FC2ブログ
2019’11.18・Mon

LENA CHAMAMYAN 「SHAMAT」

plenachamamyan001.jpg

 シリアの歌手レナ・シャマミアンの、2007年のアルバムであります。全然知らない歌手ですが、SPOTIFYで偶然見つけましたので聞いてみた次第であります。とりあえずはこの人の名前でネット検索してみますと、随分懐かしいと言いましょうか、ブログを休止されて久しいマリーナ号さんの「ワールドミュージック町十三番地」でレナさんのアルバムが取り上げられていました。ご病気になられたということは存じておりますが、その後全く音沙汰が無いマリーナ号さん、ご健在なのでしょうか?幅広く世界中の音楽を聞いておられたマリーナ号さんですが、レナさんの盤もシッカリ取り上げておられたとは、流石ですね~。

 ところでわっちはシリアの音楽事情なんて全く存じ上げないワケでございますが、レナさんのコチラのアルバムを聞く限りでは、あまり濃厚なアラブ歌謡という感覚は無いですね。もしかしてシリアの音楽って、アラブ音楽のクセみたいなモノが薄いのでしょうか?勿論どこからどう聞いてもアラブ音楽に間違いは無いのですが、このアルバムはジャズの要素なんかが取り入れられていますし、日本人にもわかりやすい歌謡性も感じられます。そしてレナさんの歌声もファイルーズに似たソフトな優しい歌い口ですので、全体的に随分聞きやすい仕上がりになっていると感じられます。

 そして、如何にもアラブ音楽的な豪勢なオーケストラの音が入っていないのがよろしいかと。わっちはあのオーケストラの音が入っていると、どうしても引いてしまうんですよね~。最初に聞いたアラブ音楽が、それはそれは豪勢なオーケストラに飾られたウム・クルスームの堂々たるドラ声歌謡でしたので、未だに苦手意識が抜けないんですよね~。レナさんの音楽は歌を生かす為に出来るだけ楽器の音数が絞られていますし、その分豪勢ではない代わりに哀愁漂う粋な小唄みたいな感覚がありますので、個人的には実に好ましいと感じられるのであります。

 それにしてもレナ・シャマミアンさん、これまで全然知らない歌手でしたが、実に良いではないですか。レナさんをキッカケに、知られざるシリアの音楽の世界にちょいと足を突っ込んでみようかな~という気になった、ある日の夜なのでありました。
スポンサーサイト



Categorieアラブ  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP