FC2ブログ
2019’12.15・Sun

竹原ピストルのライヴに行って来ました!(今年2回目)

ptakeharapistol006.jpg

 昨夜は佐賀県唐津市にある肥前文化ホールで行われました、竹原ピストルの弾き語りライヴに行って来ました!ところでこの肥前文化会館なんですが、ピストルさんもライブ中のMCで言ってましたが、「とんでもないド田舎」にあるんですよ。車で行ったんですけど、と言うか車でしか行けないような場所にあるんですが、途中で人っ子一人見掛けないケモノしかいなさそうな山道をひたすら上り、「こんなとこ、絶対にライヴ会場なんて無え~っ!」って所にあるんですよね~。ピストルさんも会場に向かう時に、「ウソでしょ?」と何度も言ってしまったそうです。しかし、そんな会場のライヴなのにソールド・アウト。ピストルさん、思わず「ウソでしょ?」と言ったとか。でも本当に満員御礼状態だったんですよ。「皆さん、一体どこから来たんですか?」とは、ピストルさんの言葉です。

 まあ場所がどこであろうと、竹原ピストルという人はいつでも全身全霊でライヴに挑むワケでございますよ。弾き語りライヴではありますが、火山が噴火するようなとんでもないパワーで歌いアコギを掻き鳴らす姿は、バンド編成の時よりも迫力があったように感じられます。全部で30曲位、2時間半近くヤッタかと思いますが、やっぱりピストルさんは本当に凄いと再認識しましたね~。この人の最大の武器は「声」ですが、人の心を揺さ振る何かを持った声だとしみじみと実感した次第であります。わっちは1曲目の「おーい!おーい!!」からぶっ飛ばされてしまいました。

 まあこの人の音楽は昔のフォークソングを下敷きにしていますので、目新しいところなんて一切ありません。昨日のライヴでは吉田拓郎や遠藤ミチロウ、中島みゆきなんかのカバーもヤリましたけど、そんな選曲からもピストルさんの音楽性がどんなモノかは推測出来るかと思います。歌詞が説教臭いとか1曲の中に猛烈に言葉を詰め込むスタイルがダサいとか感じる人も多いでしょうし、今の時代にウケる要素なんて全然無いと言っても良いかと思います。それに、一人のムサいおっさんが汗水を飛び散らせながら全力で歌いギターを弾く姿は、今時のスマートなカッコ良さの対極にあると思います。しかしですね、この全力でジタバタしているおっさんの歌が、本当に胸を打つんですよ。ピストルさんのファンは年齢層が非常に高いですけど、実際にライヴを見てもらえば今時のクールでスマートな若い人達にも伝わる何かが必ずあるかと思うんですよね~。

 ピストルさんは自分のことを「旅芸人」と言ってましたけど、その通り全国津々浦々、普通の歌手だったら絶対来ないような肥前文化会館みたいな超ド田舎にも来ますし、その内皆さんの近所でもライヴがあるかもしれません。その時は是非ライヴに足を運んでいただけたらな~と思います。そうすれば、伝わる何かが必ずあるかと思いますよ!無かったら・・・すいません。
スポンサーサイト



Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP