FC2ブログ
2020’01.27・Mon

GREN SEME 「GREN SEME」

pgrenseme002.jpg

 先日取り上げましたレユニオンのバンド、グレン・セメ(と読むのかどうかは知りません)の2013年のアルバムで、おそらくデビュー盤だと思われます。前に取り上げました2016年のアルバムは、クールでアンビエントな実にカッコいい作品で、わっちはめっさ好きなんですよ。ですので、この2013年のアルバムにも興味津々だったのでありますが、実際に聞いてみますとコチラも実にカッコいいですね~。クールな感覚は共通していますけど、エレクトロなアンビエント感覚は控え目で、コチラの方がもっと生身の人間の躍動感が感じられる仕上がりになっている気が致します。音楽的には2016年盤と比べるとラテンの要素が多々感じられまして、サルサやメキシカンなボレーロみたいな感覚があるように思います。う~む、実にイイじゃないですか!2016年盤も素晴らしいですけど、コチラの2013年盤もステキです!

 それにしても、この連中が持っている叙情的でメランコリックな雰囲気って、もしかしたらレユニオンの伝統なんでしょうか?その辺はもっとレユニオンの音楽を色々聞いてみなければ何とも言えませんので、今後はレユニオンの音楽をもっとたくさん聞いて行く必要があるかな~と思う今日この頃。もしかして今年はインド洋の音楽が、わっちの中ではトレンドになるかも?
スポンサーサイト



Categorieアフリカ  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP