FC2ブログ
2018’04.16・Mon

CDの山の中に埋もれていたブツ~YILDIZ TILBE 「YILDIZ’ DAN TURKLER」

pyildiztilbe001.jpg

 埋もれていたブツを取り上げるシリーズ第2弾は、トルコの歌手ユルドゥス・ティルベの20曲入りのアルバムで、表記がありませんけれども2004年作のようであります。ユルドゥス・ティルベって、トルコ・ポップスとかアラベスクとかを年甲斐も無く(?)無理して若作りして歌っているベテラン歌手ってイメージがありますけど、このアルバムのティルベさんは随分様子が違っていますね。歌っているのは本格的なハルクでありまして、伝統楽器をバックに巧みなコブシ回しを聞かせてくれる作品となっております。へ~、こんな歌も歌える人なんですね~。

 まあ元々歌はめっさ上手い人ですから、「元からハルク歌手」みたいな佇まいで歌っていても全然違和感はありません。その実力は流石でありますが、こんな力を見せ付けてしまうと、本当に元からハルクを歌っている歌手達の立場が無いんじゃね?なんて気もしたりして。「あんな無理した若作りのババアが何やっとんねん!」って感じで、ハルク歌手達の間で妬まれたり疎まれたりして。イヤイヤ、トルコは基本的に上手い歌手しかいませんから、ジャンルに関係無く上手い人は何を歌っても上手いというのが当たり前なんでしょう。ポップス歌手のセルタブが見事なサナート・アルバムを出したことがありましたけど、あんな感じで捉えておけば良いのかと思います。

 ただ、伝統に則った曲が20曲も続くのは、日本人のわっちとしましては流石にキツイものがありますね。トルコの人であれば一緒に歌ったり踊ったり出来るんでしょうけど、あまり耳馴染みの無いトルコ的旋律と歌が次から次へと出て来ても、なかなか親しみ難いところがあるのも事実でございます。素晴らしい歌手であることは認めつつも、何度も繰り返して聞く気にはなれないかな~って感じでございます~♪
スポンサーサイト

Categorieトルコ  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP