FC2ブログ
2018’04.07・Sat

激しくどうでもいい話~部屋の片付けを始めました

 昨日は風邪気味でしんどい上に仕事がめちゃくちゃに忙しく、遅くに帰って来てちょいと飲んだらそのままパタッと倒れるように寝てしまいまして、気付けば朝。ボログを更新するどころの話ではありませんでした。夕べから台風のような風邪が吹き荒れ、先週見た桜の花は一体何処へ?という状態になってしまいましたね。「久方の光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ」とは歌われていますが、「久方の光のどけき」とは程遠い天候で一気に「花の散るらむ」となってしまいまして、先週見た桜の花は既に幻となってしまったような感じであります。マジしづ心ないですね。

 そんな日に自分の部屋に「人生がときめく片付けの魔法を」かけようと思いまして、ボチボチと整理を始めた次第であります。まだまだ何をどうしたら良いのか全然わからないし決まらない状態ではありますが、取り急ぎ自分の部屋のオーディオ装置で音楽を聞けるようになりたいと思いまして、椅子の上に積みあがっていた本と、スピーカー周りをちょいと片付けてみました。スピーカのセッティングも変えてみまして、これまでは高さ20センチのすのこの上に載せていたのを、高さ45センチの台の上に据え付けてみたのであります。そして実際に音を出してみますと、「うわ~、めっさエエ音するやん!」などと、ビックリするような良い音が出て来ました。試聴CDはスキャンダルの「HONEY」、宇多田ヒカルの「DEEP RIVER」、リッキー・リー・ジョーンズの「浪漫」、ケレティギ・ジャバテの「サンジャ」、コッターズの「オン・ファイア」であります。

やっぱりスキャンダル!
pscandal060.jpg

 毎日のように聞きまくっているスキャンダルの「HONEY」ですが、オーディオで音を出すのは実は今回が初めてです。どんな具合に聞こえるのかワクワクしながら再生すると、音楽自体は当然めっさ良いのですが、「HELLO WORLD」なんかと同じく相変わらずのハイ上がりなキンキンした音でありまして、音作りにまだまだ課題があるな~という気がしてしまいました。次に宇多田のブツを再生すると、安定した「作り込んだ音」って感じで、スタジオで物凄く緻密に作ってるのが良くわかる音であります。その次のリッキー・リーは、もう文句無しの素晴らしい音です。楽器の鳴りが実に自然ですし、リッキー・リーの歌い口も伸び伸びとしていて柔らかい響き。音楽自体が本当に自然体って感じがしますね~。この時代の音作りは本当に素晴らしいと思います。しかし、それよりも凄いのがケレティギ・ジャバテ。木琴やコラ、ギターの音が自然なだけではなくて目の前で演奏しているような生々しさで、思わず聞き惚れてしまいました!コッターズも歌や音の定位が実に自然で、ウォークマンで聞くよりも百倍(?)良い音楽に聞こえました。何だかこれまでのスピーカーのセッティングより、5割増ぐらいでイイ音になったか?って気がします。これまでわっちは一体何をヤッテおったんじゃろか?

素晴らしい音のケレティギ・ジャバテ盤
pkeletiguidiabate001_201804072203146ea.jpg

 こうなって来ると部屋で音楽を再生するのがめっさ楽しみになって来まして、最近は読書三昧だった過ごし方が、もしかしたらちょいと音楽の方に戻って来るかも?なんて気がする今日この頃なのであります。

コレもイイ音コッターズ
pcottars002.jpg
スポンサーサイト

Categorieその他  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP