FC2ブログ
2020’01.31・Fri

JACQUELINE FARREYROL 「LADY MALOYA」

pjacquelinefarreyrol001.jpg

 レユニオンの歌手ジャクリーヌ・ファレイロールの、2009年のアルバムであります。実はわっちはこの人のことを大学生の頃から知っていまして、当時手に入れた「MON ILE」と題されたアルバムはめっさ好きで、頻繁に聞いたものでありました。それ以来ジャクリーヌさんはわっちのお気に入りの歌手なのですが、何しろレユニオンの歌手ですから、その後この人のブツに出会うような機会は全く無くて、スッカリと忘れ去っていたのでありました。しかし最近になってレユニオンの音楽を色々と聞いていますので、偶然にもジャクリーヌさんに再会することが出来たのであります。嬉しい~♪

 まさかジャクリーヌさんに再会出来るとは思っていませんでしたが、どうやらこの人はまだ現役のようですね。1939年生まれらしいですから、現在80歳ですか。若い頃はかなりの美人さんでしたけど、今は見る影も無くシワだらけのババアになって・・・って、80歳ですから当たり前ですね。今回のアルバムは2009年盤ですから70歳の時の作品ってことになりますが、コレって本当に70歳の時の歌声なんでしょうか?若い頃と比べたら流石に衰えましたけど、相変わらず人の良さを感じさせる歌声は、聞く者に元気を与えてくれます。老いても全然みすぼらしくなること無く、楽しそうに歌っている姿は実にステキですね~。同じ年老いるなら、こういう風になりたいモノだと思います。

 ところでわっちが最近聞いているレユニオンの音楽は結構ハイブリッドなモノが多いですけど、ジャクリーヌさんの音楽はアコースティックギターを中心としたアンサンブルによる、昔ながらのフォークっぽい音楽を基本としています。ですので出て来る音楽は、レユニオンと聞いてイメージする通りの(?)、海洋性を感じさせる大らかでゆったりとした、聞いていると心が優しくなって来るような音楽であります。ハイブリッドな音楽もカッコ良くて素晴らしいですけど、ジャクリーヌさんの音楽みたいなのも実にイイですね~♪

 う~む、やっぱりジャクリーヌさんの音楽はステキです。いくらババアになったとは言え、昔好きになった時のイメージとあまり変わることが無い音楽を聞かせてくれて、本当に嬉しいです。と言うか、昔の方がもっとフォークっぽくて素朴でしたから、老いてなお盛んって感じでしょうか。やっぱり歳を取るなら、こういう風になりたいモノだと思います。
スポンサーサイト



Categorieアフリカ  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP