FC2ブログ
2020’02.07・Fri

SHERINA 「TUNA」

psherina001.jpg

 昨日チェリナというエチオピアの歌手を取り上げましたけど、SPOTIFYで検索する時に「CHELINA」を間違えて「SHERINA」と入力してしまったんですよ。そうしたらこの歌手が出て来まして、コレも何かの縁ということでそのまま聞いてみたのでありました。するとこの入力間違い歌手がなかなか良くて、お気に入りになってしまった次第でございます。入力間違いもしてみるモンですね~。

 今回取り上げますシェリナはインドネシアの歌手で、現在29歳だそうです。このアルバムは2013年リリースですので、発売当時は23歳ですか。子供の頃からそこそこのキャリアがある歌手のようですが、詳しいことはよくわかりませんので、インドネシア音楽に超詳しいプランテーションの店長さんに確認しなければなりませんね~。シェリナさんがヤッテいるのは所謂インドネシア・ポップスということになりますが、美メロの曲を丁寧な音作りで丁寧に歌うという、実に真っ当なインドネシア・ポップスに仕上がっていると思います。

 ところで、わっちは前から「殊更にインドネシアらしさを出さないところにインドネシア・ポップスらしさを感じる」みたいな発言を繰り返して来ましたけど、このシェリナさんのアルバムも実にインドネシアっぽいな~という気がします。殊更にインドネシアの民族色を出したりしているワケではなくて、スムーズでオッサレーなシティ・ポップスに仕上がっているんですけど、聞けば一発でインドネシアの音楽だとわかります。特にインドネシアらしさを出そうとしていないはずなのに、メロディにしても節回しにしてもインドネシアらしさ満載の音楽なんですよね~。やっぱりイイですね、インドネシア・ポップス!

 インドネシアのポップスは以前からちょくちょくと聞いて来ましたし、ステキな盤はたくさんありますけど、シェリナさんのコチラの盤も歌の可愛らしさ、曲の良さ、アコースティック・スウィングみたいな音作りの良さ等々、申し分の無い素晴らしい仕上がりだと思います。ウキウキワクワクとノリノリで聞くことが出来る、本当に楽しい作品であります。傑作ですよ、マジで。
スポンサーサイト



Categorieインドネシア  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP