FC2ブログ
2018’10.02・Tue

興味津々音楽探求~LOS TRES DIAMANTES 「THE BEST OF LOS TRES DIAMANTES」

plostresdiamantes001.jpg

 皆様大変にご無沙汰しております。ヒワイイ大使のめぐりんです。本当に久~し振りの「興味津々音楽探求」ですが、今回はメキシコの3人組ロス・トレス・ディアマンテスのベスト盤を取り上げますね!このアルバムは1992年に日本独自編集盤として発売されたシリーズの内の1枚で、他にはティト・プエンテとかアタウアルパ・ユパンキなんかのアルバムが出ているそうです。選曲・編集は竹村淳氏ですから、間違いない仕上がりになっています。信頼の竹村印ですね!

 ところでメキシコのトリオ・グループと言えば日本では圧倒的にトリオ・ロス・パンチョスが有名ですけど、4年ほど後輩のディアマンテスはイマイチ知名度が低いですよね?当然パンチョスもステキなんですけど、わたしはディアマンテスの方が好きです。何故かって、ディアマンテスのキャッチフレーズになっていた「タイヤモンドのハーモニーと水晶のギター」が本当に美しいからです。キラキラと輝くような歌とギターの響きには、心が洗われるような気分になってしまいます。この美しさはディアマンテス独自のものだと思いますし、パンチョスとは違った個性だと思います。

「パンチョスとは違いますよね?」byめぐりん
phiwaiimegu019_2018091718395263b.jpg

 もしかしたらの話ですけど、ディアマンテスの美しさって、3人ともメキシコ人ってことが関係しているのかな?って思ったりもします。パンチョスってリードがちょくちょく変わって、多くはプエルトリコ人でしたよね。別にリードがプエルトリコ人だからって、音楽が美しくなくなるってワケではないですよ。パンチョスはプエルトリコ的な哀愁を求めていたのかな~って思いまして、それに対してディアマンテスはひたすらメキシコ的な美しさを追究したのかな~って思うんです。パンチョスに追いつけ追い越せで活動を始めたディアマンテスが、パンチョスと違う方向性を目指すのは当たり前です。そしてディアマンテスはそれを見事に実現したってことなんだと思います。

 とにかくひたすら美しい曲が続くこのアルバム、全23曲72分の長さを感じさせませんね。こういう素晴らしい作品はいつでも聞けるようにして欲しいと思いますけど、今の若い人達ってこういう音楽を聞くのかしら?・・・って、わたしもまだ若いですけど。配信サービスで世界中の色々な音楽を聞けるようになっている現在、色々とあり過ぎてかえって選択の幅が狭くなっているような気もして、ディアマンテスの宝石みたいな素晴らしい音楽なんかは埋もれて行く一方なのかな~と思いますが、如何でしょうか?だとしたら、本当に勿体無いことだと思います。

以上、ヒワイイ大使の巨乳担当めぐりんがお送りしました。それではまた次回まで、ご機嫌よう~♪
スポンサーサイト

Categorieラテン  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP