FC2ブログ
2017’11.22・Wed

BEVERLY 「AWESOME」

pbevery001.jpg

 今年日本デビューした歌手ビヴァリーのアルバムでありますが、この人ってフィリピンの歌手ビヴァリー・ケイメンですよね?フィリピンでもそこそこの人気はあったような気がしますが、心機一転だか何だか知りませんけど何故か日本に活動の場を移したみたいですね。一体どういう経緯があったのか、ご存知の方はお教え下さいませ~。何にしても折角日本に来たからには、シェネルみたいにある程度の成功はして欲しいですね。でも日本の音楽業界は、日本に活動の場を求めて来たマリエ・ディグビーという逸材を育てる事が出来ず、フィリピンへ逃亡させてしまった過去がありますからね~。どうなることやら、今後の経過を見させてもらいたいと思います。

 ところでこのビヴァリーでありますが、一度フィリピンでデビューしているだけのことはあって、実力の程は折り紙付きであります。ヤッテいる音楽は如何にもフィリピンの歌姫って感じのR&B系なんですが、ヒップホップの要素も入っていますし、日本でもこの手の音は人気がありますから(日本だけでなくアジア一帯で人気がありますが)、表面的にはフォークで実は熱血ロックなマリエ・ディグビーよりは一般的に受け入れられ易いかもしれません。是非とも日本で活躍して欲しいと願うワケでございますが、どうなりますかね~。

 実力の程は折り紙付きと言いましたけど、この盤を聞いていただければそのことは一発で納得いただけるかと思います。R&B系の歌姫と言えば、金切り声を張り上げて歌い上げるタイプの歌手を想像される方も多いかと思いますが、ビヴァリーの場合はちょいと違うんですよ。もちろん声を張り上げて歌う部分もありますけど、この人は全然聞き苦しくないんですよね~。それは必要な部分で力をちょいと入れるだけで、他の部分では十分にリラックスした歌い方をしているからであります。だから全然「歌唱力の押し売り」みたいなところがありませんし、だからこそニュアンスが豊かになっているって感じなんですよ。若々しい歌声は素晴らしく伸びやかですし、何よりも歌うことが楽しくてたまらないという気持ちの部分がシッカリと伝わって来るのがステキだと思いますね~。その様子はまさに「歌バカ」って感じで、わっちはこういうタイプの歌手はめっさ好きであります!

 今回の盤は日本でのデビュー盤になりますが、日本語の曲も英語の曲もありまして、わっちはどちらもイケてるな~と思います。意外に日本語の発音もシッカリとしていて特に不自然に感じられるところは無く、流石の歌唱力を誇る英語の曲と同様に、気持ちが入った歌を聞かせてくれますね。今後JYレベルの日本語力がつけば、日本での活動の場はもっと広がる可能性はあります。まあ日本の音楽業界が、これだけの逸材を生かすことが出来るかどうかは非常に疑わしいんですけど・・・。何にしても、素晴らしく爽快な歌唱を聞かせてくれる上々のデビュー盤、聞く価値は十分にあると思います。わっちは全力で応援したいですね~♪
スポンサーサイト



Categorieフィリピン  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP