2017’04.20・Thu

NOBUYO 「LAGRIMAS」

pnobuyo001.jpg

 多分日本人の歌手なんだと思いますが、NOBUYOという人の2012年のアルバムであります。この人が何者なのかは全く知りませんが、これまで何度かジャケを見かけたことがあって気にはなっていたんですけど、今回ブックオフの280円棚で見つけましたので、試しにゲットしてみた次第であります。ジャケの写真からすると日本風の名前の東南アジア人だと思っていたのですが(ベトナム人かと思いました)、おそらく日本人ではないかと思います。そんな得体の知れない人がメキシコでこの盤をリリースしているワケなんですが、一体どういう事情でこんなことになったのか、定かではありません。中にはスペイン語で何やら文章が書いてあるんですけど、さっぱりわかりませんし(あの恐ろしい2011年の津波、とか書いてありますが)。

 そんな不思議歌手のNOBUYOさんですが、メキシコでブツを出していますのでマリアッチとかの如何にもなメキシコ音楽をヤッテいるのかと思いきや、ピアノやギターを中心とした静謐な音をバックにしっとりしたスペイン語やポルトガル語の曲を歌っておりまして、ますます一体何者なのかワケがわからなくなって来るんですよね~。超有名曲の「ククルクク・パローマ」があるかと思えばアマリア・ロドリゲスの「ラグリマ」なんかも取り上げたりしていますし、かと思えばタンゴ歌謡もありますし、ラストは日本語の曲だったりして、一体何故わざわざメキシコでこんな盤を出したのか、謎が謎を呼ぶ不思議盤って感じですね。メキシコにはこういったラテンしっとり歌謡の、一定の需要があるんでしょうかね~?

 まあその辺の事情は全くわからないとは言え、NOBUYOさん自身の歌は本格的なスペイン語歌謡(ポルトガル語も含む)でありまして、ちょいと翳りのある湿った情緒が感じられる歌はなかなかに魅力的だと思います。ヤッテいるのはマイナー調のラテンしっとり歌謡でありますが、こういう物悲しげな歌がお好きな人は、日本人には結構いらっしゃるんじゃないかと思います。しかもラテン音楽らしさを演出するパーカッションを基本的に全然使っていませんので、哀愁漂う美しいメロディが強調されていますから、ますます日本人好みなんじゃないかと感じられますね。まあNOBUYOさんはそんなに上手いという歌手ではありませんけど、歌にシッカリと情感を込められる人だと思います。

 何にしても、一体何が何だかよくわからない盤ではあります。しかしラストの日本語の「MANGETSU-NO YUBE」という曲を聞くと、おそらく2011年の大震災を受けて出されたアルバムなのかという気はしますね。復興を願う内容のこの曲を聞いていると、アルバム全体があの大震災の犠牲になった方々への鎮魂歌として捧げられているのかという気がして来まして、そう考えると全編が静謐なしっとり歌謡になっているのも納得が行きます。まあ真意の程は定かではありませんけど、アルバムを丸々1枚聞いて初めてその意図がわかったような気になれる盤でありますね~。
スポンサーサイト

Categorieラテン  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP