FC2ブログ
2018’10.14・Sun

西村知美 「メゾ・ピアノ」

pnishimuratomomi002.jpg

 現在もなお活躍している西村知美の、1990年のアルバムであります。もう30年ぐらい芸能活動を続けている人ですが、今も昔も相変わらず可愛らしいのがステキですね~。あの頃のアイドルで現在も生き残っている人、例えば菊池桃子とか渡辺美奈代とかですが、歳は取っても可愛らしいというのは凄いですよね。まあ色々と維持する為の金は使っているんでしょうけど、「自分は常に見られている立場の芸能人である」という強い意識が可愛らしさを持続させているのでありましょう、きっと。

 それにしても西村さんですよ。当時としては信じられない位に可愛くて、わっちも高校の頃はめっさ好きでしたけど、あの頃はエコー&ザ・バニーメンとかR.E.Mみたいなマイナーな洋楽が好きな「硬派な高校生」でしたから、実は西村知美が好きやねんなどとは口が裂けても言えませんでした。などと言いつつ、家に帰ったらエアチェックした西村さんの歌をこっそりと聞いていたりしたワケでございますが。こっそりと聞く西村さんの歌は束の間の快楽をもたらしてくれる一服の清涼剤でありまして、耳をくすぐる実に優しくて心地好いモノでありました。

 そんな西村さんの盤を欲しいとは思いつつも、レジに持って行くのが恥ずかしくて買うどころではありませんでしたし、そもそも西村さんの盤をレコード屋で手に取ることなんて出来ませんでした。だって、一体誰に見られているかわかりませんでしたから。そして月日は流れて現在に至り、西村さんの盤を買う時にレジに若くてカワイイ女子がいる場合は、ビートルズの盤の下に隠してレジに持って行く程度の勇気はあるのであります。そうやってゲットした(?)今回の盤、色々な音楽を聞いて来た現在の耳をもってしても、やはりあの頃の通りの清涼剤的な歌だと感じられるのでありますよ。音程も危うい西村さんの下手っぴーな歌は実に清楚で可愛らしく、天使の歌声と呼ぶに相応しいモノだと思います。

 まあ冷静に聞けばあの頃のアイドル盤らしい安直な作りかと思いますけど、西村さんの歌声があればファンへの愛情溢れる天使盤になるのであります。胸締め付けられるような切なくて美しい名曲「ひまわりの丘」も入っていますし、興味無い人にはプラスチックゴミにしかならない盤なんでしょうが、わっちにとっては天使のステキ盤なのであります。
スポンサーサイト



Categorie日本  トラックバック(0) コメント(4) TOP

 |TOP