FC2ブログ
2020’01.29・Wed

GWENDOLINE ABSALON 「DIG DIG」

pgwendolineabsalon001.jpg

 おそらくレユニオンの歌手だと思いますが、グウェンドリン・アブサロン(と読むのかな?)という歌手の昨年発売のアルバムであります。SPOTIFYサーフィンをしている時に見つけた歌手でして、素直で優しい歌い口とちょいと愁いを帯びたメロディが実にイイ感じで、思わず聞き惚れてしまった次第であります。最近はちょいちょいとレユニオンの音楽を取り上げていますけど、この国の音楽は何故だかわっちには相性が良いようです・・・って、レユニオンは国じゃないですね、確か。独立してなかったはずですが、フランスの海外県でしたっけ?まあフランス語圏とは言え、位置的にはマダガスカルの横ですから、フランスの音楽よりも当然マダガスカルとかのインド洋音楽の影響が強いワケであります。

 それにしてもレユニオンの音楽って、グレン・セメやヤエル・トゥルールみたいなハイブリッドなのがちょくちょくありますけど、グウェンドリンさんの音楽にも同様のクールさとカッコ良さが感じられますね。インド洋の小さい島からこんなにハイブリッドな音楽が出て来る理由がよくわかりませんが、一体どういう秘密(?)があるんでしょうね~。マダガスカルにもハイブリッドな連中はいますけど、レユニオンの連中のクールなカッコ良さはマダガスカルよりも上かと存じます。

 このグウェンドリンさんは、見た目は結構ごっつい体格のオバサンって感じですが、見た目とは裏腹のカワイイ歌声が良いですね~。哀愁があるちょいとハスキーな歌声には軽快な爽やかさがありまして、下を向いたような沈んだ感じの曲調が多いにも関わらず、暗さがベタつくようなことは無くてスッキリと聞くことが出来ると思います。ルックス的にはヤエル・トゥルールの方が上ですけど、歌はグウェンドリンさんの方が上で、個人的にはどちらかと言えばグウェンドリンさんを推したいですね~。ワールド系音楽ファンだけでなく、ジャズファンやオッサレーな音楽がお好きな方にもオススメしたい、とてもステキな歌手だと思います。
スポンサーサイト



Categorieアフリカ  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP