠実な読者だったことは認めます。そのMM誌の90年2月号に、5人の評論家が選ぶ80年代のアルバム・ベスト10が載っているのですが、その中で大鷹俊一の10枚というのがあって、その内の1枚にこのマーク・アーモンドの「ザ・スターズ」が選ばれているのでありますた。

 大鷹氏と言えば、前衛的と言うか暗くて気が滅入るようなワケわからん音楽が好きな人というイメージがあります。この人は80年代のベストに「ザ・スターズ」の他に、ジム・フィータス、ソニック・ユース、ビッグ・ブラック、ジョイ・ディヴィジョンなんかも選んでいて、これまた気持ちの悪い選盤をしてる・・・って、昔のわっちの趣味と相当に重なってるんですけどー。てなワケで、80年代から90年代初頭にかけての大鷹氏の選盤については結構信用しておりまして、マーク・アーモンドなんて見るからにキモいおっさんのことは全く記憶に無かったんですけど、先日ブックオフの250円コーナーで偶然このブツを発見し、「そういえばこのブツって大鷹氏が80年代のベストに選んでたな~」なんて思い出したので、ついついゲットしてしまったのでありました。

 これまでわっちはマーク・アーモンドのソロも、それ以前のソフト・セルも全く聞いたことが無く、このおっさんの顔と名前しか知りませんでした。特に興味を持ったことも無かったんですけど、何故か今回ゲットしてしまいましたので、「キモいおっさんのキモい歌だったらヤダな~」とか思いながら、恐る恐る聞いてみたのでありますた。すると・・・ありゃりゃ?意外に聞けるじゃないですか。ちょいとエコー&ザ・バニーメンのイアン・マッカロクに似た雰囲気の声で、なかなかポップな曲を歌っているのでありますよ。へ~、悪くないじゃないですか。と言うか、結構イケてますよ、これは。

 まあちょっとヌメっとした退廃的な雰囲気はあるのですが、それを補って余りある美しさを持ち合わせていまして、現在の耳で聞いてもあまりキモくないですし古びた感じもしません。そっか、マーク・アーモンドってこんな音楽をヤッテいたんですね~。メロディ・ラインとか歌い口なんかは、意外にも日本の昔の歌謡曲との親近性も感じさせますし。うーむ、これはなかなか面白いですわ♪あと、トルコのゼキ・ミュレンを思わせるような、ちょいと倒錯的な雰囲気も感じられますね~。歌の実力はゼキ・ミュレンとは比べようも無くレベル低いですけど、雰囲気作りには物凄く長けてるという気がします。

 何にしても、マーク・アーモンドなんて初めて聞きましたけど、なかなか面白いおっさんだったんですね~。これは意外な拾いモノでありますた。ルックス的には見るからにキモいおっさんですが、これで歌がブライアン・フェリー並にキモかったら盤を叩き割ろうと思っていましたけど、これなら十分聞けますね♪何だかちょっと得した気分になった、今日この頃でやんす。

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「とりあえず1曲、映像で見たらやっぱり気持ち悪いですね。」→コチラ

Categorie欧米  - コメント(0) TOP

2013’07.17・Wed

赤点先生の音楽添削~THE TRUE REFLECTION 「WHERE I’M COMING FROM」

Ptruereflection001
 みなさんこんばんは~。ヒワイイ大使のカワイイ担当はりーなのです~。今回は~、ワシントンDC出身のソウル・グループ~、トゥルー・リフレクションの73年盤を取り上げるのです~。このアルバムは~、ソウル・マニアの間では隠れた名盤として語り継がれて来た作品なのです~。でもはりーはこのグループの事は全然知らなくて~、ころんさんが~、「何だか良さげなジャケのブツがあったので、買って来ましたよ」って~、渡してくれたのです~。嬉しいのです~♪

 これはいつもの如く~、アトランティックのR&Bベストコレクション1000円シリーズの一枚なんだけど~、このシリーズってホントに色々なブツがリイシューされてて~、素晴らしいよね~。超有名な盤から埋もれてしまっている盤まで~、初心者もマニアも納得のシリーズだと思うのです~。だから~、ころんさんみたいに~、何も知らなくてもジャケがイイから買ってみるっていうのも~、とってもアリだと思うのです~。音楽を聞く時って~、まずはどこかに興味を持つってことが必要だし~、それがジャケからだったとしても~、十分聞く理由になるよね~♪

「ジャケ買いでもOKだよね~。」byはりー
Phiwaiihari040

 このブツは~、何だかイケてる名盤の匂いが漂ってるジャケなんだけど~、音的にはチームワークの良さそうなスムーズなコーラスが魅力的な~、心地好いフィリー・ソウルなのです~。ただ~、フィリー・ソウルっぽい華やかさとか派手さは全然無くて~、地味な感じが強いのです~。でも~、テンプテーションズなんかにも通じる流れるようなコーラスは~、まさにソウル・ヴォーカル・グループの王道って感じがするのです~。あ~、もしかしたら~、王道中の王道って感じだから~、かえって地味に感じるのかもしれないのです~。

 曲は全部でたったの8曲しか入ってなくて~、32分ちょいの長さなんだけど~、全てのソウル・ヴォーカル・グループが見本とするべき歌が堪能出来る~、お得盤だと思うのです~。スウィートながらも熱いソウルが感じられるスローな曲は~、バラードとはこうやって歌うのだ~っていう素晴らしいお手本になるし~、アップ・テンポの曲は軽やかさの中にも重量感があって~、これまたリズム・ナンバーの歌い方のお手本になると思うのです~。歌手を目指す人だったら~、是非聞いておくべきアルバムだと思うのです~。

 このアルバムはとっても地味だけど~、長年名盤として語り継がれて来ただけのことはある作品なのです~。赤点先生の採点は~、ころんさんが「百点満点は本当に歴史的名盤と言えるブツだけでやんすよ!」とうるさく言うので~、98点にしとくけど~、でも~、ホントに歴史的名盤って言ってもイイと思うのです~。

以上~、ヒワイイ大使のはりーでした~。下に試聴を貼り付けますので~、良かったら聞いてみてね~。また会いましょ~♪


「とりあえず1曲~、王道バラードだよ~。」→コチラ

Categorie欧米  - コメント(0) TOP

2013’07.16・Tue

STAY AWAKE~VARIOUS INTERPRETATIONS OF MUSIC FROM VINTAGE DISNEY FILMS

Pstayawake001
 皆さん今晩は!私老化防ぎ隊の中で一番目立たなくて、誰にも顔も名前も覚えてもらっていない奈々子です。ころんさんに「活躍したいんだったら、何かネタでも書いてみますか?」と言われましたので、二つ返事で引き受けることにしました。私老化防ぎ隊は翼と理亜だけのグループじゃないんだってことを、ここで一発示してみせようと思います。三人の中で一番の音楽マニアは奈々子ですし!

 このアルバムは88年の作品で、邦題は「眠らないで~不朽のディズニー名作映画音楽」と付けられています。タイトル通り全曲がディズニー映画の音楽で、ディズニー映画ファンなら聞き覚えのある曲が多々あると思います。プロデューサーは「クルト・ワイルの世界」や「セロニアス・モンクに捧げる」で一躍有名になったハル・ウィルナーで、雑多なジャンルのミュージシャンを集めながらビシッと統一感のある世界を作り上げる人ですが、このアルバムでも一見バラバラで一癖も二癖もある人選を、見事な手腕で統一感のある音に纏め上げています。

 ここに集められているのは、ビル・フリゼル、ウェイン・ホーヴィッツ、ロス・ロボス、ボニー・レイット、バスター・ポインデクスター、ハリー・ニルソン、トム・ウェイツ、ベティ・カーター、サン・ラ・アーケストラその他多数、一体何を基準に選んだのか全くわからないメンバー達ですが、流石にこれだけのメンバーが集まると、ただのアニメ音楽ではない、マニアも納得の音楽に仕上がっています。メロディはディズニー音楽でも、それぞれがちゃんと個性を発揮していますし、それでいて不思議と統一感のある音になっているのですから、ハル・ウィルナーの手腕には感服する以外にありませんよね?

「感服しますよ!」by奈々子
Pnanako011

 聞けば本当に色々なタイプの曲が収録してあって、語り物っぽい曲、賑やかなラテン・ロック調、ソウル風、場末の安酒場臭プンプンの曲(って、トム・ウェイツの歌に決まってますね)、前衛音楽的な曲、ホンワカ牧歌的な曲、まんまジャズ等々、バラバラっちゃあバラバラなんですけど、全体的にはバラバラじゃないというのが不思議です。まあテーマがディズニーの音楽ですから、親しみ易い名曲達がズラリと揃っていますし、ディズニーということでとりあえずはビシッと筋が一本通っているんですけど、聞く人それぞれの思い入れとか、商売人達の手垢にまみれたディズニーの曲を、これだけ新鮮に聞けるというのは、やっぱり凄いことなんじゃないかな~って思います。

 以上、私老化防ぎ隊の奈々子がお送りしました!皆様、奈々子のレビューはいかがでしたか?感想等いただけたら、とってもありがたいです。お便り(?)お待ちしてますよ~♪あと、下に試聴を貼り付けますので、是非お聞き下さいね!


「まずは1曲、バスター・ポインデクスターの歌です。」→コチラ

「もう1曲、サン・ラ・アーケストラの演奏です。」→コチラ

Categorie欧米  - コメント(0) TOP

2013’07.15・Mon

PEGGY CONNELLY 「THAT OLD BLACK MAGIC」

Ppeggyconnelly001
 先日近所のタワレコへ行き、アトランティックのR&Bベストコレクション1000円シリーズをつらつらと見ていたのですが、元から入荷量が少ないこともあって、「もう買いたいのが無いな~」と思いつつ、ついでにジャズ・コーナーを覗いてみました。すると「ベツレヘム・オリジナル・アルバム・コレクション」なんてシリーズのブツが、20枚ほど並んでいました。何の気なしに手に取ってみると、どれもこれもジャケがイイ感じ。これはめっさ気になる~ということで、ベツレヘムなんて全く知らないレーベルなのですが、とりあえずは一番気になるジャケのブツをゲットしてしまいますた!

 それが今回取り上げます、ペギー・コネリーというメリケンのジャズ歌手のアルバムなのですが、こんな歌手はこれまで見たことも聞いたこともありません。一体誰?ジャズ・ヴォーカルなんて殆ど聞かないわっちでやんすが、思わず手が出てしまったこのジャケの魔力(魅力?)、恐ろしや~。やっぱりブツをゲットする時は、ジャケ買いが基本でやんすよ♪とにかくこのジャケ、素晴らしいではないですか!ちょい美人っぽい女子が、まるで踊っているかのようなデザインになっていて、こういうブツはジャケを見るだけでワクワクしてしまいますな~。これだけジャケがイイ感じだと、中身もイイことが多いのですが、聞いてみるとやっぱり大当たりでありました!

 このブツは56年の作品で、ペギーさんが25歳の時に残した唯一のアルバムなのですが、流石に南蛮人は歳を取るのが早いのか、とても落ち着いた歌を聞かせてくれますね~。聞いた感じでは30代か40代ぐらいの、人生経験を積んだ大人の女って雰囲気ですね。まあペギーさんの年齢を知ってしまうと、何だか声がちょっと若々しいかな~という気もするのですが、全くキャピキャピした所が無い歌い口は実に魅力的だと思います。12曲入りで全てスタンダード・ナンバーなんだそうですが(1曲も知らんぞ)、ラテン調のアップテンポからスローなしっとり系まで、全くブレることなく歌う力量はなかなか大したものだと思います。

 古い録音の割にはバックの演奏もいい音で鳴っていて(デジタルリマスターしてあるそうですが)、ペギーさんの歌を良く引き立てていると思います。9人編成という特に大きくも小さくも無いバンドが演奏しているのですが、出てくる音はシンプル&控え目でありまして、なかなか好感の持てる音であります。ペギーさんの歌と合わさると、ちょいと小粋な小唄って雰囲気になって、深夜の酒タイムにピッタリって感じであります。イイですね~、決してガキ向けではない大人の為の音楽って。ジャズ・ヴォーカルものなんて本当に久し振りに聞きましたけど、たまにはこういう音楽もステキなものでありますね!

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「とりあえず1曲、しっとり系をどうぞ。」→コチラ

Categorie欧米  - コメント(0) TOP

2013’07.14・Sun

THE FIXX 「THE TWENTY-FIFTH ANNIVERSARY ANTHOLOGY」

Pfixx001
 今時フィクスなんてバンドのことをご存知の方なんて殆どおられないと思いますが、その昔、日本でもちょっとだけ人気になった連中であります。わっちはこの連中のことを84年の「ファントムズ」というアルバムで知ったのですが、当時のFM番組の洋楽ベスト10では「アーウィー・アーウィー」というメチャクチャな邦題を付けられたシングル曲が大ヒットしておりました。原題は「ARE WE OURSELVES?」なのですが、何故あんな酷いタイトルになったのか、謎であります。しかし、ダサダサなタイトルを付けられた割にはめっさカッコいい曲だったそのシングル曲は、わっちも大好きでした。

 その後大学生になってから「ファントムズ」のLPをゲットし、かなりの回数を聞いたものでありましたが、特に1曲目の「LOSE FACE」という超絶カッコいい曲にシビれまして、その曲を何度と無く繰り返して聞きまくりましたね~。何がそんなにカッコいいかって、フィクスに関しては皆が口を揃えて言うことではありますけど、まずはジェイミー・ウェストが弾くギターがカッコいいのでありますよ!決して派手なソロを弾いたりするワケではないのですが、バンド・サウンドに徹しながらめっさ印象に残るカッコいいフレーズを弾くのであります。控え目に才人振りを発揮するその姿は、まさに日本人好みの仕事人と言えるでしょう。

 そしてギターだけでなく、フィクスはとにかくバンド・サウンドもめっさカッコいいんですよね~。音楽的にはファンクをベースにしたロックなんですが、白人のバンドだけに黒っぽさは微塵も無いんですけど、青白くユラユラと燃え上がるようなクールな音作りが特徴でありまして、これぞニューウェーヴを通過して来たホワイト・ファンクという感じなのであります。フィクスのことを二流ロック・バンド呼ばわりしていた人は結構いたかと思いますが、こんなカッコいい音を二流だなんて言ってたら、世の中の殆どのロックは二流ってことになってしまいますよ。

 まあニューウェーヴ系のホワイト・ファンク・ロック・バンドなんて、他に殆どいなかったですから(あ、イン・エクセスがいたっけ?)、このカッコ良さはなかなか理解されなかったのかもしれませんけどね~。たとえ誰もフィクスがカッコいいなんて認めなくても、わっちがカッコいい認定致します。今回のブツは、そんなカッコいいフィクスの2枚組ベスト盤ですから悪いはずありません。と言うか、カッコいいに決まっています。聞く度にカッコいい曲が満載でやんすよ!・・・って、ありゃりゃ?わっちが一番好きな「LOSE FACE」が入ってないぞ?それに「ARE WE OURSELVES?」がライヴ録音だし・・・まあいいか、カッコいいことに変わりは無いんだし。

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「まずは1曲、『アーウィー・アーウィー』です。」→コチラ

「もう1曲、このブツには入っていませんが、わっちが一番好きなフィクスの曲でやんす。」→コチラ

Categorie欧米  - コメント(0) TOP

2013’07.13・Sat

JILL SCOTT 「COLLABORATIONS」

Pjillscott001
 「ロックは死んだ」とか「ソウルは死んだ」とかエラソーに言う人がよくいますよね~。まあ別にロックが死のうがソウルが死のうが、わっちにとってはそんなことはどうでもイイんですけど、現在のロックとかソウルを聞くと、やっぱりコイツ等は死んだのかな~なんて思うことがあります。特にソウルについては、そう思うことが多々ありますね~。

 と言いますのは、わっちが好きな60年代とか70年代のソウルやR&Bに比べると、今のソウルとかR&Bとか言われている音楽は、全然楽しいと感じられないからでやんす。めっさ評価の高いアリシア・キーズとか、メアリー・J何ちゃらとか色々と聞いて来ましたけど、どれもこれもあまり楽しくないんですよね~。

 何故楽しくないかって、メロディがややこしくてポップじゃないとか、音作りがヒップホップの影響を受け過ぎて画一的で面白くないとか色々ありますけど、一番の原因は、歌手自身にソウルが感じられないからでやんす。何と言いますか、カッコつけようとしてファッションに流れているというかですね~。まあ歌手よりもプロデューサーが偉いみたいな感じもあるジャンルですから、歌手もダメになるんでしょうけど。そもそもプロデューサーなんてモノは、所詮は歌手を引き立てる為の裏方に過ぎないのですから、そんな連中が前面に出て来て話題になること自体がナンセンスなんでやんすよ。まあプロデューサーのことを話題にするしかない位に、歌手に力が無いということなのかもしれませんけど。

 で、ジル・スコットなんですが、わっちは初めて聞く歌手なんですけど、最近の歌手にしてはとても良いですね~。歌声がカワイイというのがまずはポイント高いんですけど、非常に風通しが良い爽やかな歌だと感じられます。力を抜いて軽~く歌っているんですが、ニュアンス豊かな歌ですよね~。ファッションで歌っているのではなくて、歌うのを楽しんでいるのが伝わって来ます。まだ若いのに感心感心と思って調べてみたら、もう40歳超えてるんですね・・・う~む、声はめっさ若いのにな~。何だか残念だな~。でも心地好いからイイんですけどね~。でもな~・・・。

 このブツはジルさんが色々な連中とコラボした曲が収録されていまして、ヒップホップ、ジャズ、今時のややこしいR&B系、そしてボサノバ・ジャズっぽいのまで、ジャンル的には色々なタイプの曲があるのですが、どれもこれもサラリと軽~く歌いこなしているのがイイですね。どんなタイプの曲にも合わせることが出来る、なかなかお得な声を持っている歌手だと思います。個人的には、ジャズっぽい曲が好きでやんすね~。

 これまで全然知らない歌手でしたが、近所のタワレコの290円バーゲン箱で偶然見つけたブツにしては、なかなかの掘出物でしたね~。こういうステキな歌手とお安く出会うことが出来て、何だか物凄く得した気分の今日この頃であります。とりあえずは下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「とりあえず1曲、ジャズっぽいのをどうぞ。」→コチラ

Categorie欧米  - コメント(0) TOP

2013’07.11・Thu

赤点先生の音楽添削~BARBARA LYNN 「HERE IS BARBARA LYNN」

Pbarbaralynn001
 みなさんこんばんは~。ヒワイイ大使のカワイイ担当はりーなのです~。今回の「赤点先生の音楽添削」で取り上げるのは~、アメリカのソウル歌手バーバラ・リンの~、68年盤なのです~。おやぢ様が~、昨年のベスト10の第1位に選んでおられた盤なのです~。アトランティックのベストR&Bコレクション1000シリーズの1枚なのです~。

 近所のタワレコには今年の春までアトランティックのベストR&Bコレクション1000シリーズが全然入荷してなかったんだけど~、最近になってようやく色々と入荷するようになって~、その中にこのブツがあったので~、思わずゲットしてしまったのです~。やっぱりおやぢ様の1位のブツだから~、気になって当然、ゲットして当然のブツだよね~。このシリーズって面白そうなブツがた~くさん出てて~、色々と欲しくなっちゃうのです~・・・って~、ホントに色々ゲットしてるんだけど~♪

 このブツだけど~、まずはとにかくジャケがカッコいいよね~。左利きでギターを構えているバーバラさんの図~、たまらないのです~♪ころんさんは「わっちも左利きですから、バーバラさんには親近感を覚えるのでやんす」なんて言ってたけど~、ころんさんが左利きなんて~、激しくどうでもいいことなのです~。同じ左利きってだけで親近感を覚えるなんて~、バーバラさんを侮辱するような発言はしないで欲しいのです~(←誰が侮辱しとんねん!byころん)。

「バーバラさんを侮辱してはいけないのです~。」byはりー
Phiwaiihari004

 ジャケからすると~、左利きのバーバラさんが達者なギターを弾きながらバリバリのブルースでも演奏しそうな雰囲気だけど~、実際は全然そんなんじゃなくて~、ポップでカワイイ感じのソウル・ミュージックなのです~。楽しいよ~♪このブツはアトランティックから出てるから~、レーベル的にはサザン・ソウルのイメージが強いんだけど~、アルバムの前半はどっちかと言えば~、モータウン的なノーザン・ソウルっぽいのです~。6曲目からはディープなサザン・ソウルっぽくなって来るけど~、どっちにしてもポップでカワイイことに間違い無いのです~。

 カワイイって言っても~、ダイアナ・ロスみたいなワザとらしい感じじゃなくて~、自然体なのに滲み出て来る可愛らしさが~、バーバラさんにはあるのです~。歌声はハスキーで~、どっちかと言えば「カワイイ」というより「カッコいい」なんだけど~、軽やかに楽しそうに歌ってる姿は~、やっぱりカワイイとしか言いようがないのです~。何だか不思議な魅力を持った人だよね~。ポップなソウルが好きな人にも~、ディープなソウルが好きな人にも~、どっちにも好かれるタイプの人だと思うのです~。

 そんなステキなバーバラさんのブツだけど~、赤点先生の採点は~、ころんさんの「高い点数ばかり付けてはいけません!」攻撃にもめげず~、96点なのです~♪

以上~、ヒワイイ大使のはりーでした~!あと~、下に試聴を貼り付けるので~、よかったら聞いてみてね~。また会いましょ~♪


「とりあえず1曲~、モータウンみたいでカワイイ曲なのです~♪」→コチラ

Categorie欧米  - コメント(2) TOP

2013’07.10・Wed

THE COASTERS 「THE PLATINUM COLLECTION」

Pcoasters001
 ピーター・バラカン氏の「魂のゆくえ」という本は、わっちが黒人音楽を聞く際のガイド本になっているのですが、それによると小学生の頃のバラカン氏はコースターズが「好きで好きでたまらなかった」のだそうです。わっちは今日に至るまでコースターズなるグループの歌を聞いたことは無かったのですが、小学生が好きになるような音楽ですから、子供向けの当り障りの無いバブルガムなポップスだと思い込んでいました。ところが最近になってこのブツをゲットして、わっちは驚いてしまったのでありますた。「な、何て素晴らしいんだ!」と。

 このブツは昨年日本発売されたのですが、05年に発売されたブツのリマスター盤となっております。わっちはつい最近ブックオフにて950円もの大枚をはたいてゲットしたのですが、これは大枚をはたいた価値があったと思っております!とにかくここに収録された音楽は真っ黒いフィーリングに溢れていて、活き活きとした躍動感に満ち溢れていると感じられます。こんな音楽を小学生の頃から好きだったなんて、バラカン氏ってマジで変人ですな。白人のガキなら、普通は白人のポップスを聞くじゃろ?

 コースターズが最も活躍していたのは50年代後半ですが、その頃の黒人音楽の状況は良く知らないんですけど、この連中みたいにドタバタとコミカルで、ユーモア感覚が溢れつつも真っ黒なフィーリングを持った歌手って、他にいたのでしょうか?この連中を聞いていて、わっちはスリム・ゲイラードなんておっさんを思い出したのですが、聞く人を何が何でも楽しませようとしているかのような感覚は、ゲイラードと同じくまさに芸人の鑑と言えるでしょう。

 この連中の音楽はドゥー・ワップと言われることが多々あるようですが、単なるドゥー・ワップではないと感じられますね~。意外にブルース感覚はしっかりとありますし、スリム・ゲイラードみたいなジャイヴ感覚も当然あり、ジャズやゴスペルとかロックンロールの感覚もしっかりと取り入れつつ、曲によってはラテン音楽的な部分も感じられまして、音楽的に非常に奥が深いと思います。ただ、そんな奥の深さを微塵にも感じさせず、楽しいノベルティソングとして聞かせる辺りは、音楽家として理想的な在り方なんじゃないですかね~。まあその辺は曲作りを担当していたリーバー&ストーラー(どっちも白人)の力量に負う所が大きいんでしょうけど、コースターズだからこそその世界を完璧に作り出すことが出来たのでしょう。

 何にしても、今更わっちがどーのこーの言うまでも無くコースターズは素晴らしいのですが、今更ではあってもこういう音楽に出会えるのは、本当に嬉しいものであります。イヤイヤ、マジで950円もの大枚をはたいて良かったと思います。今後もこういう素晴らしい音楽に、どんどん出会って行きたいモノであります。

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「まずは1曲、コミカルで楽しいですよ~♪」→コチラ

「もう1曲、ゴスペルっぽいかな?」→コチラ

Categorie欧米  - コメント(0) TOP

2013’07.09・Tue

CECILE CORBEL 「KARI-GURASHI~借りぐらし」

Pcecilecorbel001
 スタジオジブリのアニメなんぞにはこれっぽっちも興味はございませんが、知らぬ内に色々な作品を見てしまっていたりして。どの作品についてもいつも思うことですが、声優がド素人っぽい棒読みの連中ばかりで、耳に不愉快!何故ジブリアニメは棒読み声優ばかり使うのかね?などと文句を言うぐらいなら見なければイイんですけどね~♪

 このアルバムはジブリアニメの「借りぐらしのアリエッティ」のイメージ歌集ということで、少しだけ評判になったと記憶しておりますが、フランスのケルト系歌手兼ハープ奏者、セシル・コルベルが2010年に作ったブツでございます。このアニメは見ていませんので、ここに収録された曲が全て使われているのかどうかは知りませんけど、「サウンドトラック盤」と謳っていないところを見ると、本当に単なるイメージ歌集なのかもしれません。

 コルベルさんはフランスのブルターニュ地方出身らしいですが、もしかしてアラン・スティーベルの影響でケルティック・ハープをヤリ始めたとか?まあ別にそんなことはどうだってイイんですけど、ケルト系の音楽にはもう手を出すのはやめようと思っていたのに、何をトチ狂ったかこんなブツをゲットしてしまって、少々反省しているわっちなのでやんす。確か誰かがこのブツを誉めていたような記憶があって、以前からちょいと興味があったのですが、ブックオフの500円棚で見つけてしまって、思わず買ってしまいますた・・・。遺憾な~、中華系とケルト系は出来るだけ買わないようにしようと思ってたのに。

 ところで以前からわっちが勝手に思っていることですが、ケルト系音楽にはある黄金律があって、それはエレキ・ベースを使ってドーナル・ラニーの音作りのようにリズムを強化し、そこにちょいと舌足らずなカワイイ女性ヴォーカルを乗せれば、ケルト系マニア感涙の名作が出来上がり!ってことなんですけど、このブツはまさにその黄金律通りの作品でございまして、そりゃあケルト系マニアの評価もさぞ高いんでしょうよ、って気がします。

 というイヤミはさて置きこのアルバムですが、アニメのイメージ歌集ということで、より多くの人に聞いて欲しいという考えがあったことは想像に難くなく、ケルト的な雰囲気はしっかりとキープしつつ、一般的なリスナーにも聞きやすい音作りをしていると感じられます。わっちみたいな一般的ではないリスナーは、歌とハープだけにしてくれたらイイのに、とか思ってしまうんですけど、それじゃあアニメのイメージには合わないでしょうしね~。全体的に少々大袈裟なアレンジになっているのは仕方ないと思いますが、声と曲の良さでしっかりと聞かせてくれますので、まあ細かいことを言うだけ野暮かという気もしますね。

 何にしてもこのアルバムは、ケルト系の雰囲気が濃厚なロック・アルバムとして聞けば、実に上質な作品なのではないかと思います。細かいことは考えずに、雰囲気やメロディや歌の美しさを楽しめば、それで良いのではないでしょうか?ぶっちゃけ言うと、わっちは結構好きでやんすよ♪

あと、最近はアクセス数が激しく少なくて、わざわざ試聴を貼り付ける気にもなりませんので、試聴の貼り付けは無しでやんす。と言うか、今後試聴の貼り付けなんて面倒な事は一切やめようかな~なんて、マジで思っております。

Categorie欧米  - コメント(2) TOP

2013’07.08・Mon

北川稽古~FRANK ZAPPA/THE MOTHERS OF INVENTION 「WE’RE ONLY IN IT FOR THE MONEY」

Pfrankzappa003
 ヒワイイ大使のこにたんである。今回の「北川稽古」は、前回に引き続きフランク・ザッパのブツを取り上げる。今回は68年のブツだが、当時はビートルズの何ちゃらいうアルバムをパロったジャケが評判になったらしい。現在は違ったジャケで発売されておるが、インナーにはちゃんとパロジャケの写真があるはずだ。

 ところでこのアルバムは色々な実験的要素がある為に、非常に難解なアルバムであると言われている。曲の合間に挟まれる会話や唐突な展開を見せる音処理等々、常人には理解し難い要素が多々あるアルバムのようなイメージを持たれているようである。確かにワケのわからん音処理や意味不明のSE等が多々含まれており、実験音楽的な色彩の強い音楽ではある。そういう音処理が嫌いということであれば、このアルバムは避けられて当然である。ころんのような聞く耳の無いヤツは、そのような表面的な部分だけを聞いて「こんなアルバム嫌いでやんす」などと言うが、それはただの阿呆である。

「ころんはただの阿呆である。」byこにたん
Phiwaiikoni031

 じっくりと聞けばわかることがだ、曲そのものは実にポップでわかりやすいメロディのものばかりであり、ザッパにしては親しみ易いと言えるのではないか?まあザッパ自身がポップな曲をポップに聞こえないようにわざと処理しているのだろうが、当時はビートルズの何ちゃらいうアルバムで実験的な音楽をありがたがる風潮があったと思われ、そんな風潮を皮肉る為にわざわざこんなブツを出したのであろう。実験的な音作りをすればさも凄いことをヤッテいるように聞こえるが、実は音楽そのものは昔ながらのポップ・ミュージックでしかないのだから騙されるな、などど言いたかったのかどうかは知らぬが、ウチはそう理解しておる。

 だからと言ってザッパの音楽を聞くべきだなどとは全く思わぬが、興味があれば聞けば良いし、好きでも無いのに聞く位なら、最近ころんが色々と取り上げている60年代や70年代のR&Bやソウルを聞く方が遥かに良いであろう。ザッパの音楽なんぞ、所詮はインテリの白人が頭で考えて作り出したインテリ・ミュージックであり、黒人音楽のようなしなやかな肉体性を持つことが出来ない南蛮人による、ひがみの金切り声でしかないのである。まあ、その金切り声が面白かったりはするのだが。

以上、今回の北川稽古を終わる。

(ころんから少々)
 こにたんは基本的にザッパの音楽が好きなはずなんですが、結局は誉めてるんだか貶してるんだかよくわからない文章になってますね。まあ根っからの天邪鬼ですから、ザッパが好きだなどと思われたくないのでしょうね~。とりあえずこの盤は、ワケわからない音が色々と入り過ぎていて耳障りな部分が多いんですけど、曲自体はポップで楽しいと思います。とは言え、決してお薦めは致しませんけど。あと、試聴を探すのが面倒なので、試聴の貼り付けは無しでやんす。

Categorie欧米  - コメント(0) TOP

2013’07.07・Sun

KATE NASH 「MADE OF BRICS」

Pkatenash001
 みなさんこんばんわ。私老化防ぎ体の翼です。またころんさんにネタを書くようにゆわれましたので、またネタを書きます。ホントはめんどうで書きたくないんだけど、ころんさんがネタを書くようにひつこくゆうので、しかたないのでネタを書きます。でもイジメだと思います。ネタを書きたくないのにネタを書くようにゆうのはイジメです。ころんさんはアタシのことがすきだからイジメます。こどもみたいです。イジメは社会問題です。イジメをかくす学校はダメな学校です。

 今回のネタはイギリスかアメリカか知んないけど、どこかの国の歌手のケイト・ナッシュとゆう人のアルバムです。07年のアルバムです。さい近の人のアルバムです。ころんさんは前からアタシをいじめてて、大むかしのタイクツな音楽ばかり聞かせます。ロバート・ジョンソンはタイクツでイヤだったな~。カーター・ファミリーも大むかしでした。ケイト・ナッシュは大むかしじゃなくて今の歌手です。大むかしじゃないからちょっとうれしいかな~。ころんさんはアタシのことがすきだからイジメなくなったのかな~?でもネタを書きたくないのにネタを書くようにゆうのはイジメなのです。

「ころんさんはアタシのこと好きだからイジメます。」by翼
Ptsubasa033

 アタシはケイト・ナッシュってぜんぜん知らないけど、ころんさんはイライザ・ドゥーリトルに似たふいん気のオンコチシンがたの歌手ってゆってたけど、オンコチシンって何?ケイト・ナッシュはちょっとカスレてるっぽいかわった声だけど、歌はうまいと思います。ノリノリで楽しそうです。なんだかちょっとかわったっぽいふいん気の曲だけど、ポップで楽しい曲がいっぱいです。こどもがむじゃ気にイタズラしてるみたいなふいん気かな~。ちょっとカスレてるっぽいかわった声だけど、なんかカワイイです。カワイイはアタシは好きだな~♪

 ケイト・ナッシュは自分で曲作ってえんそうしててスゴイな~。アタシも自分で曲作ってえんそうして歌いたいです。みんな翼にはムリだってゆうけど、アタシはあきらめません。あきらめなかったらゆめはかなうのです。ケイト・ナッシュみたいなみんなを楽しくする曲作りたいな~。だからころんさんはもっと楽しい音楽教えてね!

(ころんから少々)
 翼のバカ文章にも慣れて来た今日この頃。今回のケイト・ナッシュは基本的に温故知新型の歌手だと思いますが、昔のポップスを再現するだけでなく、現代的で新鮮な感覚もキッチリ持ち合わせているのがイイですね。なかなか面白いポップセンスを持っていると思います。ただ、ちょっとマニアックで箱庭的な閉じた世界という雰囲気がありますので、その辺がもっと開けっ広げな表現になってくればもっと面白いんじゃないかと思いますね。あと、探すのが面倒なので、今回は試聴の貼り付けは無しでやんす。

Categorie欧米  - コメント(0) TOP

2013’07.06・Sat

赤点先生の音楽添削~THE PERSUADERS

Ppersuaders001
 みなさんこんばんは~。ヒワイイ大使のカワイイ担当はりーなのです~。今回は~、ニューヨーク出身のソウル・グループ~、パースエイダーズの73年盤を取り上げるのです~。2枚目のアルバムだね~。パースエイダーズって言ったら~、デビュー盤を推す人が多いと思うけど~、はりーはこの2枚目が好きなのです~。どうしてかって言ったら~、このジャケが大好きだからなのです~。ワルそうな4人のおじさん達が~、拳を握っているジャケが~、物凄くカッコいいのです~。シビレるのです~♪これはいつもの如く~、アトランティックのR&Bベストコレクション1000円シリーズの一枚なんだけど~、こんなブツまで出てるのが嬉しいよね~。

 パースエイダーズってニューヨークのグループだけど~、この時代はコーラス・グループに関しては~、フィリー・ソウルが本流だったので~、亜流扱いされることもあるみたいなのです~。でも~、フィリー・ソウルには無い魅力が満載で~、はりーは凄く良いと思うのです~。フィリー・ソウルって~、流れるようなストリングス・サウンドに乗って~、スウィートな歌を聞かせてくれるけど~、パースエイダーズは~、ワルそうなおじさん達が~、ワルそうな顔の通り~、迫力一杯のゴツゴツした感触のコーラスを聞かせてくれるのです~。メンバー達の声がぶつかり合うようなコーラスには~、ゴスペルっぽさがあると思うのです~。

「ゴスペルっぽいのです~。」byはりー
Phiwaiihari049

 別にどうでもいいんだけど~、ころんさんが~、「このコーラスは80年代後半にちょっとだけ活躍した英国のロック・グループ、クリスチャンズに似てるのでやんす」とか言ってたのです~。ハモるんじゃなくて~、まるで不協和音みたいに音がぶつかり合ってるコーラスが~、クリスチャンズっぽいんだって~。「バックの音をロックっぽくしたら、絶対クリスチャンズになりますよ」だって~。知るか~、そんなこと~!これはパースエイダーズなのじゃ~!

 で~、翼ちゃんが「ダースベイダーズ」って言い間違えたパースエイダーズだけど~、リードのダグラス・スコットのワイルドな歌い口と~、南アフリカのアマスワジ・エンヴェーロにも似たザラっとしたコーラスが~、素晴らしく魅力的なのです~。スウィートなソウルもイイけど~、こういう辛口なソウルもイイよね~。ただ~、このアルバム以降はフィラデルフィア勢と組んで~、イメージ・チェンジを図っていくんだけど~、はりーはこの独自路線を貫き通して欲しかったと思うのです~。

 というワケで~、赤点先生の採点は~、96点なのです~・・・って~、ころんさんに言われたんだけど~、「いつも高い点数ばかりだったら、採点する意味なんて無いですよね?」だって~。「採点やめたらどうです?」って言われたんだけど~、みなさんはどう思いますか~?

以上、ヒワイイ大使のはりーでした~。下に試聴を貼り付けますので~、良かったら聞いてみてね~。また会いましょ~♪


「とりあえず1曲~、辛口バラードなのです~。」→コチラ

Categorie欧米  - コメント(2) TOP

2013’07.05・Fri

北川稽古~ZAPPA/BEEFHEART/MOTHERS 「BONGO FURY」

Pzappabeefheart001
 久し振りの北川稽古である。今回はころんとの対談形式である。ウチはころんなんぞとは対談したくもないのだが、ころんがどうしてもと言うので仕方なくやってやる。便宜上ウチは「こ」、ころんは「ろ」と表記する。

ろ「久し振りの対談ですね。」
こ「お前と同じ空間に居て同じ空気を吸っているだけで吐き気がする。早く終わらせろ。」
ろ「相変わらずボロクソに言いますね。」
こ「そう言われるのが快感なのであろう?」
ろ「そんなワケないでしょうが。」
こ「ところで肺炎は大丈夫なのか?」
ろ「え、こにたんが心配してくれてるんですか?」
こ「肺炎になった途端にウチを遠ざけおって。夜な夜な枕元で『苦しかろ~、死んだ方が楽になるぞ~』と一晩中囁き続けてやろうと思っていたのに。」
ろ「どんな暇人やねん!」
こ「お前を想うからこその愛情である。」
ろ「心にも無いことを言うんじゃありません。ところで今回は、先日近所のタワレコの290円バーゲン箱で発見した、ザッパとビーフハートの75年の共演盤なんですが。」
こ「ハエハエカカカ ザッパッパ。」
ろ「確かにそんな邦題が付いたザッパのアルバムはありましたけど。」

こちらが「ハエハエカカカ ザッパッパ」
Pfrankzappa004

こ「うるさい郷ひろみにはキンチョール。」
ろ「今時の人には、何故郷ひろみなのかがわからんでしょう。それに郷ひろみにキンチョールかけてどうするんですか。」
こ「キンチョールで緊張する。」
ろ「ダジャレ言ってんじゃありません。」
こ「韻を踏んでおるのだ。」
ろ「今そんな必要はありません。今はこのブツについての話ですよ。」
こ「ハエハエカカカ ザッパッパ。」
ろ「殴りますよ。」
こ「面白い。かかって来い。」

「ハエハエカカカ ザッパッパ。」byこにたん
Phiwaiikoni038

ろ「・・・無視しよっと。で、ザッパとビーフハートなんていう、ワケわからん者同士の共演盤なんですが、」
こ「変態同士の共演盤だが、出て来る音楽はわかりやすい。」
ろ「まあそうですね。比較的ストレートな音楽をヤッテいると言うか、音楽的な奥の深さがわかりやすく表現されていますね。」
こ「コレを聞けば、ザッパやビーフハートの音楽が、ブルース、R&B、ゴスペル、ファンク、ジャズ等々の黒人音楽に深く根差していることが一発でわかる。」
ろ「確かに。ジャンルとしてはロックと言われる音楽ですが、最早ロックなんてジャンル分けはどうでもよくなって来ますね。」
こ「まあザッパが黒人だったら評判にもならなかったであろうし、カリスマ扱いをされることも無かったんだろうがな。変な黒人が変な音楽を作った位にしか認識されなかったであろう。」
ろ「確かにそうかもしれません。それにしても感覚的にはこの音楽、白人がヤッテいる割には真っ黒な感じですね~。P-ファンク軍団にも通じる、図太いファンク・ブルースのバンドって感じがします。」
こ「黒人音楽にここまで深い理解を示しながら決して単なるコピーに終わらず、誰にも真似出来ないような独自の音楽に昇華した白人は、ザッパやビーフハート以外にはおらぬであろう。」
ろ「めっさ音楽マニアだったんでしょうね~。絶対に友達にはなれないタイプだと思いますけど、ちょっと親しみを感じてしまうのでやんす。」
こ「とか何とか言いながら、今年の始めにブツを大量に売り払った時に、持っていたザッパのブツも全部処分したのは一体誰だ?」
ろ「持っていたブツは、イマイチ親しめなかったんでやんすよ。でもこのブツは良いと思います。これは売り払わないと思いますよ、きっと。」
こ「どうだかな。」
ろ「実は今回の290円バーゲンでは、もう1枚ザッパのブツを買ってしまいまして、もしかしたらザッパを見直す機会になるかもしれません。」
こ「お前が見直したところで、何がどうなるワケでもあるまい。」
ろ「そりゃそうですけど、わっちの音楽観が広がるってことで。」
こ「そんなのは単なるお前の自己満足に過ぎん。」
ろ「そうですよ。たくさん音楽を聞くのは、誰の為でもなく、まずは自分の為ですしね。」
こ「それはその通りだ。」
ろ「そしてこんなボログをヤッテ、万が一誰かの為になれば嬉しいな~って。」
こ「誰の為にもならんがな。」
ろ「それでもイイですよ。続けることに意義があるってことで。」
こ「お前の偽善者ぶりにはついて行けん。もう帰る。さらば!」
ろ「コラ待たんかい!まだ話の途中やんけ!」

以上、こにたんが途中で逃げてしまったので、これでどうでもいい対談を終わります。あと、探すのが面倒なので、試聴の貼り付けは無しでやんす。

Categorie欧米  - コメント(0) TOP

2013’07.04・Thu

DEF LEPPARD 「SONGS FROM THE SPARKLE LOUNGE」

Pdefleppard001
 あれはまだわっちが中学生の頃、兄貴の部屋に置いてあった週刊FMという雑誌を読んでみると、ラジオ&レコーズ(だったっけ?)の年間ベスト100なんてのが載っておりまして、ポリスの「シンクロニシティ」をおさえてアルバム部門の第一位だったのが、デフ・レパード(以下デフレ)の「炎のターゲット」というアルバムでした。

 当時はヘヴィ・メタルが台頭し始めた時期でしたが、その頃は音楽のことなんて何一つわからなかったわっちは、FM番組から録音したデフレの音楽をちょくちょく聞いていたのでありました。「ロック・ロック」とか「フォトグラフ」なんて曲は、よく聞きましたね~。その後はデフレの音楽からは全く遠ざかってしまったのですが、ドラマーが交通事故で片腕がもげるというショッキングな出来事があった為に、この連中の名前だけは強烈に印象に残ってしまったのでありました。

 この事件がキッカケになったのかどうかは知りませんけど、この連中はその後どんどん巨大なロック・バンドになって行き、今やロックの大御所バンドになってしまったワケであります。元々マイナー志向が強いわっちは、超メジャーになったこの連中からは完全に興味を失ったのですが、この度近所のタワレコの290円バーゲンでこの連中の08年のブツを発見し、とりあえずゲットしてみたのでありました。

 中学生の時の印象から、わっちはこの連中をずっとヘヴィ・メタルのバンドだと思っていたのですが、このブツを聞いてみると全然ヘヴィ・メタルって感じじゃないですね~。演奏はハードですけど、音楽的には非常にポップでストレートなロックンロールという感じです。殆ど直球勝負という雰囲気のロックンロールですので、こういう音楽はいつの時代でも安定した需要があるんでしょうね~。メンバーの連中は既にかなりの年齢になっているはずですが、いつまでもこういう若者向け(?)のバブルガム的なロックをヤリ続けているその継続性は、なかなか立派と言えるのかもしれません。

 だからって今後この連中の音楽を積極的に聞くかと言えば、決してそんなことは無いんですけど、こういうロック・バンドがいるということを知っておくのもイイかな~って感じですかね~・・・別に知らなくてもイイんですけど。まあこの連中は好きでこういう音楽をヤッテいるのはわかりますし、白人のロック・バンドにありがちな「オレは芸術家なのだ!」みたいなどうでもいい自意識過剰な所もあまり感じられませんので、その分スッキリとしているんですけど、だからって今後この音楽を積極的に聞くようなことは、やはり決して無いんでしょうね~。

あと、デフレの音楽に興味がおありの方がいらっしゃるとは思えませんので、試聴の貼り付けは無しでやんす。

Categorie欧米  - コメント(0) TOP

2013’07.03・Wed

赤点先生の音楽添削~PHILIPPE WYNNE 「STARTING ALL OVER」

Pphilippewynne001
 みなさんこんばんは~。ヒワイイ大使のカワイイ担当はりーなのです~。今回は~、フィリー・ソウルの名グループのスピナーズでリードを取っていた~、フィリップ・ウィンの77年のソロ・デビュー盤を取り上げるのです~。これもアトランティックR&Bベスト・コレクション1000円シリーズの1枚だよ~。ちなみに~、世界初CD化なのです~。このシリーズは~、世界初CD化とか日本初CD化とかいっぱいあるから嬉しいよね~♪

 このアルバムは~、マンガみたいなジャケが凄くダサいけど印象に残っちゃって~、思わず買っちゃったのです~。でもフィリップ・ウィンだから~、中身に間違いは無いよね~と思ったのです~。でもこのジャケだから~、当時も今も売れるはずがないよね~。せっかくのソロ・デビューなんだから~、もっとマシなジャケにした方が良かったと思うのです~。でもこのジャケだから~、隠れた名盤として~、今後も語り継がれて行くかもしれないよね~。

 ジャケはダサいんだけど~、中身はやっぱり間違い無いのです~。流石にフィリップ・ウィンなのです~。特徴的なちょっとハスキーな歌声は~、男らしい優しさに溢れているのです~。軽く歌っているように聞こえるんだけど~、歌に込められた気持ちが伝わって来る~、ホンモノのソウルが感じられるのです~。フィリー・ソウルを受け継いでる作品だから~、紳士的で洗練されてるけど~、志は熱いって感じがするのです~。ホント、イイ歌手だよね~、この人って~。

「とってもイイ歌手なのです~。」byはりー
Phiwaiihari027

 このアルバムは~、全10曲入りだけど~、ウィンさんが作詞とか作曲とかで8曲に関わってるのもイイよね~。ソウルとかR&Bって~、歌手と作曲が分業になってることが結構あるけど~、自分で曲作りに関わって~、歌いたいことを気持ちを込めて歌うっていう姿勢は~、とてもステキだと思うのです~。曲も粒揃いで素晴らしいのです~。あと~、プロデュースも自分でヤッテいるのです~。ソロ・デビュー盤だし~、自分のヤリたいことを自分でしっかりと管理したかったんだろうね~。とても筋が通っていると思うのです~。

 というワケで~、このアルバムは~、やっぱり隠れた名盤だと思うのです~。フィリー・ソウルの流れを汲む作品だから~、都会的に洗練されてて~、スウィートでオシャレな感覚が強いんだけど~、芯のあるしっかりとしたソウルが感じられる仕上がりなのです~。赤点先生の採点は~、ころんさんが「高い点数ばかり付けてはいけません」とかゴチャゴチャうるさいけど~、97点つけるのです~。

 以上、ヒワイイ大使のはりーでした~。下に試聴を貼り付けるので~、よかったら聞いてみてね~。それじゃあ、また会いましょ~♪


「とりあえず1曲~、とっても優しい雰囲気の歌なのです~♪」→コチラ

Categorie欧米  - コメント(0) TOP

2013’07.02・Tue

興味津々音楽探求~JOVELINA 「PEROLA NEGRA」

Pjovelina001
 皆様今晩は。ヒワイイ大使の巨乳担当めぐりんです。今回の「興味津々音楽探求」で取り上げますのは、ブラジルの歌手ジョヴェリーナの86年のデビュー盤で、邦題は「サンバの黒い弾丸」です。デビュー盤とは言っても、当時既に40歳を越えていたそうですので、かなり遅いデビューですね~。

 ところで前回はアニセート・ド・インペリオのアルバムを取り上げて、パルチード・アルトに興味津々になってしまいましたので、、ころんさんにパルチード・アルトのアルバムが他に無いか聞いたところ、「解説にパルチード・アルトって書いてありますよ」ってことで、ジョヴェリーナさんのこのアルバムを持って来てくれました。「やった~!」と思ったら、ころんさんがボソっと一言、「中原仁って人の解説なので、あんまり信用出来ないですけど」ですって。信用出来ないって?

 とりあえず興味津々でこのアルバムを聞いてみたんですけど・・・これってパルチード・アルトなんですか?解説によると収録曲の大半はパルチード・アルトということなんですが、一体どの曲がそうなんでしょうか?解説には、パルチード・アルトとは「同じテーマをコーラスがリフレインしソロが答えるというスタイルの事」と書いてあるのですが、何だかさっぱりわかりません。アニセートさんのアルバムを聞いて、わたしはパルチード・アルトって、「簡素な伴奏で歌われるコール&レスポンス」というイメージを持っていましたので、普通のサンバとあまり変わらない賑やかな伴奏のこのアルバムの音楽は、一体どこがパルチード・アルトなのか、全然わからないのです・・・これって普通にサンバじゃないんですか?

「何だかよくわからないんです。」byめぐりん
Phiwaiimegu053

 別にパルチード・アルトということを意識しないで聞けば、ジョヴェリーナさんの迫力たっぷりの黒っぽい歌が冴える、賑やかで楽しいサンバだと思うんですけど、これをパルチード・アルトと言われるとですね~、何だか違和感があるっていうか。アニセートさんのパルチード・アルトと全然違いますので、正直言って戸惑っています。せっかくの楽しい音楽のはずなのに、余計な解説に余計なことが書いてあった為に、楽しめなくなってしまったって感じです。あ、でもころんさんが「信用出来ない解説」とか言ってましたし、だったら信用しなかったらいいんですね!そうしましょう♪これからはこのアルバムは、黒っぽい歌唱のサンバということで楽しんで行きたいと思います。

 以上、ヒワイイ大使の巨乳担当めぐりんがお送りしました。今回は試聴が見つかりませんでしたので、試聴の貼り付けは無しです。それではまた次回まで、ご機嫌よう~♪

Categorieラテン  - コメント(0) TOP

2013’07.01・Mon

DON COVAY 「THE PLATINAM COLLECTION」

Pdoncovey001
 わっちはビートルズとローリング・ストーンズには全然興味が無いのですが、そんなわっちでさえも、ストーンズのミック・ジャガーが必死のパッチでコピーに励んだのが、メリケンのソウル歌手ドン・コヴェイであることは知っております。コヴェイ君の歌を聞いてみれば、誰もが「おおっ、めっさミック・ジャガーに似とる!」と思うことでしょう。あ、実際はミック・ジャガーが「ドン・コヴェイに似とる!」ワケなんですけど。今回取り上げますのは、そのコヴェイ君の22曲入りベスト盤でございます。

 コヴェイ君が活躍していた時代のソウル歌手と言えば、オーティス・レディング、ウィルソン・ピケット、アレサ・フランクリン等々、まさに錚々たるメンバーがズラリと揃っているのですが、そんな中で埋もれてしまうことなく活躍出来たのは、独特のポップ・センスを持っていたからでありましょう。聞いてみれば誰でもわかる通り、とにかくこの人の音楽にはロックっぽいカッコ良さがあるんですよね~。特にギターのフレーズとかビート感なんかは、ソウルというよりもロック的なダイナミズムに溢れているように感じられます。

 それに、「ミック・ジャガーに似ている」ということからもわかる通り、コヴェイ君の歌は真っ黒いというよりは、むしろ黒人音楽に憧れた白人が必死にコピーしているような感覚がありまして、何だかちょいと微笑ましい軽やかさがあるのでございます。決して上手い歌手ではないのですが、全力で歌に取り組んでいるカッコ良さが感じられるのでありますよ。まあミック・ジャガーなんかはコヴェイ君のこういう独特なセンスを素直にカッコいいと思って、「よっしゃ、わっちはドン・コヴェイ様のマネをするのでやんす!」と思ったのでありましょう(?)。

 更にこのコヴェイ君が独特なのは、当時としては珍しく、自分で曲を書いたり音作りに関わったりと、マルチな才能を発揮していたところでございましょう。歌手と曲制作の分業制が当たり前だった当時、コヴェイ君のDIY精神はなかなかに珍しいモノであったと思われます。そんなDIY精神と独特のポップ・センスは、ミュージシャンを夢見る白人小僧どもの憧れとなり、そしてお手本となったのではないかと推測致します。だってオーティスとかは凄過ぎてコピーなんてする気にもなれませんが、コヴェイ君だったら真似してみようかな~って思えますしね~。

 このブツは、そんなコヴェイ君の独特な音楽がギッシリと詰まっているお得盤でございます。わっちはブックオフで950円でゲットしましたが、新品でも1500円で買えますし、興味がおありの方には気軽にコヴェイ君を楽しめる盤として、お薦め出来ると思います。まあこの「プラチナム・コレクション」シリーズの常として、何年の録音とかプロデューサーが誰とかのデータが全然無いという欠点はありますが、音そのものを楽しむのであればコレで十分でありましょう。

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「とりあえず1曲、コヴェイ君の代表曲ですね~。」→コチラ

Categorie欧米  - コメント(0) TOP

 |TOP