2017’03.24・Fri

FRANCO ET LE TOUT PUISSANT O.K..JAZZ 「LE GRAND MAITRE FRANCO」

pfrancotpokjazz012.jpg

 昨年のクリスマス関西旅にて神戸で発見しました、リンガラの大巨人フランコ先生の1990年のアルバムであります。全6曲入りですね。タイトルに「ル・グラン・メートル」とありますが、実は音楽評論家の中村とうよう氏選曲の日本独自編集盤に同じタイトルのブツがありますので、見つけた時は「もしかして中身が同じ?」なんて思いましたが、中村氏選曲盤に収録されている大ヒット曲「マリオ」が入っていませんので、多分全く別の盤と判断してゲット致しました。家に戻ってから確認してみると、カブっているのは3曲でした。6曲入りで3曲のカブリは多いかもしれませんが、フランコ先生の音楽大好きなわっちにとっては、そんな些細な事はどうでもいいです。聞けるだけで嬉しいですから。

 ところで今回の盤にはブツにデータが一切記載されていませけど、中村氏の選曲盤の解説によると80年代後半の録音物らしいです。中村氏はこの盤の曲を自分の編集盤に入れているワケでありまして、そりゃあ曲もカブリますわな。しかしこの盤を聞けば、編集盤に曲を入れたくなる気持ちはよくわかります。一般的にフランコ先生の全盛期は70年代と言われていますが、フランコ先生の晩年とも言えるこの80年代後半の録音盤には(フランコ先生は89年に亡くなっています)、70年代録音に負けない瑞々しさや新鮮さがありますから、わっちが編集盤を作ったとしてもココから何曲か選ぶでしょう。晩年になっても枯れることの無いフランコ先生の音楽は、本当に魅力的だと思いますね~。

 それにしてもこの盤に収録されている曲の素晴らしさは、筆舌に尽くし難いモノがありますよね~。リンガラ(ルンバ・コンゴレーズと呼ぶ方がイイのかな?)の良さが全てココに集約されている、なんて言うとちょっと大袈裟かもしれませんけど、時間をかけてゆったりと盛り上がるグルーヴは、まさに天上の音楽って感じです。優しくて甘い男性コーラス、ホンワカした女声コーラス、キラキラと輝くようなギターの音色、活力溢れる温かい音のホーンセクション、控え目ながらシッカリと屋台骨を支えるベースとドラム、全ての音が限り無く美しいです。オーケストラ・バオバブあたりのゆったりした極上のアフロ・キューバンとはまた違ったリンガラ独特のノリは、やっぱりわっちにとっては最高のアフリカ音楽ですね~♪

 別にどうでもいい話ですが、中村氏が自分の編集盤の解説に書いている通り、フランコ先生の音楽を聞いていると、「何もほかのことをする気になれない」「いつまでも聞いていたい」なんて気分に本当になって来るんですよ。う~む、一体何なのでしょうか、この素晴らしさって。いつどこで聞いてもそんな気分にさせてくれるフランコ先生の音楽、いくらスキャンダル病に冒されたわっちとは言っても、フランコ先生の音楽は絶対に必要ですね~。イヤイヤ、こんな素晴らしい音楽に出会えて、わっちは本当に幸せ者だと思っております~♪
スポンサーサイト

Categorieアフリカ  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP