2017’04.03・Mon

NUSRAT FATEH ALI KHAN 「SHAHEN-SHAH」

pnusratfatehalikhan004.jpg

 パキスタンのカッワーリー歌手、ヌスラット・ファテ・アリ・ハーンのアルバムの中で一番好きなのはどれ?なんて質問されたら何て答えますか?ヌスラット自身は生前のインタビューで、声が良く録れているから今回取り上げますこの1989年のリアル・ワールド盤が好き、なんて言っていたと記憶しております。わっちはヌスラットの盤は色々持っていまして、フランスでのライヴを収録したのオコラ盤VOL.1から5、ビクターの「法悦のカッワーリー」の1と2、リアル・ワールド盤の「シャバズ」、リック・ルービンがプロデュースしたファイナル・レコーディングス等・・・って、そんなに持ってないか。まあどれか1枚と言われたら、曲目的には「法悦のカッワーリー2」が間違い無く最高ですし、「シャバズ」の迫力も捨て難いな~って感じで、なかなか難しい問題でありますね。

 ヌスラットの音楽はめっさ好きなわっちでありますが、実はこの「シャヘン・シャー」(日本盤は何故か「ショーハン・ショー」ってタイトルでしたよね?)は聞いたことが無かったんですよ。何故かと言いますと、昔はミュージック・マガジン誌の忠実な読者だったわっちは、MM誌でこの盤の評価がイマイチ高くなかったので、聞こうとしなかったワケでございますよ。ヌスラットの盤には9点か10点しかつけない(?)中村とうようが、確か8点をつけていたはずで、わっちとしましては「うわっ、評価低~っ!」って思ってしまって、そのまま聞かずじまいになっていたのであります。しかしこの度ブックオフの500円棚でこの盤を発見しまして、久しくヌスラットから遠ざかっていることもありまして、ちょいと聞いてみようかな~なんて出来心を起こしてしまったのでありました。

 聞いてみますと、やはり安心のヌスラット印とでも言いますか、変なオーバーダブとかヤッテいない正調カッワーリーを収録している盤でありますので、悪いワケがありません。まあ今更ヌスラットを聞いたところで衝撃を受けたりするはずもなく、「あ~、相変わらずのヌスラットだな~」ぐらいにしか感じないのでありますが、それでも絶好調の頃の録音ですから、溢れ出て来るパワーには凄いものがあると思います。でも、どの盤を聞いても基本的には同じって感じがするのも事実でありまして、ヌスラットの盤は一番好きなモノを持っていればそれでイイのかな~なんて思ったりもするのであります。ですので、冒頭の「ヌスラットの盤の中で一番好きなのはどれ?」なんて自問自答が出て来るワケでありまして・・・。

 とか何とか言いつつも、ヌスラットを聞いていたら気分がイイというのも確かですので、だったらヌスラットの盤だったら何でもかんでも持っておいて、気分によってテキトーな盤を選んで聞いていればそれでイイんじゃね?な~んて思ったりもして、わっちのヌスラットに対するスタンスは、いつまで経っても決まらないのでありました~♪でもな~、スキャンダルとフランコ先生の盤だったら何でも欲しいですけど、ヌスラットの盤は何でもかんでもってワケには行かないかな~。そこまで思い入れ無いし。
スポンサーサイト

Categorieパキスタン  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP