2017’03.29・Wed

THE MAMBO KINGS

pmambokings001.jpg

 「マンボ・キングス~わが心のマリア」という1992年の映画のサントラ盤であります。こんなタイトルの映画があるのは知っていましたが、見たことはありませんし当然サントラも聞いたことはありません。先日ブックオフの280円コーナーを見ていた時に偶然発見したんですけど、曲目を見るとセリア・クルースとかティト・プエンテ、リンダ・ロンシュタット、ベニー・モレー、ロス・ロボスなんて名前がありましたので、思わずゲットしてしまった次第であります。映画には興味ありませんけど、サントラにこれだけのメンツが揃っていたら、ラテン好きなら手が出てしまいますよね?

 別にどうでもいい話なんですが、わっちは以前から探しているブツがありまして、それは「メトロポリス」という映画の80年代に出たサントラ盤なんですけど、フレディ・マーキュリーとかボニー・タイラーとかが歌う曲がなかなか強烈で、是非ともゲットしたいと思って既に何年も探し続けているんですけど、未だに出会っておりません。まあタワレコのサントラコーナーとかならすぐに見つかるのかもしれませんが、高い値段を出して新品を買う気はありませんので、ブックオフあたりで見つかればな~と思っております。そんなワケでサントラコーナーを見ることがたまにあるのですが、今回も「メトロポリス」を探していて、たまたま「マンボ・キングス」を見つけたのでありました。

 という激しくどうでもいい話はさて置き「マンボ・キングス」でありますが、凄いメンツが揃っているだけに当然の如く間違いの無い仕上がりになっております。貫禄のセリア・クルース、快活なティト・プエンテ、美しいリンダ・ロンシュタット等々、どうやったってスベリようが無いのですが、この映画の為に結成されたのかどうかは知りませんけれども、マンボ・オール・スターズというバンドの演奏も実にイイ音で鳴っています。短い曲が多いので、次から次へ場面が展開して行くような感覚がある盤ですけど、それがサントラ盤らしくてよろしいのではないかと思います。

 曲も間違いの無いモノが揃っておりますが、特にセリア・クルースが歌う「グアンタナメラ」には感激してしまいますね~。リンダ・ロンシュタットの「キエレメ・ムーチョ」もめっさ美しいですし、俳優のアントニオ・バンデラスが歌うタイトル曲「わが心のマリア」が哀愁タップリの仕上がりでこれまためっさステキですし、言う事無しの盤になっていると思います。まあ、あまりに良く出来ていますので、1回聞けばもう安心してしまって繰り返し聞いたりすることは無いような気がしますけど、ラテン音楽入門盤には適している優れモノだと思います。
スポンサーサイト

Categorieラテン  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP