FC2ブログ
2017’12.18・Mon

OOPIIBS 「LOVE AGAIN」

poopiibs002.jpg

 先日のバンコク旅行にて、インドラ・スクエアのミュージックランド2002でゲットして来ました、ウップイップの2012年のアルバムであります。CDとDVDのセットになった、3000組限定盤なんですが、こんなブツが3000枚も売れるのか?という疑問はありつつも、ゲット出来て嬉しいです。ちなみにわっちの盤は3000組の内の1834番。定価は650バーツだと思いますが、490バーツで買うことが出来ました。タイのブツとしては高い方だと思いますが、DVDとセットですしね~・・・って、多分DVDなんて見ないんですけど。

 ところでこの盤は好き者の間では有名なBAICHASONGというレーベルからリリースされていまして、他ではあまり聞くことが出来ない懐古調のノスタルジック歌謡を中心に制作を続けている、地味~に人気があるレーベルであります。懐古調のノスタルジック歌謡と言えばルーククルンがありますけど、それとは違ってもっと若くてイマドキの新鮮な感覚がありますので、懐かしさと新しさが相俟って注目を集めているようです。ウップイップの前作もこのレーベルから出て結構評判になりましたけど、最も有名になったのは「HI-FI THAI COUNTRY」でありましょう。わっちもそのブツは持っていますけど、実は殆ど聞いていなくて、このボログでも取り上げておりません。何故殆ど聞いていないかと言いますと、他に聞くモノが沢山あって棚に埋もれてしまっていたという・・・。今度ちゃんと聞いて取り上げます。

 というワケでとりあえずはウップイップ盤でありますが、実際に聞いてみますと、ジャジーな感覚があるゆったりとした懐古調の歌謡をしっとりと歌うという、「なるほど、やっぱりな」という感じの音楽ですね。コレはコレで実に魅力的な音楽だと思いますし、ドップリと浸る人が続出するのもよくわかります。しかし、今のわっちの耳にはあまり響いて来ないんですよ。基本的にわっちの好きな要素ばっかりの音楽のはずなんですが、この音楽を素直に楽しめる心の余裕が無いのでありましょう、どうせ聞くならゴリゴリの(?)ルーククルンの方がイイって気がしてしまうんですよね~。と言いますのも、何だか頭の良い人が戦略的に「狙って作り上げた」音楽のように聞こえてしまうからであります。「ほら、こんなに魅力的な音楽だから聞きたまえ」みたいな。

 まあコレはわっちの感性に問題があるのであって、音を素直に聞ける人であればこの音楽を存分に楽しめると思います。歌も演奏も音もめっさ良いですし、現在のタイの音楽でコレ程のクオリティを持っているモノは他に無いという気が致します。ウップイップの歌も実に冴えていて、可愛らしさとほんのりした色香を持ち合わせた歌声にハマる人も多いんじゃないかと思います。全体的にタイらしいクセは極力抑えられていて、実に聞き易くなっていますし・・・と思ってふと気が付きました。そうか、タイらしいクセが少な過ぎるから物足りないとか?う~ん、何だかよくわかりませんので、もっと何度も聞いてみる必要がありますね。
スポンサーサイト



Categorieタイ  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP