2018’06.12・Tue

BOB DYLAN 「HIGHWAY 61 REVISITED」

pbobdylan001.jpg

 ボブ・ディランが受賞したのはノーベル文学賞でしたっけ。受賞の発表後はブックオフの棚から一斉にディランの盤が消えてしまいましたが、最近はボチボチと戻って来つつあるような気が致します。わっちはディランにはあまり興味が無くて、ディラン盤はこれまで1枚として持っておりませんでしたが、ノーベル賞の受賞云々には関係無く「追憶のハイウェイ61」と題されたこの盤だけは一度聞いてみたいと思っていたんですよね~。名盤との誉れ高いですし、個人的にめっさ好きな「ライク・ア・ローリング・ストーン」が入っていますし。ですので先日の関西の旅で、三宮のブックオフの500円棚でこの盤を見つけた時は嬉しかったですね~。ありがたや~♪

 念願叶ってゲット出来たコチラの盤は国内盤でありますが、解説はもしかしてかの有名な菅野ヘッケルか?などとちょいとイヤ~な予感がしたものの、開いてみたら中村とうようでした。どっちにしてもイヤだわね~。まあ読まなければイイんですけど(読んだけど)。解説はどうでもいいとしても、やっぱり1曲目の「ライク・ア・ローリング・ストーン」はイイですね。曲もイイしバックの音もイイし、歌ってんだか喋ってんだかよくわからないディランのヴォーカルもカッコいいです。この1曲だけでもこの盤を持っている価値はあるんじゃないかと思います。他はブルース色が強い曲が多くて、わっちにはイマイチな感じもしますが、コレは個人的にブルースがあまり好きじゃないということに起因しますので、音楽そのものが悪いというワケではございません。

 ところでぶっちゃけ言いますと、ディランの歌(喋り?)が何曲も続くのは、わっちにはキツイものがあります。このクセが強い声と歌い方を聞き続けることが出来る程、わっちはディランに慣れていませんし好きでもありませんし。ですので名盤の誉れ高いコチラの盤も、「一体どこが名盤?」って気がしてしまうのも事実であります。10点満点で採点すれば6点程度の凡庸な盤という評価になってしまいますが、これはきっとわっちの聞く耳が無いからなのでありましょう。ただ、65年の録音にしては音が良いですし、特にオルガン(アル・クーパーですか?)の音が非常に良くて、耳が惹き付けられてしまいますね。わっちにとってこの盤は、「ライク・ア・ローリング・ストーン」とオルガンの音が非常に素晴らしいという、それだけの盤なのかもしれません。
スポンサーサイト

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP