FC2ブログ
2019’06.26・Wed

LUKA PRODUCTION 「FALAW」

plukaproductions001.jpg

 アフリカはマリのグループ(プロジェクト?)ルカ・プロダクションの、今年発売のアルバムであります。SPOTIFYで見つけて何だかわからないままに聞いてみたのですが、コレが実に面白いではないですか!エレクトロな音を使ってはいるものの、メインに据えられているのは伝統的な民族楽器の音でありまして、現代のグリーオという感じの音楽を展開しているのであります。まあこの手の音楽はサリフ・ケイタなんかで一気に有名になりましたし、特に珍しくもなんとも無いワケではありますが、この連中が面白いのは、そこにヒップホップの要素をブチ込んで実に今時のクールな音楽を展開しているからであります。この感覚、キューバのマデーラ・リンピアに似た感覚がありますね・・・って、誰にもそんな話は通じませんよね。失礼致しました~♪

 ヒップホップと言っても人工的なサンプリング音を取り入れるとかではなくて、あくまで人力サンプリングとでも言いましょうか、アコースティックな伝統楽器を正確無比に演奏してクールなビートを作り出しているんですよね~。結果として出て来る音は伝統的な音楽と変わらない、人間味の溢れる温もりのある音楽であります。今時だけど伝統的、クールだけど温かいという、とにかく素晴らしいとしか言いようがない音楽に仕上がっていると思います。う~む、めっさカッコイイ!コレはシビレますね。

 ヴォーカル(ラップ)には色々な人をゲストに迎えているようですが、バックの演奏とは違ってコチラの方はあまり伝統的ではないと言いましょうか、サリフ・ケイタみたいに声を張り上げるようなスタイルを採ることはありません。まあヒップホップで声を張り上げる人もいないとは思いますけど、独特の節回しやリズム感を持ったスタイルは、ラップと言うよりは喋るように歌っているように聞こえまして、実にメロディックであります(普通にグリーオのスタイルで歌っている曲もありますよ)。コレがまたクールでカッコイイんですよね~。コレがバックの演奏と一体になった時の高揚感には、たまらないモノがありますよ!う~む、やっぱりめっさカッコええ!

 アフリカにはヒップホップを取り入れた色々な音楽がありますが、まあわっちはその手の音楽をそんなに聞いているワケではないんですけど、その中でもこのルカ・プロダクションは最高の成果を挙げているのではないかと思われます。クールでありながら高揚感と躍動感に溢れる最新のアフリカ音楽として、幅広い方々にオススメ出来る逸品になっていると思います!う~む、久し振りにアフリカの音楽で大興奮してしまったぜぇ~、ワイルドだ・・・やめとこ。
スポンサーサイト



Categorieアフリカ  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP