FC2ブログ
2019’12.18・Wed

HANDS OFF GRETEL 「I WANT THE WORLD」

phandsoffgretel001.jpg

 ソープ・ガールズみたいなユニットを見つけてしまうと、同じ様な音楽をヤッテいるグループは無いかな~などと思ってついつい探してしまうワケですよ。で、ツラツラと探していて思わず手が止まってしまったのであります。わっちは以前から妹系のカワイイ女子がタイプでありまして、しかも髪の色は黒じゃなきゃダメで、金髪だの何だのに染めているのはケシカラン!などと思っているのであります。

 そこでですよ、ほら、見て下さいこのジャケを。イギリスのハンズ・オフ・グレーテルという女2男2のハードロック・バンドの、今年発売のアルバムです。ジャケに写っているのは中心人物でありますヴォーカル&ギターの、ローレン・テイトという今年22歳の娘なんですが、黒と金が半々の髪、生意気な感じで気難しそうな顔、な、何てステキ娘なんでしょう!ハグした~い♪思い出してみればスキャンダルを好きになったのも、青い髪に眼つきが鋭くて怖そうな顔をしたマミたんに一目惚れしたのが始まりでしたね。どうやらわっちは全然タイプじゃないルックスの女子に一目惚れしてしまうクセがあるようです。

こんな感じのメンバー達
phandsofgretel002.jpg

 とりあえず「まずはルックスから入る」わっちでございますから、このローレンちゃんのジャケを見ただけで、「今年のベスト10入り決定!」などと思ってしまったのであります。などと冷静さを欠いたまま聞き始めたコチラのアルバムでありますが、見た目のまんまのライオット・ガールの系譜を継ぐ音と言いましょうか、ワルっぽい娘によるグランジでハードでヘヴィなやかましいロック盤に仕上がっております。ソープ・ガールズに比べるとポップなキュートさが無くて、「そんな歌い方してたら喉を潰しちゃいますよ」的な絶叫スクリーミンな歌い方をしているワケでありますが、それがまたイイな~なんて思ったりして。まあ、元からわっちはこういう音が好きなんですよね~。

スクリーミン娘
phandsoffgretel003.jpg

 ところで思い出してみれば90年代のグランジ全盛時には、L7だのベイブズ・イン・トイランドだのルナチックスだのと、ハンズ・オフ・グレーテルの大先輩に当たるような連中が多々いましたけど、ルックス的にはどいつもこいつもローレンちゃんの足元にも及びませんでしたよね~。何だか妙に小汚くて、女のクセにおっさん臭がして来そうな感じでしたし。それに対してローレンちゃんって、ワルっぽいですけど近付いたらホワ~っとイイ香りがしそうです(すいません、アホです)。何にしても、イイ香りかどうかを確かめる為にも(?)、是非ライヴを見てみたいバンドですね。
スポンサーサイト



Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP