2018’02.05・Mon

何故本を読んでいるのか?

 昨年11月から突然本を多々読み始めておりますが、前にも申し上げました通り11月に母が亡くなったことがキッカケで自分があまりに何も知らないことを思い知りまして、本を色々と読み始めたワケでございます。また、佐藤しょ~おんという人のメルマガを毎日読んでいるんですけど、そこに「年に100冊の本を読む人は『ヒト』」で、「年に100冊未満の人は『ヒト』ではなく『サル』」であり、「サルは人間界でのお悩みを解消することが出来ない」なんて書いてあったんですよ。それを読んで何故だか妙に納得してしまったこともあって、最初は「月に5冊は本を読む」なんて思っていたのを「月に10冊から15冊」に変更しまして、現在に至るのであります。昨年11月から3ヶ月弱の累計で現在まで60冊ほど読んでいますので、「年100冊」は問題無いと思っております。

 まあ年に何冊読もうと、単に読んでいるだけでは知識にも知恵にもならないですし何の意味も無いとは思いますが、手当たり次第に読みまくる乱読というのも必要かと思いますので(音楽を聞きまくって来た経験上、そう思います)、色々と読みまくっているのであります。それにいくら乱読であっても「印象に残る部分」はありますし、それが少しでも自分の気付きになったりすることもあるワケですから、ヤリ始めると読書ってやめられなくなってしまうんですよね~。これまではCDにドッカンドッカンと使って来たカネを、現在は本につぎ込んでいる状況でありますが、本にはそれだけの価値があるかと思います。それに、ブックオフなら大体の読みたい本は108円か200円で買えますので(今のところは)、CDよりもず~っと安上がりです。財政的にもちょっとお財布に優しいって感じですしね~。

 というワケで、今年になってからは全然と言ってイイぐらいに音楽を聞いていない状態です。まあいつまでこんな状態が続くのかは自分でもわかりませんが、今は読書している方が楽しいですので、しばらくは音楽とは疎遠になる日々が続きそうな気がします。現状はサイレント・サイレンの新作を聞きたいなんて全く思いませんし、もしかしたらスキャンダルの新作にも興味を示さなくなったりして。

「私達のことを忘れるつもりですか?」byスキャンダル一同
pscandal055_20180205221003145.jpg
スポンサーサイト

Categorie  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP