FC2ブログ
2018’01.07・Sun

激しくどうでもいい話~寺田恵子のインストア・ライヴに行って来ました!

 本日は近所のイオンでインストア・ライヴがあるってことで、ちょいと見て来ました。ライヴの主は、日本の女性ロックバンドの先駆け的存在でありますSHOW-YAのヴォーカル、寺田恵子であります。インストア・ライヴですからバンドではなくて寺田さんピンでのライヴですが、それでもこんな大物が福岡の片田舎にやって来るワケですから、これはなかなか喜ばしいことであります。観客もそこそこ集まっていましたし、楽しみにしていた人も結構いらっしゃったのではないかと思われます。

 ライヴは予定通り14時ピッタリに開始されました。髪の毛をカラフルに染めた寺田さんは、ルックスも声もまるで椿鬼奴みたいな感じで(失礼!)、もう53歳ですからかなりババアになってはいますけど、「如何にも」な格好で颯爽と登場した寺田さんはとてもカッコいいです。更にカッコいいのは、普通のインストア・ライヴってカラオケのテープをバックに歌うことが多いんですけど、寺田さんは自分で弾くギルドのアコギ1本だけで勝負するというのが潔くてステキであります。まあアコギの腕前は大したことはないんですけど、寺田さん独特のハスキーな歌声はめっさカッコいいんですよね~。出て来た時のMCは何を言っているのかよくわからない位にボソボソとしていたんですけど、歌い出したらシッカリと声量があって、有無を言わせない迫力があるんですよ。力技で一気に会場を盛り上げる力は、流石にベテランですね!

 全部で5曲ヤリまして、途中「小さな子供用に」とか言って「森のくまさん」を歌ったり(ハードロック風シャウトがめっさカッコええ!)、ラストはレッド・ツェッペリンの「ロックンロール」で大盛り上がりになったりしまして、哀愁漂うオリジナルの仕上がりも含めて大満足のライヴでありました。曲を追う毎に本人もノリノリになって来て(MCで人を笑わせる腕も大したモノです)、見る人をグイグイと惹き付けるんですよね~。このライヴで思わず寺田さんのファンになってしまった人も多々いらっしゃったのではないかと思います。もちろんわっちも!ライヴの後はその場でCDを買った人向けのサイン会がありまして、ズラリと長~い行列が出来ていました。

 というワケで、とりあえず昨年発売されたSHOW-YAの新作をゲットしてみようかな~と思った今日この頃。新品で買う気はありませんけど、ブックオフとかに出て来たら必ずやゲットしたいと思います。また、是非SHOW-YA本体のライヴを見てみたいと思いましたね~。スキャンダルの大先輩バンドですし、実力の程は定評がありますので、ツアーがあるなら是非行ってみたいと思っております~♪どうせスキャンダルのライヴチケット取れないだろうし、その分SHOW-YAで盛り上がりたいと・・・。

コチラがSHOW-YAの最新盤
pshowya001.jpg
スポンサーサイト



Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP