FC2ブログ
2017’11.21・Tue

竹原ピストル 「PEACE OUT」

ptakeharapsitol001.jpg

 シンガーソングライター竹原ピストルの、今年発売のアルバムであります。実はわっちは竹原ピストルのことを一度このボログで取り上げたことがありまして、「よ~そこの若えの 俺の言う事を聞いてくれ」なんて歌う曲を、なんて下らないんだとコキおろしました。しかしその後ウチの嫁さんが「竹原ピストルってイイよ~」なんて言いますので、「そんなワケねえじゃん、あんな下らない曲歌ってるヤツが」と思いつつ、何ちゃらいうドラマの主題歌「FOREVER YOUNG」という曲をライヴでヤッテいる番組を、たまたま見たのでありました・・・「コイツは凄え、マジでホンモノだわ」と思いました。何と言いますか、魂を削って歌に込めているとでも言いましょうか、噛み付くような凄まじい迫力にわっちは圧倒されてしまったのでありました。

 この盤はそんな竹原ピストルの最新アルバムでありますが、イヤイヤ、実に良いではないですか。音楽的にはギター弾き語りのフォークで、新しい部分が特にあるワケではありません。まあ今の時代らしくエレクトロな要素を取り入れた曲もあったりしますけど、基本的に歌とギターだけで成立してしまう歌手ですので、かえってそんな要素が邪魔に感じられたりもしますね。と言いますか、この人の場合はそんなバックの音がどーのこーのなんてのは、実は大した問題ではないんですよ。とにかく歌に込められた熱量が半端ではなくて、歌のパワーが全てをねじ伏せてしまうんですよね~。だから何をどうヤッテも竹原ピストルの歌になってしまいますし、だったら余計なバックの音なんてつける必要無いじゃんって感じなんですよ。

 それにしても、今までにこれ程の歌の迫力を持った日本の歌手って他にいましたっけ?わっちにとっては、サリフ・ケイタやヌスラット・ファテ・アリ・ハーン以来の衝撃って感じであります・・・なんてことを言うと、「そんな大袈裟な」なんて笑う人もいらっしゃるかと思いますが、そんな人は是非ご自分の耳で確かめてみて下さい。思い込みとか偏見とか無しに音楽に接する事が出来るのであれば、わっちの言っていることが決して大袈裟ではないということを必ずやご理解いただけるモノと存じます。音楽好きの日本人って、日本人の音楽や歌手をバカにする傾向がありますが、そろそろそんな偏見は卒業しませんか?竹原ピストルは間違い無くホンモノです。

 歌の迫力のことばっかり言ってますけど作曲能力も実に素晴らしくて、意外に親しみ易いポップなメロディを書くんですよね~。日本の4畳半フォークだけでなくアメリカン・フォークなんかもシッカリと吸収していますし、当然ロックの要素もバッチリあれば、ラストの「マスター、ポーグスかけてくれ」なんかは見事にポーグスみたいな最高にステキな曲を聞かせてくれますし、マジで心底シビレてしまいます。何にしてもこの盤は、歌の能力と作曲能力共に一級品のモノを持った優れた歌手竹原ピストルによる、素晴らしい傑作だと思います!
スポンサーサイト



Categorie日本  トラックバック(0) コメント(2) TOP

 |TOP