FC2ブログ
2018’07.03・Tue

CDの山の中に埋もれていたブツ~HA TRAN 「BAN NGUYEN」

phatran005.jpg

 げげ、ハー・チャンのブツがCDの山の中に埋もれているなんて、わっちは一体何をしているのでありましょうか?ベトナムでも屈指のプログレッシヴな音楽を作っているハー・チャンのブツを埋もれさせるなんて、ド馬鹿としか言いようがありませんね~。コチラの盤は昨年の5月に大阪は心斎橋のプランテーションにてゲットしたブツなのですが、店長さんが「ちょっと独特過ぎるのでオススメしにくいんですよ」とおっしゃっていました。しかしわっちはチャン・トゥ・ハー時代からハー・チャンのファンですので、「わっちは好きなのでやんす!」ってことでゲットしたのでありました。それなのに埋もれてしまったんですよ。ホンマ、アホですわね~♪

 1年振り位に出て来たこの盤でありますが、店長さんが「独特過ぎる」とおっしゃっている音楽性が、実に素晴らしいんですよ!音的には奥行きと立体感があるダイナミックな作りのロック・サウンドで、ピーター・がぶり寄りとかジェネシスなんかを思わせる部分が多々あります。音楽的にはブルースの影響がかなり強いダークなロックなんですが、ちょいとエキセントリックな感覚があるハー・チャンの歌がバックの音に全然負けていないんですよね~。バックの音だけなら欧米のダークなハードロックに聞こえるかと思いますが、どうしようもなくベトナム的な味を持っているハー・チャンの歌が入って来ると、いつも通りのハー・チャン流ベトナム・ロックになるのであります。う~む、やっぱりハー・チャンは素晴らしいです!

 それにしても、何度も言いますけど、こんな盤を埋もれさせてしまうなんてわっちは一体何をヤッテいるのでありましょうか?まあこのあまりに独特な世界を受け入れられない人は多々いらっしゃるかと思いますけど、ベトナム・ロックの凄まじい完成度とレベルの高さを実感することが出来る1枚であります。表記がありませんので一体いつ発売された盤なのかは知りませんが、昨年のベストの対象盤だったとしたら、間違い無くベスト10に入って来るような作品であります。
スポンサーサイト

Categorieベトナム  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP