FC2ブログ
2020’01.10・Fri

MARTIR LUALI 「POLISARIO VENCERA」

pmartirluali001.jpg

 SPOTIFYサーフィンをしていると、色々な音楽に出会えるワケであります。前にも言いましたように、SPOTIFYってリスナーが聞いている音楽の傾向を勝手に分析して、色々と「こんなのどう?」みたいな感じで紹介して来るのであります。そのお陰で色々と知らない歌手とかグループなんかに出会えたりするのですが、基本的に自分が聞いたモノと似たような傾向のモノを紹介して来ますので、全然違うタイプのモノは出て来ないんですよ。

 例えばアイルランドのトラッドを中心に聞いていたら、似たような音楽を色々と紹介して来てですね、そのお陰でアイルランドやスコットランドの今まで知らなかった歌手やバンドに出会えたりするんですけど、しかし突然「南アフリカの音楽はいかが?」なんてことは言って来ないんですよ。だからどうしても自分の好みのタイプのモノから広がって行かない、なんてことがあるワケでございます。ですのでわっちは意識して色々な国や地域の音楽を検索して、SPOTIFYに色々な音楽を紹介してもらえるように仕向けているのであります。

 今回のMARTIR LUALIというグループは一体どこの国のバンドなのかは存じませんが、アラブの音楽を色々と検索していたからなのか、SPOTIFYが「これ如何?」と紹介して来たのでありました。調べてみると、このアルバムは最初に録音されたサハラウィの作品と言われていまして、録音年は1982年、CD発売は1997年だったそうです。歌詞はアラビア語とスペイン語が使われているらしく、スペインでリリースされたんだとか。音楽的には所謂砂漠のブルースってことになるんだと思いますが、使っている楽器がアコースティック・ギターとシンプルなパーカッションで、あとは手拍子や足踏みぐらいですから、随分地味に感じられますね。しかしその分声を張り上げて歌うリードと、呪術的にコール&レスポンスを繰り返すバック・コーラスに得体の知れない土俗的なパワーや不気味さが感じられて、ついつい聞いてしまうのであります。

 実はわっちはあまり砂漠のブルースには興味が無くて、これまで殆ど聞いて来なかったんですよ。ティナリウェンとかマリエム・ハッサンなんかのCDは持っていますけど、繰り返して聞いた記憶は無いですしね~。勿論呪術的なパワーであるとか歌声の凄さとかはわかりますけど、わっちは基本的に「ルックスが良くて」「ポップな音楽」を好む傾向がありますので、砂漠のブルースってまさにハマらない音楽なのであります。しかし折角SPOTIFYが紹介してくれた音楽ですし、これまで知らなかった音楽に色々と出会うことが出来たらイイな~ってことで、今後は砂漠のブルースを含めてアンテナの感度を上げて行けたらな~と思っている、今日この頃なのであります。
スポンサーサイト



Categorieアフリカ  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP