FC2ブログ
2019’02.14・Thu

CDの山の中に埋もれていたブツ~PAT METHENY & ANNA MARIA JOPEK 「UPOJENIE」

ppatanna001.jpg

 ジャズギタリストのパット・メセニーと、ポーランドの歌手アナ・マリア・ヨベックによる2008年のアルバムです。一体何故こんなブツをゲットしたのかはよくわかりませんけど、たまにわっちは自分でもよくわからない気まぐれを起こしますので、何となくジャズ気分だった時に買ってしまったのでありましょう。ブックオフの500円棚で見つけたのは覚えているんですけどね~。

 基本的にわっちはパット・メセニーなんて人のことは全然知らなくて、リンダ・マンザーのアコギを使用していることぐらいしか存じておりません。まあジャズ好きの間では高名なギタリストですし、わっちは以前このおっさんが気まぐれで(?)リリースしたノイズ・アルバムを持っていたことがありますが(既に売り払ったけど)、通常はどういうタイプの音楽をヤッテいるのかは知る由もありません。当然、歌手の伴奏をヤッタりする人なのかどうかも知りません。しかしここで聞けるメセニーさんのギターは、アナ・マリアという誰だかわからない歌手の伴奏の割にはあまり自己主張をせずにシッカリと歌のサポートをしておりまして、なかなかに高感度は高いです(当然弾きまくりの曲もありますけど)。

 しかも音楽的にはジャズ・ヴォーカルというよりはエキゾな感覚が漂うフォーク又はロックという感じで、ジャズに馴染みが無い人にも聞きやすいかと思います。と言いますか、ちょいと神秘的な雰囲気が漂う東欧の黄昏みたいな感覚の音楽ですので、思わず引き込まれてしまう人も多々いらっしゃるんじゃないでしょうかね~。消え入りそうに儚いアナ・マリアさんの歌声も実に美しいですし、音楽に落ち着きとか癒しとかを求める人には是非お薦めしたい作品に仕上がっていると思います。

 とりあえずわっちはこの盤を聞いて、メセニーさんよりはアナ・マリアさんの方に興味が出て来てしまいましたので、もし他に何か盤を出しているのなら是非聞いてみたいと思う今日この頃。検索してみるとポーランドでは高名な歌手のようですし、アルバムも多々リリースされているようですから、いつかどこかで入手したいと思っております~♪
スポンサーサイト



Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP