FC2ブログ
2019’11.19・Tue

BARBIE’S CRADLE 「PLAYING IN THE FIELDS」

pbarbiescradle001.jpg

 東南アジアの盤ってすぐに廃盤になってしまうので、その時に入手出来なければ今後ゲット出来る確率は極めて低い、コレ常識であります。それは音楽大国でありますインドネシアでもタイでもベトナムでもフィリピンでも同じであります。今回取り上げますバービーズ・クレイドルは、わっちの大好きなフィリピンのシンガーソングライターでありますバービー・アルマルビスがソロになる前にヤッテいたバンドです。以前からこのバンドのCDが欲しくて、フィリピンショップのMIAさんとか心斎橋の名店プランテーション、そして梅田のフィリピン総合ショップのカルグランに「是非見つけて下さい!」と注文を出したことがあります。しかし東南アジアの音楽状況ですから結局はその願いは叶わず、現在に至るというワケでございます。

 しかしですね、SPOTIFYだったら聞けるんですよバービーズ・クレイドルの音楽を!本当は盤が欲しいんですけど、無いモンは無いんですから仕方ありません。それよりも実際に音を聞くことが出来るんですから、本当に有り難いモノであります。前から何度も言っていますが、本当に「SPOTIFY万歳!」であります~♪とにかくやっと聞くことが出来たバービーズ・クレイドルの音楽は、長年憧れて来ただけのことはあって、実に素晴らしい仕上がりであります。今回のアルバムは2003年の盤ですが、可愛らしいバービーさんの歌、炸裂する抜群のポップセンス、シンプルながらもカラフルなバンドサウンド、どこをどう聞いてもバービーさんらしい軽快で爽やかなキューティーロック(?)満載でありまして、もう大満足であります!

 いや~、やっぱり素晴らしいですねバービーさんは。フィリピン音楽史上最高のロックバンドはイレイザーヘッズですが、フィリピン音楽史上最高のキューティーロック女子はバービー・アルマルビス、コレ常識であります。フィリピンのロックが素晴らしいなんて言ってもごく一部の人を除いて誰も信じてくれませんけど、欧米のロックなんかにこだわることなく、偏見や思い込み無く柔軟な姿勢で東南アジアに目を向ければ、こんなにステキなロックがフィリピンにあるんですよ。世のロックファンは、是非フィリピンに目を向けてみて下さいね!
スポンサーサイト



Categorieフィリピン  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP