FC2ブログ
2020’01.03・Fri

2010年代ベスト10

 明けましておめでとうございます。今年もボチボチと更新を続けて行きますので、お付き合いいただけましたら幸いでございます。というワケで、今年から2020年代が始まるワケでございますが、今回は年初のお遊び企画としまして、2010年から2019年までに発売されたのブツの中から2010年代ベスト10なんてモノを選んでみようかと思います。順位は関係無しで、とりあえずは思いつくままに並べて行きたいと思います。それでは早速。

1,SCANDAL 「HELLO WORLD」(日本)
pscandal008_2020010217435671e.jpg

2,SCANDAL 「YELLOW」(日本)
pscandal037_20200102174056d50.jpg

3,SCANDAL 「HONEY」(日本)
pscandal060_202001021742598ec.jpg

4,チャラン・ポ・ランタン 「テアトル・テアトル」(日本)
pcharanporantan004_20200102174508849.jpg

5,チャラン・ポ・ランタン 「女の46分」(日本)
pcharanporantan001_20200102174000c9e.jpg

6,チャラン・ポ・ランタン 「ドロン・ド・ロンド」(日本)
pcharanporantan008.jpg

7,竹原ピストル 「IT'S MY LIFE」(日本)
ptakeharapistol005.jpg

8,DJ MYKE 「HOMEWORK」(フィリピン)
pdjmyke001_20200102174616147.jpg

9,GRAND MAITRE FRANCO & SEIGNEUR ROCHEREAU 「LISANGA YA BANGANGA」(コンゴ)
pfrancorochereau001_20200103164918bef.jpg

10,吉澤嘉代子 「箒星図鑑」(日本)
pyoshizawakayoko001_202001021741468e1.jpg

 以上の10枚であります。次点はボニー・ピンク「DEAR DIARY」(日本)、ミネ・ゲチリ「ゼキ・ミュレンを歌う」(トルコ)、ビルヒニア・ロペス「プエルト・リコのボレーロ姫」(プエルトリコ)、スザンナ・ホフス「SOMEDAY」(アメリカ)あたり。スキャンダルとチャラン・ポ・ランタンばっかりですが、本当に好きなんだから仕方ありません。強いて1位を挙げるとすれば、スキャンダルの「HONEY」とチャラン・ポ・ランタンの「ドロン・ド・ロンド」が同率1位ですかね~。ゼロ年代はわっちにとっては東南アジアの音楽の年代でしたが、2010年代はJ-POP関係と言いますか、日本の音楽の年代でしたね~。勿論世界中の色々な音楽を聞きましたし、他に素晴らしいモノも沢山ありましたけど、とにかく日本の音楽を聞きまくったと思います。

 ところでSPOTIFYを利用し始めたのは昨年からですが、もっと前から利用していれば今回のベスト10の内容は違っていたかもしれません。「ブツが無いから聞けない~!」状態だったアルバムを、SPOTIFYだったら聞くことが出来たワケで、もしかしたらアイルランドやスコットランドのトラッド、ラテン、アラブ関係の音楽から入賞する作品があったかも?まあ、そうは言ってもどっちみち日本の音楽に偏ることに間違いはありませんから、結果としては同じ様な感じになるという気がしますけど。

 さて、今年から2020年代に突入しますが、国際情勢も大きく動きそうですし、これからの10年は激動の10年になりそうな気が致します。一体どんな年代になるのか、楽しみにしたいと思っております~♪
スポンサーサイト



Categorieベスト  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP