FC2ブログ
2017’10.23・Mon

酩酊音楽酒場~SEPREWA KASA

pseprewakasa001.jpg

 皆さんこんばんは~。ヒワイイ大使のななみーですよ~。今回は2008年に発売されたガーナ音楽盤で、「セプレワ・カサ」を取り上げますよ~♪この盤はバカころんが前に神戸でゲットして来たブツなんですけど、まともに聞かないまま埋もれてしまっていましたので、「何を勿体無いことしとんねん!」ってことで、私がころん棚からパクって来たのでありました!めでたしめでたし~♪ころん棚には「買って安心して聞かない」ってパターンのブツが結構ありますので、そんな盤は今後は私がちょくちょく拾って行きたいと思っておりますわよ!

「私が拾って行きますね!」byななみー
phiwaiinana061.jpg

 今回取り上げるセプレワ・カサはガーナのおじさん3人組のグループで、セプレワという小型のコラみたいな楽器とギターのアンサンブルを中心にした音楽を聞かせてくれます。ジャケのイラストがセプレワで、コロコロとした可愛くてキレイな音がとってもステキですね。セプレワで演奏される伝統的な音楽は、アフリカ最初のポピュラー音楽ハイライフのルーツと言われているらしいんですけど、その割にはセプレワなんて楽器のことはこれまで一度も聞いたことが無いわね~って思ったら、現地のガーナでもつい最近まで殆どの人が知らないと言うか、忘れ去られた楽器だったんだそうです。セプレワ・カサのおじさん達は、そんな幻の楽器となってしまったセプレワを復活させるべく立ち上がったというワケですね。

 そんなセプレワを中心にして演奏されるアコースティックな音楽は、とにかく美しいのなんのって、トゥマニ・ジャバテのコラの演奏と並べても遜色の無い美しさですわよ!でもコラの演奏ってちょっと物悲しい哀愁が漂ったりして「夜の音楽」って感じがありますけど、セプレワはちっちゃくてカワイイ分ホンワカ和める音が出て来ますので、「昼の音楽」って感じですね~。お昼休みに楽しいひと時を過ごせる音楽って言うか、こんなにキラキラ輝くステキな音楽が聞こえて来たら、お昼休みが永遠に続いて欲しいって思ってしまいますよ、きっと。あ、別にどうでもいいんですけど、こういう伝統的な音楽の復活って言うと、何だかライ・クーダーがでしゃばって来そうな気がするのは私だけ?

 ところでセプレワ・カサって、これ1枚しかアルバムを出してないのかしら?こんなにステキな音楽をヤッテるグループなのに、たった1枚だけでセプレワの復活プロジェクトが終わってしまうのって、何だか勿体無い気がしません?だったらここは一つライ・クーダーにでしゃばってもらって、ブエナ・ビスタみたいな感じで伝統のセプレワを復活ってことで一大プロジェクトをヤルってのはどう?あ、でもライ・クーダーって埋もれたじいさんばあさんを復活させることしか興味無いんだっけ?何にしてもライ・クーダーって最近はさっぱりパッとしないんだから、ここはガーナに行ってセプレワ復活プロジェクトをヤッテもらえたら、私は本当に心から惚れちゃいますわよ!

 以上、とっても可愛くて美しいガーナ音楽を取り上げてみました、「酩酊音楽酒場」でした。DJは私、ヒワイイ大使のロリロリ担当ななみーがお送りしました。それじゃあ、またね~♪
スポンサーサイト



Categorieアフリカ  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP