FC2ブログ
2020’04.01・Wed

MADISON VIOLET 「EVERYTHING’S SHIFTING」

pmadisonviolet001.jpg

 SPOTIFYサーフィンで見つけたカナダの女性2人組、マディソン・ヴァイオレットの昨年発売のアルバムであります。当然の如く全く知らない連中ですが、何となく好みの音楽をヤッテいそうな名前の連中だな~と思って、とりあえず聞いてみた次第であります。

 ところで話は変わりますが、高嶋ちさ子っていう物凄く人相が悪くて下品でガサツなババアがいるじゃないですか。しかも見た目の通り物凄く下品な汚いカスレ声で喋りやがって、わっちはこのババアを見かけるとすぐにテレビのチャンネルを変えるのですが、とにかく不愉快なので大嫌いなんですよ。何故こんなクソババアの話を出したかと言うとですね、このアルバムを再生して飛び出して来た歌声が、「オマエは高嶋ちさ子か!」という感じのカスレ声だったからであります。もしかして高嶋のババアが歌を歌ったらこんな感じになるのか?などと要らんことが思い浮かんでしまうワケでございますが、もう1人の歌声は可愛らしくてイイ感じですし、音楽的にはアコースティックな質感を生かしたフォーク系ポップスですので、まあ音楽としてはタイプなんですよね~。

 聞いていると妙に複雑な感情が入り混じってしまうこの連中の音楽でありますが、歌っている本人は高嶋のクソババアとは全然無関係ですし何の罪もありませんので、努めて公平に聞くようにするとですね、なかなかイイんですよ。メロディそのものはあまりポップなではないものの、ひんやりと冷たい感覚のある音作りと相俟ってクールでカッコいい音になっていまして、本来であれば暑苦しいはずのこの歌声がブルージーで落ち着いた雰囲気になっているのであります。そうなって来るとですね、心外にも(?)なかなかイケてるじゃん、などと感じられてしまうんですよね~。

 というワケで、何だかんだ言って好きになってしまいましたよこの連中。悔しいですが(?)、今後も聞き続けてしまうかと思います。
スポンサーサイト



Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP