FC2ブログ
2017’10.15・Sun

原田知世 「音楽と私」

pharadatomoyo001.jpg

 現在バンコク旅行記を絶賛執筆中でありますが、なかなか進んでおりません。とりあえずはバンコクでもウォークマンで聞いてしまった盤を取り上げようかな~ってことで、今回はコチラの盤を。

 前にレンタル屋に行った時のこと、嫁さんが「コレ聞いてみたい!」と言ったんですよ、原田知世の今年発売のこの盤を。嫁さんは原田さんをハワイかどっかで見かけた事があって、めっさキレイで相当に印象が良かったらしく、原田さんのファンみたいなんですよね~。昔っからあんまりイメージが変わらなくて老けない人だな~という感じはしますけど、わっちは別に原田さんには思い入れはありませんし、内心は「え~っ、原田知世かよ」なんて思いつつレンタルしたんですよこの盤を。どうやらコレってセルフカバー集らしく、「時をかける少女」なんかを新しいアレンジで歌い直しているとかで、何だかますます期待出来ないな~なんて思ったりして。

 で、聞いてみたんですよこの盤を。1曲目が「時をかける少女」なんですが、ストリングス・アレンジになったこの曲、「一体何が良いのじゃ?」って感じで全然面白いと思わなかったんですよ。ジャケを見たら地味に結構老けててババアになってることもあって、全然イメージがよろしくなかったんですよ。そうなって来ると全てがつまらなく感じられて来て、途中でストップしようと思ったんですよ。でも折角レンタルしたんだし、我慢して聞き続けたんですよこの盤を。「あ~、つまんねえな~」とか思いながら。でもわっちはビックリしたんですよ、8曲目の「空と糸」という曲が流れて来た時に。「な、何じゃこりゃ!」と思ったんですよ、歌詞が英語のこの曲を聞いて。アコースティックなフォークタッチ&ストリングスの美しいアレンジに無国籍風な原田さんのさり気ない歌、「めっちゃくちゃに素晴らしいやんけ!」と思ったんですよ。

 そうなって来ると印象がガラリと変わってしまいまして、再度聞き直してみたらどの曲もめっさイイんですよ。「時をかける少女」が面白くないなんて言ったのは誰だ?イイ歌イイ曲イイ演奏じゃないですか!全てがつまらなく感じられて来たなんて言ったのは誰だ?どれもイイ歌イイ曲イイ演奏じゃないですか!弦楽四重奏みたいなのもあれば渋谷系ポップスみたいなのもあり、チャイが歌いそうな温故知新タイプの曲もあり、70年代の日本のシティ・ポップスみたいなのあり、ピアノ弾き語り調だったりアコギ弾き語り調だったり、アレンジもめっさイカしてる~♪そして何よりも原田さんの歌がめっさナイスなんですよ。

 原田さんってそんなに歌が上手い人ではないと思いますが、イイ歌を聞かせてくれる人なんですよ。「歌が上手い」ってことと「イイ歌を聞かせる」ってことは全く別物でありまして、歌が上手くても全然心に響かない歌手もいれば、歌が下手でも伝わるモノがある歌手もいるワケですよ。原田さんはそんなに上手くなくても、聞き手に心がこもった歌をちゃんと届けてくれる歌手なんですよ。だから優れた歌手なんですよ原田さんは。ついでに言うと、ジャケを見ても笑顔がステキな美人さんですし(ババアなんて言ったのは誰だ?)。そんなワケで、原田さんの盤をレンタルして本当に良かったと思うんですよ。原田さんがこんなにステキな歌手だと気付くことが出来て、本当に良かったと思うんですよ。今更ながらに原田さんファンの仲間入り~♪
スポンサーサイト



Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP