FC2ブログ
2020’02.27・Thu

LORENA ALVAREZ 「COLLECCION DE CANCIONES SENCILLAS」

plorenaalvarez001.jpg

 SPOTIFYが勝手にオススメして来た歌手で、多分スペインの人だと思うのですが、ロリーナ・アルバーレスという女性歌手の2019年発売のアルバムであります。タイトルは「シンプルな歌のコレクション」という意味かと思いますけど、タイトル通りに実にシンプルな曲がズラリと並んでいますね。基本的に歌とアコギと簡単なパーカッションで演奏される音楽でありまして、スペインの音楽とは言ってもフラメンコっぽさはあまり無く(フラメンコ風もありますけど)、極めて簡素で素朴なフォーク・ミュージックという感覚であります。

 素朴なのは演奏だけではなくてロリーナさんの歌もそうなんですが、声量が無くてちょいと頼りない不安定さが魅力と言いましょうか、淡々と歌うシロートみたいな歌唱が民俗音楽的な味わいを醸し出しているという、なかなかに面白い人だと思います。例えるなら、80年代に人気があった英国インディーズのネオアコ連中みたいな音楽って感じですね。手作り感覚の素朴なヘタウマさ加減が心地好い、温かみのある音楽だという気が致します。元々ネオアコなんかがめっさ好きなわっちとしましては、とても親近感が湧く好きなタイプの音楽ですね~。ウィークエンドとかロイス(「バタフライ・キス」なんて珍盤を出した人ね)なんかを思い出したりして・・・って、そこまで下手ではありませんけど。

 聞いていると何だかグダ~っと弛緩して来るような、セカセカあくせくと働いているのがアホらしくなって来る音楽でありまして、平日に聞くのはちょいと危険な音楽という気は致します。ヤル気が無くなって来ますので。でも休日にダラ~っとしてニヤつきながら聞くには、実にイイ音楽だと思います。弛緩音楽と言えばわっちの大好きなルナというアメリカのバンドがありますけど、彼岸の世界に行ってしまったルナよりは、ロリーナさんの方が現実世界に戻って来やすい音楽ですので、幅広く色々な人にオススメ出来るかと思います。などと言ったところで、誰も聞いてくれないのはわかっているんですけど。でも、わっちは大好きですよ!
スポンサーサイト



Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP