FC2ブログ
2019’12.10・Tue

SUDEN AIKA 「SISARET」

psudenaika001.jpg

 フィンランドの女性4人組フォーク系コーラスグループ、スデン・アイカ(と読むのかどうかは知りません)の昨年発売のアルバムであります。先日取り上げましたカルデミンミットやトゥーレタルを見つけた時に、他にも面白いのがないかな~と思って探していて、偶然出会ったグループです。フィンランドって女性コーラスが盛んなのかどうかは知りませんけど、こうやって立て続けに何組も見つけることが出来て、とても嬉しい今日この頃であります。

 コチラのスデン・アイカでありますが、素朴なカルデミンミットとプログレッシヴなトゥーレタルと比べると、素朴とプログレッシヴの中間という丁度いい塩梅のグループという気がしますね。バックの伴奏はカルデミンミットみたいに伝統的なカンテレが主に使われているのですが、コーラスワークが時にクラシック風だったり時にブルガリアの合唱なんかを思わせる強い響きを持っていたりして、とても現代的にアレンジされています。北欧らしいヒンヤリと冷たい雰囲気を持ちつつ、人の声の温かさもシッカリと感じさせてくれる、なかなかに優れたグループだと思います。

 何にしてもこのグループの音楽の中心にあるのは、まずは自分達のコーラスであります。そのコーラスが実に上手いんですけど、技巧があるなんてことは意識させずに、自然に心地好く聞かせてしまうところが素晴らしいと思いますね~。世の中には物凄く素晴らしい女性コーラス・グループって少なからずいますけど、例えばスウェーデンのクラヤとかデビューした頃のザップ・ママ等ですが、スデン・アイカはそれに見劣りしない実力を持ったグループだと思います。
スポンサーサイト



Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2019’12.09・Mon

3600回記念

 今回で3600回目の更新となりました。とりあえずの目標であります4000回の更新まであと400回ですが、今のペースであれば今後2年位で達成出来そうです。まあボチボチ続けて行きたいと思っております。

「がんばってね~♪」byヒワイイ大使のはりーだよ~。
phiwaiihari031_20191208175630426.jpg

 ところで今年もそろそろ恒例の年間ベスト10を選ぶ時期になって来ましたが、今年はSPOTIFYを導入したことで世界中の音楽を多々聞いているものの、CDを殆ど買わなくなった為、手元に現物がありません。ですので今年は例年の如くベスト10CDを作製することが出来ません。しかしSPOTIFY内で独自に編集したプレイリストを作成出来るようですので、今年のベストはSPOTIFY上に作ってみようと考えております。但しやり方が全然わからないので、これから調べて行きたいと思っております・・・。出来上がったらその旨を発表しますので、期待せずにお待ちいただけたらと思っております~♪

 あと、今年で2010年代が終わりますので、2010年代ベスト10なんかを選ぶのも面白いかな~と思っております。まあ、意外性の無い作品が並びそうな気がしますが。

意外性の無い連中
pscandal056_20191208175400e81.jpg

Categorieその他  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2019’12.08・Sun

TUULETAR 「RAJATILA」

ptuuletar001.jpg

 フィンランドの女性4人組コーラスグループ、トゥーレタルの今年発売のアルバムであります。全然知らないグループですのでネットで検索してみたのですが、クラシックの学校でありますコペンハーゲンのロイヤル・アカデミーで出会った4人が2012年に結成し、フィンランドの伝統的なフォークミュージックとヒューマン・ビートボックスなんかを混ぜ合わせて独自のポップミュージックを作り出している連中なんだそうです。まあとりあえずは何だかよくわかりませんので、聞いてみた次第であります。

 この連中はコーラスグループということですので、わっちとしましては前に取り上げましたカルデミンミットみたいなステキなコーラスワークを期待してしまうワケでありますが、比べるとヤッテいる音楽は全然違いますね。カルデミンミットは民俗楽器のカンテレを演奏しながら優しくも美しいコーラスを聞かせてくれますが、コチラのトゥーレタルは随分前衛的と言いましょうか、曲によってはかなり攻撃的な音を聞かせるのであります。

 基本的には相当なテクニックを持つ4人のコーラスを中心として、実に北欧らしいヒンヤリ冷たい空気感を持った曲をヤッテいるんですが、エレクトロなサウンド・エフェクトなんかを使いつつ、前衛的と表現する以外に無いタイプの音作りをしています。フォークミュージックと呼ぶにはあまりにラジカルですので、ワールド系音楽ファンよりは寧ろプログレファンとかエレクトロ系の音楽が好きな人に響くところがあるのではないかと思われます。

 ぶっちゃけ言ってこの手の音楽って、個人的にはあまりタイプではないはずなんですよ。しかしですね、カッコいいんですよこの連中の音楽は。伝統的なフォークをベースにしているからって、別に素朴でシンプルな演奏にしなければならないという決まりがあるワケではありませんよね。伝統を汲みつつ過激な音作りを導入して、如何にも北欧らしい凍てつく様な世界をシッカリと表現しているのは見事だと思いますし、やっぱり4人のコーラスワークが本当に素晴らしいんですよ。テクノロジーを駆使しつつも、結局行き着くところは人間の声の素晴らしさの再発見というワケでありまして、このしたたかな4人組にしてヤラレたって感じですね~。フォークミュージックとしてもプログレとしてもポップミュージックとしてもオススメ出来る逸品だと思いますよ!

 ところでこの連中、既に来日公演をしたことがあるらしいですが、その時は東京だけだったようですので、次に来日する時は是非九州にも来ていただけたらと思います。出来ればカルデミンミットと一緒に来てくれたら、伝統フォークと過激フォークを一気に体験出来ますので嬉しいかな~。アルカス佐世保あたりでライヴをヤッテくれることを楽しみにしております~♪

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2019’12.07・Sat

KARDEMIMMIT 「KESAYON VALO」

pkardemimmit001.jpg

 突然フィンランドの音楽で面白いモノはないかな~と思いまして、SPOTIFYでヴァルティナを検索してそこから広げてみたのであります。するとカルデミンミットなる女子4人組のグループが出て来ましたので、とりあえず聞いてみたのでありました。するとコレが実にイイ感じですので、コチラの2017年末に発売されたアルバムをジックリと聞かせていただいた次第でございます。

 わっちは全然知らないグループだったんですけど、ネットで検索してみたら過去に来日公演をしたこともあるらしく、一部ではよく知られたグループのようですね。フィンランドの民俗楽器でありますカンテレを2台使って(15弦と38弦)、フィンランドのフォークソングらしき曲を4人のコーラスで聞かせてくれるんですけど、コレが本当にイイんですよ!まだ全員20代らしいですが、少女っぽさが残る瑞々しくて無垢な歌声で、聖なる歌とでも言いたくなるようなステキ歌唱を披露しているのであります。音的にはほぼカンテレとコーラスだけなんですけど、簡素な分純化された歌がダイレクトに耳に響くって感じでありまして、聞いていると普段の生活のアレやコレやで汚れてしまった心が濾過されて行くような気がして来ますね。う~む、めっさ美しい。世の中にはわっちの知らない所でまだまだステキな音楽があるモンですね~。

 それにしても、わっちはカンテレなんて楽器は初めて聞いたのでありますが、ハンマーダルシマーとかハープシコードみたいな音がするんですね。曲によってはギターっぽかったりズーンと響くベース音が印象的だったりと、なかなかに多彩な表情がある面白い楽器だと思います。まあ楽器自体が多彩な音を出しますから、他に余計な楽器を付け加える必要が無いんでしょうね。これまで全然知らなかった楽器ですが、今後はちょいと心に留めておく必要がありますね~。カンテレを使った音楽、要チェックってことで。

 まあカンテレの音楽を色々と聞く前に、まずはカルデミンミットのチェック可能な音源を全て聞いてみようかな~と思う今日この頃。今年のクリスマスの時期は、カルデミンミットがあれば楽しく過ごせそうな気が致します~♪

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2019’12.06・Fri

COCCO 「スターシャンク」


pcocco005.jpg
 COCCOって引退したんじゃなかったでしたっけ?「クムイウタ」なんかは好きでしたけど、引退騒動があってそれ以降はこの人のことは全く追いかけていなかったんですよ。しかし今年新作が発売されたということで、聞いてみた次第であります。どうやら引退騒動の後も作品は色々とリリースしていたようなんですが、興味も関心も無くなっていましたので情報が目に留まらなかったみたいです。

 で、久し振りに聞いたCOCCOでありますが、「クムイウタ」等の初期の作品にあった激しいパワーが戻ってきたような感触がありますね。重く暗く沈み込んで行くような暗黒パワーが炸裂していて、この人の音楽を聞いていると世界中で大ヒットしているビリー・アイリッシュなんぞは、単なる子供騙しだと思えて来ますね。既に結構いい年齢になっているはずですが、未だに負のパワーが全く衰えていないのは凄いです。ルックスからして狂人にしか見えない人ですけど、年齢を重ねても昔と何も変わらず狂人のままなんでしょうかね~。

 まあ本来であれば、わっちはこの手の暗黒音楽は好きではないんですよ。しかしですね、COCCOの場合は暗黒なだけではないんですよね~。音楽としての美しさとか、時に見せる優しい表情が実に魅力的ですので、「こんな重苦しくて暗い音楽なんぞ聞いてられるか!」とはならないのであります。聞いていると心がどんより曇って来るのは確かですけど、自分が持っているモヤモヤした負の感情に寄り添ってくれるようにも感じられますし、ついつい聞いてしまうのであります。恐らく心が清らかな人にはこんな音楽は全く必要無いんでしょうけど、煩悩の塊みたいなわっちのような人間には、そう簡単に卒業出来る音楽ではないですね。

 とりあえずは、日本人であれば、ビリー・アイリッシュなんかを聞くぐらいだったらCOCCOを聞きましょう!とだけは言っておきますね!

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2019’12.05・Thu

中村哲医師死亡

pnakamuratetsu001.jpg

 アフガニスタンで医療活動を続けて来られたペシャワール会の中村哲医師が、アフガニスタンにて銃撃を受けてお亡くなりになりました。個人的につい数日前に中村先生の本「辺境で診る 辺境から見る」を読んだばかりでしたので、とてもショックです。わっちの地元の福岡市出身の方でもありますし・・・。医療活動だけでなく、アフガニスタンの現地の人達と井戸を掘ったり灌漑設備を作ったりと、とにかく実行あるのみの本当に物凄い偉人だったと思います。わっちのイメージとしましては、行動力のある優しい哲学者という感じでしたかね~。まだ志半ばだったのかもしれませんが、やるだけのことはやり切ったという清々しい気持ちで逝かれたのだと思いたいです。何にしても、ご冥福をお祈り致します。

Categorieその他  トラックバック(0) コメント(4) TOP

2019’12.04・Wed

星野みちる 「星がきれいですね」

phoshinomichiru001.jpg

 シンガーソングライター星野みちるの、今年発売のアルバムであります。以前から顔と名前は知っている人ですが、アニメ系の歌手じゃありませんでしたっけ?まあそんなことはどうだってイイんですけど、今回のアルバムは妙に懐かしい感覚に溢れた作品に仕上がっていて、ちょいと和んでしまうんですよね~。何が懐かしいかって、何だか90年代に聞いたことがあるかのような作品なんですよ。

 どういうことかと言いますと、90年代って日本でワールドミュージックの一大ムーヴメントが起きましたけど、その影響で世界各地の音楽の要素を取り入れたポップスが多々作られたことがありましたよね。星野さんの今回のアルバムは、まるでその時代に作られたアルバムであるかの如く、世界の色々な音楽の要素を取り入れた作品になっていて、如何にもワールドミュージッカー達が喜びそうな感じなんですよね~。わっちも基本的にこの手の色々な要素を取り入れた作品は好きですので、単純に楽しませてもらっているのであります。

 どんな音楽の要素が取り入れられているのかは、実際に聞いて確認していただければと思いますが、ポップな楽曲に躍動感溢れるバックの演奏、そしてカワイイ声で意外に(?)シッカリと色々なタイプの曲を歌いこなす星野さんの歌唱は、ポップスファンであれば聞いておいて損は無いと思います。聞けば思わず笑顔になってしまうと言いましょうか、楽しい気分になってしまうのは請け合いであります。ルックスもなかなか良さそうですし、注目に値する歌手なんじゃないでしょうか?

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2019’12.03・Tue

JOHANNA JUHOLA 「DEEVAN JALJET」

pjohannajuhola001.jpg

 チャラン・ポ・ランタンの小春のせいで(?)、何だか妙にアコーディオンを弾いてみたいと思ってしまう今日この頃、アコーディオンを使った音楽にも更に興味が湧いて、SPOTIFYでアコを持った人を見掛けると思わずクリックしてしまう、ころんでございます。そんな中で見つけたのが、フィンランドのアコーディオン奏者ヨハンナ・ユホラの、昨年発売のアルバムであります。このジャケではアコは持っていませんし、そもそも土屋アンナみたいなルックスは全くタイプではありませんので、本来であれば興味を持つことなんて無いんですけど、アコ奏者というただその一点だけで聞いてみようと思ったのでありました。

 コチラのヨハンナさんですが、元々はタンゴがお好きらしくて、以前のアルバムではタンゴを中心にヤッテいるようです。まあ以前のアルバムは今後ボチボチと聞いて行くとして、まずは今回のアルバムでありますが、今回はタンゴではありませんね。おそらくフィンランドのフォークミュージックに根ざした音楽をヤッテいるのだと思われますが、打ち込みやサウンドエフェクトなんかを取り入れながら、軽快で楽しくも美しい音楽に仕上げています。基本的にインスト音楽ですけど、曲の良さと見事な指捌きで一気に聞かせます。なかなかに爽快で見事なアルバムだと思います。

 ヨハンナさんはフィンランドNO.1の若手アコ奏者と言われているそうで、まあ若手と言っても今年41歳ですから既に若手じゃないと思いますけど、現代的な瑞々しい感性は「若手」などと勘違い(?)されるだけのモノを持っているようです。朝飯前の如く軽快に豪腕振りを発揮する腕前も確かですし、コレは注目すべき存在かと思いますね~。鍵盤式アコーディオンではなく、ボタン式アコーディオンを使っているというのも、個人的にはポイント高いです。だってチャラン・ポの小春だってボタン式を使っていますしね~♪

 それはそうとして、わっちは最高のアコーディオン奏者は小春だと思っていますけど、もしかしたらこのヨハンナさんは小春に迫るレベルのアコ奏者かもしれません。音楽的な幅広さは小春の方が遥かに上ですけど、演奏の腕前といい瑞々しい感性といい、小春に近いモノを持っているように感じられるんですよ。まあその辺は過去のアルバムも聞いて判断して行きたいと思いますが、何にしても才能溢れるアコ奏者を見つけることが出来て嬉しい今日この頃であります。やっぱりわっちもアコを買って練習しようかな~。

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2019’12.02・Mon

ALIDE SANS 「ETH PARADIS EI EN TU」

palidesans001.jpg

 スペインのシンガーソングライター、アリデ・サンス(と読むのかどうかは知りません)の2015年発売のアルバムであります。全く見たことも聞いたことも無い歌手ですが、SPOTIFYでフランスのオクシタニア方面の音楽を色々と検索していた時に引っ掛かって来ましたので、とりあえずは聞いてみた次第です。ただ、スペインの歌手とは言ってもスペインのオクシタニア圏に属する地方の人らしくて、フランスのオクシタニアと同様にオック語を話す地域なんだそうです、この人の歌自体もスペイン語には聞こえず、どちらかと言えばフランス語っぽい響きがありますので、おそらくオック語で歌っているのではないかと思われます、何だかよくわかりませんけど。

 個人的に最近はちょくちょくとオクシタニア圏の音楽を聞いておりますが、どちらかと言えば明るくて楽天的な音楽が多いというイメージがあります。しかしこのアリデさんの音楽には、何だか妙に物悲しい響きがあるんですよ。基本的にアコギの弾き語りスタイルですので、これまで聞いたオクシタニアの音楽みたいな祝祭感格は無くて当然なのかもしれませんけど、何故こんな沈んだ雰囲気なのかが気になってしまうんですよね~。フォーク系の音楽にも関わらず(?)、他のオクシタニアの音楽みたいにレゲエやラガマフィンの要素なんかをシッカリ取り入れていていますので、もっと楽しくなっても良さそうなモノなんですが、この人が書くメロディ自体がマイナー調で哀感が漂っているんですよ。その辺はもしかしたらスペインとフランスの違いが出ているのかもしれませんが、本当のところは全くわかりませんね。

 う~む、なかなかに不思議な存在の人ですね~。曲自体はとても美しくて魅力的ですし、基本的に哀愁漂う音楽は好きですからこの音楽は好きなんですけど、それだけにもうちょっとこの人のことを知りたいな~と思うワケでございますよ。ネットで検索しても読める言語で書いてある情報はありませんし、聞くほどに謎が深まる人であります。どなたか情報をお持ちの方がいらっしゃたたら、是非お教え下さいませ~♪

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2019’12.01・Sun

RIE FU 「PLACES」

priefu012.jpg

 わっちの大好きな日本のシンガーソングライター、RIE FUの今年発売のアルバムであります。大好きとは言っても近年はスッカリご無沙汰しておりまして、わっちがリエさんの音楽にハマりまくっていたのは2000年代でした。その頃のリエさんはわっちの年間ベストの常連さんでしたし(第1位を獲得したアルバムもありますよ!)、本当に大好きだったんですよね~。しかし何故だか段々とアルバムの入手が出来なくなって来て(中古に出て来ないし)、徐々に疎遠になって来て現在に至るという状況でございます。しかしSPOTIFYのおかげでリエさんに再会することが出来て、コチラの最新作を聞くことが出来たのでありますよ!

 本当に久~し振りに聞くリエさんの音楽でありますが、聞いてみると相変わらずのリエ節とでも言いましょうか、聞いてリエさんだと一発でわかるちょいと鼻に掛かった独特の声、如何にもリエさんらしい侘び寂びのある美しいメロディライン、どれを取ってもリエさん健在也って感じで、本当に喜ばしい限りであります。ただ、わっちが大好きだった「あの頃の」リエさんと大きく違う点が一つありまして、それは全曲英語で歌っていることであります。元々英語も日本語もチャンポンにして歌っていた人ではありますけど、わっちは特に日本語歌唱に大きな魅力を感じておりましたので、英語のみっていうのが非常に残念でならないんですよね~。日本語で歌うのはやめたんでしょうか?う~む、一体どのような心境の変化があったのでしょうね。

 リエさんって2016年からロンドン近郊に拠点を移して音楽活動をしているらしく、外国ではRIE FUではなくRIE名義にしているらしいです。イギリスに拠点を置くとなるとどうしても日本語で歌っているワケには行かなくて、英語になってしまうという事情はあるのでしょう。アッチの連中って日本語の歌なんて聞こうともしないでしょうしね~。そもそも何故拠点をイギリスに移したのかはわかりませんけど、もしかしたら日本の音楽界が窮屈だったのかもしれませんし、一度外国に拠点を移して冷静な目で日本を見直したかったのかもしれません。何にしても日本語歌唱が無いというのは、わっちにとっては大きなマイナス点ではあります。

 しかしそうは言ってもそこはやっぱりリエさんの音楽ですよ、英語で歌っていても日本的な湿った切ない感覚がジワジワと沁みて来まして、何だかキュンと胸締め付けられるような気分になってしまうのであります。まあだからこそこの楽曲を日本語の響きで聞くことが出来たら完璧だったのに、なんて思ってしまうワケでありまして、素晴らしい作品なんですけど手放しで素晴らしいとは言えないという、とってももどかしい気持ちになってしまうのであります。

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP