2017’04.13・Thu

SONGHAI

psonghai001.jpg

 マリのコラ奏者のトゥマニ・ジャバテ、スペインのフラメンコバンドのケタマ、英国のベーシストのダニー・トンプソンが組んだプロジェクト、ソンガイの1988年のアルバムであります。ブックオフの500円棚にて発見致しました~♪以前ヒワイイ大使のななみーがトゥマニ・ジャバテのブツを取り上げていましたけど、その時にソンガイの存在を思い出しまして、いつか聞いてみたいな~と思っていたのですが、意外なほど早く出会うことが出来て嬉しいです!あまり聞く気にならない素っ気無いジャケではありますが、アフリカ音楽好きはトゥマニの名を、フラメンコ好きはケタマの名を、ロック好きはダニー・トンプソンの名を見れば、少しは興味が湧くプロジェクトなのではないかと思います。

 それにしても何だかワケがわからない組み合わせの連中ではありますが、内容の方は間違い無い仕上がりになっていますね。まずはとにかくトゥマニが弾くコラの音がキラキラと輝いていて宝石のように美しいんですけど、そこに絡んで来るフラメンコギターと実に相性が良いんですよ。そして音楽全体をグイグイとスウィングさせるスピード感のあるベースが、これまた実に良い音なのであります。イメージとしては文化的にあまり交わりの無い要素が集まっているのですが、合わさってみたら素晴らしい音楽に仕上がっているんですよね~。曲によってアフリカ色が強かったりフラメンコ色が強かったりするワケではありますが、お互いがお互いに無い部分を補完し合っていて、それぞれの音楽を強化しているように感じられるのがよろしいかと思います。

 個人的にはアフリカ色が強い曲の方が好みなんですが、あまり馴染みの無いフラメンコ色が強い曲も何の抵抗も無くスンナリと聞けてしまうのは、勿論出来上がっている曲が良いからに決まっているのですが、どちらもアラブの要素が入っている音楽ですから、もしかしたら意外なほどの親近性があるのかな~って気もしますね。そんなことを考えると、今後はフラメンコにもう少し興味を持ってみてもイイのかな~と思ったりして。思い出してみれば、わっちが持っているフラメンコ盤は、ミュージックマガジン誌周辺で評価が高いラ・ニーニャ・デ・ロス・ペイネスの編集盤ぐらいですので、とりあえずはケタマの単独盤でも聞いてみようかと思ったり思わなかったり・・・。

 まあフラメンコを今後聞くかどうかは置いといて、まずはソンガイの音楽をもっとジックリと味わう必要があるかな~って思いますね。この盤が世間でどのような評価をされているのかは知りませんけど、マリの音楽とフラメンコの実に自然なミクスチャーは聞いていて実に爽快で美しいですし、個人的には素晴らしい作品だと思っております。あと、縁の下の力持ち的な存在のダニー・トンプソンのベースも、両者の接着剤としての機能を見事に果たしていると思いますし、全てが良い方向に転がったステキなミクスチャー音楽だと思います。
スポンサーサイト

Categorieアフリカ  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP